MENU

カテゴリーから探す

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

年間150を超える製品を現役のWebエンジニアが1つ1つ丁寧にレビューしています。

モットーは「生活レベルを上げずQOLを上げる」こと。

ご感想やご意見はお気軽にお問い合わせフォームまで。

製品レビューやお仕事のご依頼は製品レビュー依頼専用フォームよりお願い致します。

本日限定!Amazonタイムセール開催中

【2022年】最新のおすすめガジェット31選!年間150個レビューのガジェットブロガーがガチ厳選【随時更新】

こんにちは、ガジェットと家電を愛する男イツキ(@saigalog)です。

当ブログ「ガジェルバ」はガジェットと家電のレビューブログということで、年間に150を超える製品をレビューしています。

本記事では、そんな私が実際に生活の中で使ってみて

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

この製品が抜群に良い!みなさんに知ってもらいたい!

と感じたものを部門別に紹介していきます。

タップできる目次

おすすめの最新ガジェット

ガジェット」とは “ちょっと便利な機械装置や気の利いた小道具など” のこと。

含まれるジャンルも幅広く、業界的にも流れが早いので最新の情報や製品をチェックし続けるのは至難の業です。

「数が多すぎて何を選んだらいいのかわからない」「とりあえず一番いいやつを教えてくれ!」という方も多くいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここでは常に最新の製品をレビューし続けているガジェットブロガーである私が、部門別に見た「至極の一品」を紹介していきます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

毎日のように新製品が出続けており、一覧も随時更新されていますのでお見逃しなく!

おすすめの最新ガジェット

スマホ部門|iPhone 13 Pro

Appleの「iPhone 13 Pro」は、iPhoneシリーズ15世代目となる次世代通信規格5Gに対応したiOSスマートフォンです。

最新のおすすめガジェット iPhone 13 Pro
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

今の私の生活は「iPhone 13 Pro」に支えられていると言っても過言ではありません!笑

iPhone 13 Proのポイント
  • 6.1インチ高解像度の美しいディスプレイ
  • 過去モデルを彷彿とさせる側面がフラットになったデザイン
  • ハイエンドモデルとして文句なしの性能
  • 便利すぎる超広角レンズとマクロレンズを搭載し、あらゆるものを鮮明に撮影できるカメラ
  • MagSafe&ワイヤレス充電対応で周辺機器やアクセサリーが豊富
iPhone 13 Proレビューはこちら 【iPhone 13 Pro レビュー】光学3倍ズームにマクロ撮影!12 Proから正当進化したApple社謹製のハイエンドスマホ

タブレット部門|iPad Pro

Apple社の「Apple iPad Pro 12.9インチ 2020年モデル」は第4世代となるiPad Proで2020年3月25日に発売されました。

最新のおすすめガジェット iPad Pro
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

これまで数多くのタブレットを使ってきましたが、やはり最強は間違いなく「iPad Pro」です!

iPad Proのポイント
  • 12.9インチ高解像度の美しいディスプレイ
  • 大きくても軽いので取り回しやすい
  • ケースやスタンドなど周辺機器やアクセサリーが豊富
  • 本を読んだり動画を見たりPCのように使ったり無限大の活躍
  • Apple Pencilとの組み合わせで高性能ペンタブレットとしても使える
iPad Proレビューはこちら 【Apple iPad Pro 12.9インチ 2020年モデル レビュー】カメラに雑誌、お絵かきもできる万能ツールは自宅の快適さをレベルアップしてくれました

軽量モバイルバッテリー部門|Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)

Ankerの「511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」は、PowerIQ搭載で最大20W出力を実現した5000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

容量は10000mAhで、一般的なスマホを約2回フル充電できます。

ポーチやミニバッグにもすっぽりと収まる小型のデザインです。

最大出力20Wでスマホを高速で充電できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

薄くて軽く、スマホを約1回分のフル充電ができるのでモバイルバッテリーの中でもバランスが良い製品です。

511 Power Bankのポイント
  • スリム&スマートで持ち運びしやすい
  • シンプルなデザインで使いやすい
  • バッテリー容量5000mAhでスマホを1回分フル充電できる
  • 最大20W出力で急速充電が可能
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)レビューはこちら 【Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) レビュー】スリム&スマート!最新スマホを1回分フル充電できてUSB充電器としても使える1台2役のモバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリー部門|Anker PowerCore Essential 20000 PD

Anker PowerCore Essential 20000 PD with PowerPort III Nano」は、20000mAhのモバイルバッテリー「PowerCore Essential 20000 PD」とPD対応急速充電器「PowerPort III Nano」がセットになった製品です。

最新のおすすめガジェット Anker PowerCore Essential 20000 PD
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

小型急速充電器「PowerPort III Nano」とセットになってお得です!

PowerCore Essential 20000 PDのポイント
  • 20000mAhの大容量で最新スマホを約4回分フル充電できる
  • 質感の良い仕上がりで所有欲が満たされる
  • 少し大きめのスマホと同じくらいのサイズで持ち運びしやすい
  • PD18W、PowerIQ 2.0に対応し必要十分な性能
  • USB-C&Aポートが1つずつ搭載され使いやすい
Anker PowerCore Essential 20000 PDレビューはこちら 【Anker PowerCore Essential 20000 PD with PowerPort III Nano レビュー】超大容量モバイルバッテリーと超コンパクト急速充電器がセットになった最強タッグ

超大容量モバイルバッテリー部門|SuperTank Pro

ZENDUREの「SuperTank Pro」は、USB-Cポート×4とOLEDディスプレイを搭載し100W高出力で様々なデバイスを充電できる26800mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

最新のおすすめガジェット  SuperTank Pro

アタッシュケースのようなデザインで、スタイリッシュな金属感がクールです。

視認性に優れるOLEDディスプレイを搭載しています。

最新のおすすめガジェット  SuperTank Pro OLEDディスプレイ

1台あればスマホやノートPCなど、様々なデバイスを充電できます。

4つのUSB-Cポートで複数のデバイスを同時に充電できます。

最新のおすすめガジェット  SuperTank Pro 同時充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

超大容量、100W出力、OLEDディスプレイ搭載、USB-Cのみと最先端技術が盛り込まれたモバイルバッテリーです!

SuperTank Proのポイント
  • 最大100W高出力できる26800mAhの超大容量モバイルバッテリー
  • アタッシュケースのようなデザインでスタイリッシュな金属感がクール
  • 視認性に優れるOLEDディスプレイ搭載
  • 1台あればスマホやノートPCなどほとんどのデバイスを充電可能
  • 4つのUSB-Cポートで複数のデバイスを同時充電
SuperTank Proレビューはこちら 【SuperTank Pro レビュー】USB-Cポート×4とOLEDディスプレイを搭載し100W高出力で様々なデバイスを充電できる26800mAhの超大容量モバイルバッテリー

ポータブル電源部門|EBL ポータブル電源 MP1000

EBL ポータブル電源 MP1000」は、大容量バッテリーと豊富なポート類を搭載し、LEDライトやワイヤレス充電もできるアウトドアや防災グッズとして便利なポータブル電源です。

最新のおすすめガジェット  EBL ポータブル電源 MP1000
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

大容量バッテリーと豊富なポートを搭載しつつ、コンパクトに収まって使い勝手のよいポータブル電源です。

EBL ポータブル電源 MP1000のポイント
  • ポップなカラーリングで暗所でもわかりやすいデザイン
  • バッテリー容量と比較してもコンパクトなサイズ
  • 利用頻度の高い各種ポートを豊富に搭載
  • 便利で高出力なワイヤレス充電器
  • LEDライト搭載でアウトドアや災害時に役立つ
  • 特選タイムセール開催中!
97,800円 → 89,900円(8%OFF)
EBL ポータブル電源 MP1000レビューはこちら 【EBL ポータブル電源 MP1000 レビュー】アウトドアや災害時の強い味方に!AC/DC出力やUSB-A&Cとワイヤレス充電を完備したコンパクトなポータブル電源

USB充電器部門|Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)

Ankerの「637 Magnetic Charging Station (MagGo)」は、各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーションです。

最新のおすすめガジェット Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

スマホやタブレット、ノートPCなどデスクの上で充電したいデバイスはたくさんあるので、できる限りまとめられるとスッキリします!

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」の特徴はワイヤレス充電パッドとコンセント差込口が3つ、USB-AとUSB-Cポートを2つずつ搭載し、最大65W(コンセントは1000W)の高出力に対応していることです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ワイヤレス充電パッドはMagSafe対応しており、iPhone 12/13シリーズを貼り付けて充電できます。

接続した8台のデバイスを同時に充電でき、機器に応じて電力を自動で調整する機能も搭載しています。

最新のおすすめガジェット Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 特徴

取り外し不可ではありますが、長さ約150 cmの電源ケーブルが付属しているのでコンセントから離れた場所にも設置しやすくなっています。

最新のおすすめガジェット Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 電源ケーブル

見た目は白一色のマットな質感で、シンプルでクセがないので人や設置場所を選びません。

最新のおすすめガジェット Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 見た目

直径102 mm、高さ106 mmとコンパクトで重さは559 gです。

スマホやタブレットはもちろん、MacBook ProなどのノートPCも高出力で一気に充電できます。

最新のおすすめガジェット Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 高出力
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

高出力で最大8デバイス同時に使えるので、これ1台あればあらゆるデバイスの充電時に活躍します。

A9137のポイント
  • 場所を選ばず使いやすいシンプルなデザイン
  • コロンと丸くてコンパクトな本体
  • 7.5Wワイヤレス充電対応
  • 豊富な各種USBポート、コンセント差込口搭載
  • 極性プラグ対応であらゆる家電が接続できる
Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)レビューはこちら 【Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) レビュー】充電環境の最適化!各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーション

ワイヤレス充電器部門|Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)

Ankerの「623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)」は可動式のワイヤレス充電パッドが最大60°までの角度調整が可能で、2台同時充電もできるコンパクトなワイヤレス充電器です。

最新のおすすめガジェット Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)

350 ml缶よりコンパクトで置き場所にも困りません。

カラーバリエーションは全4色

最新のおすすめガジェット Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) カラーバリエーション

ワイヤレス充電パッドにはMagSafe対応のiPhoneを貼り付けて、最大60°まで角度調整できます。

直径64 mm、高さ81 mmで重さは450 gです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

サイズの割に重さがあるのは、角度をつけてiPhoneを貼り付けたときにバランスを保つためだと思われます!

開いたワイヤレス充電パッドの下もワイヤレス充電台になっているので、このようにiPhoneと完全ワイヤレスイヤホンなどを同時に充電することもできます。

最新のおすすめガジェット Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) 2台同時充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

iPhone 12/13シリーズをお使いの方にうってつけの多機能でオシャレなワイヤレス充電器です。

B2568のポイント
  • 350 ml缶より小さくコンパクト
  • カラバリ豊富な4色展開
  • 角度調整が手軽なワイヤレス充電パッド
  • 計算された重さで不安定さゼロ
  • ワイヤレス充電台を使えば2台同時に充電可能
Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)レビューはこちら 【Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】角度調整で動画視聴も快適!2台同時充電可能でカラバリ豊富なワイヤレス充電器

イヤホン部門|Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Ankerの「Soundcore Liberty 3 Pro」は、充電ケースが付きウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

最新のおすすめガジェット Anker Soundcore Liberty 3 Pro
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

私は2021年の完全ワイヤレスイヤホンの中でベストバイと評価しています!

Soundcore Liberty 3 Proのポイント
  • 人を選ばないシンプルなデザイン
  • 違和感が少なく密着性の高い装着感
  • LDACハイレゾ音源対応で満足度の高い音質
  • 各種調整が手軽にできるスマホアプリ完備
  • ANCや外音取り込みなど欲しい機能を網羅
  • 特選タイムセール開催中!
17,800円 → 15,800円(11%OFF)
Anker Soundcore Liberty 3 Proレビューはこちら 【Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー】完全無欠!ハイレゾ対応とUNC2.0で業界に革命を起こす完全ワイヤレスイヤホン

高級イヤホン部門|AVIOT TE-BD21j-ltdpnk

AVIOTの「TE-BD21j-ltdpnk」は「凛として時雨」のドラマー“ピエール中野”氏が全面監修し、ハイレゾ再生や外音取り込みに対応した完全ワイヤレスイヤホンです。

最新のおすすめガジェット AVIOT TE-BD21j-ltdpnk
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

まさに高級イヤホンの名にふさわしい外観と確かな音質で、オーディオマニアの方も納得できる製品に仕上がっています。

TE-BD21j-ltdpnkのポイント
  • 「凛として時雨」ピエール中野氏が完全監修
  • 高品位ジュラルミン素材採用で高級感ある見た目
  • 密着性が高く外音がほとんどシャットアウトされる
  • ハイブリッド・トリプルドライバー構成を採用し追求された高音質
  • アプリでアニメ「サイコパス」のキャラクターボイスに切替可能
AVIOT TE-BD21j-ltdpnkレビューはこちら 【AVIOT TE-BD21j-ltdpnk レビュー】あのピヤホンの最新モデル!凛として時雨“ピエール中野”氏完全監修のハイレゾ対応完全ワイヤレスイヤホン

ヘッドホン部門|Anker Soundcore Life Q35

Ankerの「Soundcore Life Q35」はウルトラノイズキャンセリングと外音取り込み機能を搭載し、LDAC対応でハイレゾ再生できるワイヤレスヘッドホンです。

最新のおすすめガジェット Anker Soundcore Life Q35
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

LDACハイレゾ音源対応なので音質もよく、ANCの効きも素晴らしいコスパに優れたヘッドホンです。

Soundcore Life Q35のポイント
  • シンプルながら高級感のある外観
  • ヘッドバンドの調整幅が広く万人にジャストフィットする
  • LDACハイレゾ音源対応で高い音質
  • ANC搭載で音楽への没入感が高まる
  • 専用アプリ管理で音質や設定変更がカンタン
Anker Soundcore Life Q35レビューはこちら 【Anker Soundcore Life Q35 レビュー】ワイヤレスでハイレゾ再生!“コスパが良い”を超越した革命的なウルトラノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン

骨伝導ヘッドホン部門|Shokz OpenRun Pro

Shokzの「OpenRun Pro」は低音再生を強化するための“Shokz TurboPitch”テクノロジーを搭載し、防水防塵性能を備えたフラグシップモデルのオープンイヤー骨伝導ヘッドホンです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

完成度の高い前モデル「Aeropex」がさらに進化した、骨伝導ヘッドホンの決定版です!

Shokz OpenRun Proのポイント
  • カラバリ豊富で高級感のある外観
  • チタン製なので軽くて丈夫
  • 最新テクノロジーで強化された音質(低音)
  • スマホアプリ対応
  • 少ないバッテリーで長い連続再生時間を実現
  • 急速充電対応
Shokz OpenRun Proレビューはこちら 【Shokz OpenRun Pro レビュー】骨伝導の頂点へ!音質とスペックがさらに強化されたフラッグシップモデルのオープンイヤーヘッドホン

ヘッドセット部門|Anker PowerConf H700

Ankerの「PowerConf H700」はANCとノイズリダクション機能を搭載し、どこでもクリアな音声で会話ができる最大24時間の長時間通話に対応した充電スタンド付きワイヤレスヘッドセットです。

最新のおすすめガジェット Anker PowerConf H700

バリエーションとして「単品」と「充電スタンド付属」のものが用意されています。

最新のおすすめガジェット Anker PowerConf H700 バリエーション

ヘッドセット本体の外観は濃いネイビーのマットなメタリック調で、高級感があります。

2種類の無線接続に対応し、PCには付属のBluetooth USBアダプタを挿し込むだけで無線接続できて便利です。

ノイズリダクション機能ANCを搭載しているのでクリアな音声で快適にオンライン会議できます。

最大24時間の連続使用が可能です。

最新のおすすめガジェット Anker PowerConf H700 連続使用時間
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

収納&充電が同時にできる充電スタンド付きのワイヤレスヘッドセットです。

PowerConf H700のポイント
  • シンプルでクセのない高級感のある外観
  • ノイズリダクション搭載でクリアな音声
  • ANC搭載で周囲のノイズを除去
  • 防水性能IPX5で屋外でも使いやすい
  • 最大24時間連続通話ができる大容量バッテリー
  • 収納と手間のない充電ができる充電スタンド
Anker PowerConf H700レビューはこちら 【Anker PowerConf H700 レビュー】最大24時間連続通話可能!ANCとノイズリダクションでクリアな会話ができるワイヤレスヘッドセット

ウェブカメラ部門|AnkerWork B600 Video Bar

AnkerWork B600 Video Bar」は2Kの高解像度に対応し、最大95°の広角レンズを搭載した4-in-1のウェブカメラです。

最新のおすすめガジェット AnkerWork B600 Video Bar

カメラ部のサイズは49 × 180 × 49 mmで、重さは463 gです。

ウェブカメラとしては少しサイズが大きめですが、スタンドは折りたたみ式なのでそのまま置いても使え、もちろんモニター上部にかけることもできます。

最新のおすすめガジェット AnkerWork B600 Video Bar コンパクト

解像度は2Kの高画質で、フレームレートは30fpsまで対応しているのでなめらかな映像を映すことができます。

最新のおすすめガジェット AnkerWork B600 Video Bar 解像度

広角レンズを搭載し、FOV65~95°の範囲で調整できます。

最新のおすすめガジェット AnkerWork B600 Video Bar 広角レンズ

エッジライトは2,900 K 〜 6,200 Kの範囲で色温度を調整できます。

専用ソフト「AnkerWork」で細かいカメラ設定の調整が可能です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

カメラ&マイク&照明&スピーカーのすべてを搭載した無敵の4-in-1ウェブカメラです。

B600 Video Barのポイント
  • シンプル&スマートで使いやすいデザイン
  • 2K高解像度で鮮明に映せるカメラ
  • 色温度や明るさを調整できるエッジライト搭載
  • さらに音質向上したマイク
  • ウェブカメラらしからぬ迫力ある音を実感できるスピーカー
さらに詳しい「AnkerWork B600 Video Bar」レビューはこちら 【AnkerWork B600 Video Bar レビュー】2Kの高解像度で鮮明に!カメラ&マイク&ライト&スピーカー搭載で無敵となった4-in-1ウェブカメラ

ノートPCスタンド部門|MOFT Z

MOFT Z」は4段階の角度調節が可能なノートPC、タブレット用のスタンドです。

最新のおすすめガジェット MOFT Z
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

長時間下を向いてPC作業をしていると肩や腰が痛くなりがちですが、PCスタンドを使えば姿勢が劇的に改善します。

MOFT Z」は普段は板状にしてコンパクトに収納でき、折り紙のように折りたたむことで4段階の角度調節が可能になるノートPCスタンドです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

スタンディングモード、25°、45°、60°の4段階です。

素材にPUレザーやガラス繊維、磁石や鉄が使われており、とても頑丈で高級感がある見た目です。

最新のおすすめガジェット MOFT Z 見た目
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

カラバリは「ブラック」を含めて全4色展開となっています。

サイズは折りたたんで状態で279 × 241 × 12 mm、重さは891 gになります。

スタンディングモードのときの形状が「Z」に見えることから「MOFT Z」という名前がついています。

最新のおすすめガジェット MOFT Z 形状
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

PCスタンドは数多くありますが、4段階の角度調整に対応しているのは「MOFT Z」しかありません!

MOFT Zのポイント
  • 普段は板状、折りたためば4段階に角度調整できるPCスタンド
  • 素材にPUレザーやガラス繊維が使われ、頑丈で高級感のある見た目
  • 折りたためば厚さ12 mmの板状になるのでコンパクトで収納しやすい
  • 価格は7,000円前後と高めではあるが、品質の良さと機能面は唯一無二
MOFT Zレビューはこちら 【MOFT Z レビュー】4段階の角度調整に対応し耐荷重10kgのPC・タブレットスタンド

スマホスタンド部門|MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド

MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド」はiPhone 12シリーズのMagSafeに対応し、カード収納もできるスマホスタンドです。

最新のおすすめガジェット MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド

もともと厚さ5 mmの板状ですが、折り紙のように折りたたむことでスタンドとして機能します。

見た目は黒一色で統一され、素材にフェイクレザーとガラス繊維を採用しているので頑丈で高級感があります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

カラバリは「ブラック」を含めて全4色展開です。

サイズは98 × 62 × 5 mmで、重さは39 gです。

縦置き横置きにできるのはもちろん、指を通せばバンカーリングとしても使えます。

内側にポケットが付いているので、カード類を最大3枚まで収納して活用できます。

最新のおすすめガジェット MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド カード収納
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

クレジットカードや交通系ICカードを入れておけば、スマホだけ持って外出もできちゃいます!

MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド」はiPhone 12シリーズ専用の製品ですが、同社の「MOFT X」は両面テープで貼り付けるのですべてのスマホで使うことができます。

最新のおすすめガジェット MOFT X
出典:Amazon
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

スマホのスリムさを損ねることなく、貼り付けるだけでスタンド機能を追加できるのがGood!

MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンドのポイント
  • iPhone 12シリーズのMagSafeでマグネットで貼り付けるスマホスタンド
  • 普段は板、折り紙のように折りたたむことでスタンドとして機能する
  • 素材にフェイクレザーとガラス繊維を採用しているので頑丈で高級感がある
  • 縦置き横置きのスタンド&バンカーリングとしても使える
  • 内ポケットに最大3枚までカードを収納可能
  • iPhone 12シリーズ以外のスマホは両面テープで貼り付ける「MOFT X」で代替できる
MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンドレビューはこちら 【MOFT MagSafe対応ウォレット&スタンド レビュー】iPhone 12/13シリーズのMagSafeに対応したカードも収納できる便利なスマホスタンド

タブレットスタンド部門|MOFT Snap-On タブレットスタンド

MOFT Snap-On タブレットスタンド」は、マグシールを貼ればどんなタブレットでも6つのマルチアングルに角度調整できるタブレットスタンドです。

最新のおすすめガジェット MOFT Snap-On タブレットスタンド

もともと厚さ4 mmの板状ですが、折り紙のように折りたたむことでスタンドとして機能します。

見た目は黒一色で統一され、素材にフェイクレザーとガラス繊維を採用しているので頑丈で高級感があります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

カラバリは「ブラック」を含めて全4色展開です。

サイズは210 × 150 × 4 mmで、重さは155 gです。

タブレットの背面に付属のマグシールを貼り付けることで「MOFT Snap-On タブレットスタンド」をマグネットで装着できます。

縦置きと横置き、6つのマルチアングルに角度調整ができます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

マグシールさえ貼ればタブレットの種類に限られずに使い回せるのも嬉しいポイントです!

MOFT Snap-On タブレットスタンドのポイント
  • マグシールを貼ってマグネットで貼り付けるタブレットスタンド
  • 普段は板、折り紙のように折りたたむことでスタンドとして機能する
  • 素材にフェイクレザーとガラス繊維を採用しているので頑丈で高級感がある
  • 縦置き横置きの6段階に角度調整可能
MOFT Snap-On タブレットスタンドレビューはこちら 【MOFT Snap-On タブレットスタンド レビュー】Androidタブレット・iPadどちらでも6つのマルチアングルに角度調整できる薄くて軽くて丈夫なタブレットスタンド

マウス部門|Logicool MX Master 3

Logicoolの「MX Master 3」は、高精度で複数のカスタマイズにも対応するワイヤレスマウスです。

最新のおすすめガジェット Logicool MX Master 3
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

デスクワーク中は、常にキーボードかマウスのどちらかの上に手があると言っても過言ではありません。

Logicool MX Master 3」は質感がよく、高解像度トラッキングや1秒間に1000行スクロールできる「MagSpeed電磁気スクロール」が特徴の高級マウスです。

最新のおすすめガジェット Logicool MX Master 3 高級マウス
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

USB-CでPCと有線接続すればすぐに充電でき、フル充電で最大70日間使えます。

流線型のデザインがカッコよく、さわり心地のよいラバーに包まれています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

カラバリはグレーとブラックの2色展開です。

サイズは122 × 83 × 52 mmで、重さは142 gです。

「戻る」「進む」「ジェスチャー」の各ボタンはソフトウェアでカスタマイズが可能です。

MagSpeed電磁気スクロールホイール」は、ワンタッチでラチェットモードフリースピンモードに切り替えることができます。

最新のおすすめガジェット Logicool MX Master 3 MagSpeed電磁気スクロールホイール
MEMO
  • ラチェットモード:ホイール回転時に抵抗がある
  • フリースピンモード:抵抗がなく一気にスクロールすることができる

Logicool Flow」機能を使えば、マウスをコンピュータ間でシームレスに切り替え、テキストや画像、ファイルをコピー&ペーストできます。

最新のおすすめガジェット Logicool MX Master 3 Logicool Flow
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

複数のPCで作業しているときは本当に便利で重宝する機能です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

見た目も良くて機能も豊富、高級マウスの決定版です!

Logicool MX Master 3のポイント
  • 高解像度トラッキングや「MagSpeed電磁気スクロール」が特徴の高級マウス
  • USB-C充電で最大70日間連続で使用可能
  • 流線型デザインでさわり心地の良いラバーに包まれた本体
  • 各種ボタンはソフトウェアでカスタマイズ可能
  • スクロールはワンタッチで2つのタイプに切り替えできる
  • 複数PCでの作業で特に便利な「Logicool Flow」機能
  • 価格は一般的なマウスの4倍、満足度も4倍
  • 特選タイムセール開催中!
14,850円 → 13,500円(9%OFF)
Logicool MX Master 3レビューはこちら 【Logicool MX Master 3 レビュー】高い質感と操作性、機能性を兼ね備えた高級ワイヤレスマウス

モバイルモニター部門|EVICIV EVC-1504

EVICIV EVC-1504」は3種類の映像入力端子に対応し、解像度4K(3840 × 2160)の15.6インチIPS液晶を搭載したモバイルディスプレイです。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

デュアルモニターにしたいけどデスクが広くなくて…と諦めている方にうってつけなのがモバイルモニターです!

EVICIV EVC-1504」は15.6インチで、なんと解像度は4K(3840 × 2160)と超高精細なのが特徴です。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504 解像度

EVICIVシリーズには、他にもサイズや解像度の違うモバイルモニターをたくさん取り揃えています。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504 ラインナップ
EVICIVのバリエーション
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

私がおすすめする「EVICIV EVC-1504」は、この中でもっとも解像度が高い製品です。

見た目は黒一色で統一され、素材にはアルミ合金が採用されているので高級感があります。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504 見た目

サイズは225 × 356 × 11 mmで、重さは853 gです。

ベゼル(フレーム枠)の幅は4 mmととても狭く、最近のトレンドである「ベゼルレス」なので少ないスペースで画面を広く使えます。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504 ベゼルレス

HDMIとUSB-C、Mini DisplayPortの入力に対応し、USB-Cなら配線1本でPCの映像を拡張・ミラーリングできます。

最新のおすすめガジェット EVICIV EVC-1504 USB-C1本

グレア(光沢)のIPS液晶パネルで100%sRGB、またVESA規格に対応しているのでモニターアームや壁にかけても使えます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

縦置きにすれば書類の閲覧やプログラミングにも便利です!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

価格は35,000円前後で、同クラスのモバイルモニターと比べても非常にリーズナブルな製品です。

EVICIV EVC-1504のポイント
  • 狭いスペースで力を発揮するのがモバイルモニター
  • 15.6インチで解像度は4K(3840 × 2160)
  • 黒統一のシンプルデザインで、素材にアルミ合金を採用して高級感あり
  • ベゼルレスなので、モニターの大きさ≒画面の大きさ
  • HDMIとUSB-C、Mini DisplayPortの入力に対応
  • グレア(光沢)のIPS液晶パネルで100%sRGB、またVESA規格に対応
  • 特選タイムセール開催中!
41,980円 → 36,980円(12%OFF)
さらに詳しい「EVICIV EVC-1504」レビューはこちら 【EVICIV EVC-1504 レビュー】3種類の映像入力に対応し、軽量・4K・ベゼルレスのコスパ最強モバイルディスプレイ

ウルトラワイドモニター部門|BenQ EW3880R

BenQ EW3880R」は解像度3840 × 1600、37.5インチでHDRに対応しあらゆるニーズにマッチするマルチメディア湾曲モニターです。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

圧倒的に広いスペースで作業効率が加速します!

BenQ EW3880R」の特徴は37.5インチで解像度がWQHD+(3840 × 1600)、そしてなんと言っても湾曲率2300Rの湾曲モニターであることです。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R 外観

映像入力ポートはHDMI2.0が2つDP1.4が1つUSB Type-Cポートが1つ搭載されています。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R ポート
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

USB Type-Cポートは60W給電に対応しているので、PCとケーブル一本で接続できます。

液晶パネルはノングレア(非光沢)で、全体的に黒で統一されたスタイリッシュなデザインです。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R ノングレア

モニターのサイズは414 × 896 mmで、高さは456~576 mmの間で可変します。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R サイズ

ベゼル(フレーム幅)の幅は約10 mm、下部は約36 mmになっています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ベゼルが狭いので実測値以上に画面が広く感じます

ベーススタンドの幅は584 mm、奥行きは300 mm

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R ベーススタンドサイズ

重さはスタンド込みで約13.35 kgです。

最新のおすすめガジェット BenQ EW3880R 重さ

HDR(独自技術HDRi)、IPSパネルの広い視野角、アイケア技術、各種モード設定に対応しています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

PC作業はもちろん、映画視聴やゲームにも使えるウルトラワイドな湾曲マルチメディアモニターです。

BenQ EW3880Rのポイント
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 解像度3840 × 1600ウルトラワイドで広い作業スペース
  • 2300Rの湾曲率で見やすいディスプレイ
  • 独自技術HDRiとリフレッシュレート60Hzでゲームが快適
  • モニターとは思えない優れた音質
  • 快適すぎるリモコン操作
  • 複数の映像ソースを映せる2画面分割機能搭載
BenQ EW3880Rレビューはこちら 【BenQ EW3880R レビュー】没入感が桁違い!圧倒的解像度で2画面分割機能が超便利なマルチメディア湾曲モニター

モニターライト部門|BenQ ScreenBar Plus

BenQの「ScreenBar Plus」は、モニターの見やすさが格段にアップするコンパクト&スタイリッシュなモニターライトです。

最新のおすすめガジェット BenQ ScreenBar Plus
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

長時間作業で画面を見続けるときは、モニターライトがあると目が疲れにくくなります!

アルミニウム合金で作られた外観は高級感があり、シンプルでコンパクトなので広い設置スペースを必要としません

ダイヤルとボタンで構成されたリモコンは直感的に操作でき、手元ですぐに調光できます。

長さは450 mm、厚さは19 mmで重さは133 gでした。

セットアップ方法は、クリップを使ってモニターのベゼル上にかけるだけ。

ライトをつけると光が画面に映り込むことなく、適度な明るさで手元や作業場所を照らしてくれます

色温度は2700Kから6500Kの間で調整できるので、気分や用途に応じてすぐに切り替えることができます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

毎日のPC作業で目が疲れ気味の方には、ぜひモニターライトの導入をおすすめします!

BenQ ScreenBar Plusのポイント
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • カンタン設置で一般的なモニターに対応している
  • 光がモニターに反射せず見やすさがアップ
  • USB電源なので電源アダプターを用意しなくていい
  • 直感的に操作できる便利なリモコン
BenQ ScreenBar Plusレビューはこちら 【BenQ ScreenBar Plus レビュー】快適なPCデスクの必需品!モニターの見やすさが格段にアップするコンパクト&スタイリッシュなモニターライト

ドック部門|Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション

Ankerの「PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション」はThunderbolt 3で最大85W出力に対応し、各種USBやHDMI、SDカードスロットなど各種13ポートを1つにまとめたドッキングステーションです。

最新のおすすめガジェット Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション

各種USBやHDMI、SDカードスロットなど13ポートを1つにまとめたドッキングステーションです。

Thunderbolt 3は転送速度最大40 Gbps最大85W出力に対応しています。

使用頻度の高いUSB-A&Cポートや、SD/microSDカードスロットを完備しているのであらゆるニーズにマッチしています。

最新のおすすめガジェット Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション あらゆるニーズにマッチ

スマホやタブレット、ノートPCなど様々なデバイスを高出力でフルスピード充電できます。

最大4Kの解像度で複数のモニターに映像出力できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

価格は3万円前後と決して安くはありませんが、1台でほぼすべてのポートや入出力に対応できる本製品はコスパ抜群です!

A8396のポイント
  • 各種13ポートを1つにまとめたドッキングステーション
  • Thunderbolt 3は転送速度は最大40 Gbps、最大85W出力に対応
  • USB-A&Cポート、SD/microSDカードスロット完備
  • スマホやタブレット、ノートPCもフルスピード充電
  • 最大4Kの高解像度で複数のモニターに映像出力
Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーションレビューはこちら 【Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション レビュー】Thunderbolt 3で85W出力に対応し各種13ポートを1つにまとめたドッキングステーション

LEDデスクライト部門|Lolly デスクライト

Lolly デスクライト」はライト部の角度調整ができて4段階調光に対応し、USB-A&Cポートからデバイスを充電できる洗練されたデザインのデスクライトです。

最新のおすすめガジェット Lolly デスクライト
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

デスクライトとしての機能は十分で、デザイン性に優れたおしゃれなデスクライトです。

Lolly デスクライトのポイント
  • ハーマンミラーのグループ会社CBSのデスクライト
  • 無駄がなく洗練されたデザイン
  • 無段階に角度調整できるヘッド部分
  • タッチパネルで4段階調光に対応
  • USB-A&Cポート搭載でスマホなどのデバイスを充電できる
Lolly デスクライトレビューはこちら 【Lolly デスクライト レビュー】洗練されたデザイン!4段階調光とUSB-A&Cポートからのデバイス充電に対応したスタイリッシュなデスクライト

モニターアーム部門|Ollin モニターアーム

Ollin モニターアーム」はVESA規格に対応し、モニターをスムーズに回転や移動できるデザイン性に優れたモニターアームです。

最新のおすすめガジェット Ollin モニターアーム

VESA 75、100に対応しさらに「ラップトップ/タブレットマウント」を使えば、タブレットやノートPCもモニターアームに搭載できるようになります。

最新のおすすめガジェット Ollin ラップトップ/タブレットマウント

また、同社の「Ondo コネクティビティモジュール」があればUSBハブや充電器をモニターアームに集約できるので、ケーブルなどで雑然としがちなデスクの上がスッキリします。

モニターアームやラップトップ/タブレットマウントのサイズ、重さはそれぞれ以下のとおりです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

モニターアームが約3 kg、ラップトップ/タブレットマウントが約1.3 kgなので組み合わせると約4.3 kgになります。

一般的なモニターはもちろん、ノートPCやタブレットもモニターアームに搭載できて自由に動かせるのでデスクでの作業が捗ります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ノートPCやタブレットも搭載できる、デザイン性に優れたモニターアームです。

Ollin モニターアームのポイント
  • ハーマンミラーのグループ会社CBSのスタイリッシュなモニターアーム
  • ラップトップ/タブレットマウントと組み合わせることで拡張性がさらに広がる
  • 「Ondo コネクティビティモジュール」でUSBハブや充電器をモニターアームに集約できる
  • クランプによるシンプルな設置方法で手間もかからずデスクを構築できる
  • カラバリ3色展開で好みやインテリアにあったものを選びやすい
Ollin モニターアームレビューはこちら 【Ollin モニターアーム レビュー】デザイン性と使いやすさに優れ拡張性が高いモニターアーム【ラップトップ/タブレットマウント】

ルーター部門|TP-Link Deco X50

TP-Linkの「Deco X50」はデュアルバンドに対応し、メッシュWi-Fiシステムを搭載したWi-Fi 6ルーターです。

最新のおすすめガジェット Deco X50
メッシュWi-Fiとは

メッシュとは「網の目」、つまり網目状にWi-Fi(無線LAN)を張り巡らせることを指します。

無線LANの弱点である「距離・障害物があると電波が弱くなる」「複数台の端末を接続するとパフォーマンスが落ちる」を解決するのがメッシュWi-Fiです。

1台でも十分強力ですが、もしWi-Fiが届きにくい場所があったときは2台目(以上)を増設するだけでカンタンにメッシュWi-Fi環境を構築できます。

最新のおすすめガジェット Deco X50 シームレス
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

Wi-Fiに接続するPCやスマホは1つのSSIDに接続するだけで、意識することなく自動的に電波状況のよい接続先に切り替えてくれます

外観は白で統一された円柱状で、アンテナなどの出っ張りはなくスタイリッシュなので部屋のインテリアの邪魔になることはありません

最新のおすすめガジェット Deco X50 見た目
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Wi-Fiルーターと言えばゴツかったりメカっぽいデザインのイメージがあるので、こういったシンプルな見た目の製品は珍しいですよね。

直径は110 mm、高さは113 mmとコンパクトで重さは484 gです。

専用のスマホアプリが用意されていて、画面に沿って進めていくだけで誰でもカンタンに設置とセッティングが完了します。

最新のおすすめガジェット Deco X50 アプリ

同じTP-LinkのWi-Fiルーターは、当ブログでも数多くレビューしていますがこの「Deco X50」が一番バランスが良くコスパに優れていると実感しています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

デザイン、機能、価格ともにバランスが良くコスパに優れたWi-Fi 6ルーターです。

Deco X50のポイント
  • メッシュWi-Fi機能を搭載したWi-Fiルーター
  • 増設は一瞬で、家の隅々までWi-Fiを張り巡らせることができる
  • 良い意味でルーターらしくないシンプルでスタイリッシュな見た目
  • コンパクト&軽量なので収納しやすい
  • 専用アプリでセッティングや管理が楽ちん
  • 他社の同機能のルーターと比べてもリーズナブルな価格設定
TP-Link Deco X50レビューはこちら 【Deco X50 レビュー】ちょうどいいとこ突いてきた!X20とX60の中間スペックでLANポートが3つになったメッシュWi-Fi対応Wi-Fi 6ルーター

スマートリモコン部門|SwitchBotシリーズ

SwitchBotシリーズ」は、あらゆる家電やガジェットをスマートホーム(IoT)化できるデバイスです。

SwitchBotシリーズ」には、以下の製品がラインナップされています。

この中でも特に「SwitchBotハブミニ」はシリーズの中心となる製品です。

最新のおすすめガジェット SwitchBotシリーズ SwitchBotハブミニ
SwitchBotハブミニの役割

SwitchBotハブミニ」があれば次のようなことができます。

  • 赤外線リモコンの操作
  • スマートスピーカー(アレクサやGoogleアシスタント)との連携
  • 他のSwitchBotシリーズ製品との連携
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

「SwitchBotハブミニ」があるとないとでは、使い勝手の良さが桁違いなのでぜひ導入することをおすすめします♪

また、SwitchBotシリーズの中でもっとも特徴的なのは「SwitchBotボット」です。

最新のおすすめガジェット SwitchBotシリーズ SwitchBotボット

飛び出るアームで物理的に押したり引っ張ったりして、照明などをON/OFFする壁面スイッチを遠隔で操作することができます。

最新のおすすめガジェット SwitchBotシリーズ SwitchBotボット動作

SwitchBotリモートボタン」と連携すれば、手元で壁面スイッチを操作できるという便利っぷり。

最新のおすすめガジェット SwitchBotシリーズ SwitchBotリモートボタン

さらに「SwitchBotハブミニ」+スマートスピーカーと連携すれば、リモコンすら不要で声だけで操作できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

アレクサ、キッチンをつけて。

上でも紹介したとおり「SwitchBotシリーズ」には様々な製品があるので、組み合わせ次第で家の中をどんどん便利にすることができます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

例えば「SwitchBot温湿度計」の数値を元に「SwitchBotカーテン」を動かしたり「SwitchBot加湿器」を稼働させるといったことが可能です。

見た目は「SwitchBotシリーズ」全般が白や黒で統一されていて、シンプルでクセがないのが特徴です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

製品によっては複数のカラバリが用意されているものもあります。

サイズはどの製品も極端に大きかったり小さすぎるということはないので、どこにでも設置しやすく大人も子どもも使いやすくなっています

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

Switchbotシリーズを導入するだけで自宅のスマートホーム化が一気に進みます!

SwitchBotシリーズのポイント
  • 家のあらゆるガジェットや家電をスマートホーム化するIoTデバイス
  • 「SwitchBotシリーズ」として豊富な製品ラインナップ
  • 「SwitchBotハブミニ」がシリーズの要になっている
  • 「SwitchBotボット」でスマートホーム化が難しい壁面スイッチを物理的に遠隔操作できる
  • スマートスピーカーと連携すれば声だけで家電などの操作が可能に
  • シンプルかつコンパクトなので自由に配置できてインテリアに溶け込む
  • 豊富な機能と比較してリーズナブルな価格設定
SwitchBotシリーズレビューはこちら 【SwitchBotシリーズ レビュー】あらゆるモノをスマート化!バリエーション豊富で便利すぎるリーズナブルなIoTデバイス

スマートスピーカー部門|Amazon Echo Show 5

Amazonの「Echo Show 5」は音声サービスAlexaを搭載し、5.5インチのスクリーンがついたスマートスピーカーです。

最新のおすすめガジェット Amazon Echo Show 5

AIアシスタント「アレクサ」に話しかけるだけで、いろいろなことを代わりにやってくれます。

便利な機能
  • 天気予報
  • カンタンな調べ物
  • アラームやタイマー設定
  • 音楽再生
  • やることのリスト化
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

私はオンライン会議を忘れないようにアラーム設定したり、仕事中は音楽を流したりしてスマートスピーカーをフル活用しています。

Amazonのスマートスピーカーにはたくさんの種類がありますが、「Amazon Echo Show 5」はディスプレイが付いていてサイズ感や価格面もちょうどいいバランスです。

見た目はとてもシンプルで、背面にはファブリック素材が使われているので親しみやすくも高級感があります。

大きさは86 × 148 × 85 mmで手のひらサイズ、重さは418 gです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手頃なサイズ感ですがコンセントとの接続が必須で、自由に持ち運べるわけではないのでご注意を。

スマートスピーカーは単体でも便利ですが、他のIoTデバイスと連携すると真価を発揮します。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

使い切れないくらい機能豊富なスマートスピーカーで、セール時を狙えば破格の安さで手に入れられるのも魅力の1つです!

Amazon Echo Show 5のポイント
  • アレクサに話しかけるだけでいろんなことを代わりにやってくれる
  • 画面付き、サイズ感、価格面のバランスがもっとも良い
  • シンプルで親しみやすい見た目
  • コンパクトで軽いので自由な場所に設置できる
  • IoTデバイスとの連携が強力
  • もともとリーズナブルな価格がAmazonのセールでさらに大幅割引されることがある
Amazon Echo Show 5レビューはこちら 【Amazon Echo Show 5 レビュー】5.5インチスクリーンが付いて音楽再生も便利なコスパ最強のスマートスピーカー

シーリングライト部門|マルチファンクションライト2

SONYの「マルチファンクションライト2」はスピーカーや各種センサーを搭載し、スマホアプリを完備したBluetooth&AIスピーカー対応のシーリングライトです。

最新のおすすめガジェット マルチファンクションライト2

一般的なインテリアの部屋にマッチするシンプルなデザインです。

部屋の天井にある引掛シーリングに設置するだけで、自宅のスマートホームが一気に進みます。

電源のON/OFFはもちろん、調光や音量変更に対応したスマートコントローラーが付属しています。

最新のおすすめガジェット マルチファンクションライト2 スマートコントローラー

明るさや色温度は専用のスマホアプリで調整することも可能です。

最新のおすすめガジェット マルチファンクションライト2 スマホアプリ

スマホアプリでは24時間モニタリングしている温度や湿度、明るさの履歴を確認することもできます。

また各社のテレビとエアコンの赤外線リモコンに対応し、スマホアプリでの操作やAIスピーカーとの連携して声で指示することもできます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

これから自宅のスマートホーム化を進めたい方や、IoT関連のガジェットや家電をスッキリとまとめたい方に特におすすめなシーリングライトです。

マルチファンクションライト2のポイント
  • 取り付けるだけで自宅のスマートホーム化が手軽にできる
  • 工事不要で配線の心配もなし
  • 調光やタイマーでシーンや時間帯にあわせて照明を調整できる
  • Bluetoothスピーカー搭載でスマホなどからかんたん接続で音楽を楽しめる
  • AIスピーカーと連携して声による指示で照明や家電を操作できる
  • 部屋の温度・湿度・明るさをモニタリングしてスマホアプリでいつでも確認可能
  • 特選タイムセール開催中!
52,580円 → 42,000円(20%OFF)
マルチファンクションライト2レビューはこちら 【マルチファンクションライト2 レビュー】スマートホーム化の導入に最適!スマホアプリ完備のBluetooth&AIスピーカー対応シーリングライト

スピーカー部門|FunLogy BASS

FunLogy BASS」はBluetooth接続や有線接続に対応し、低音20Hzの再生が可能なポータブルスピーカーです。

最新のおすすめガジェット FunLogy BASS

総合出力45Wのツィーターとウーファーを搭載し、他のBluetoothスピーカーには真似できない20Hzの低音を再生できます

最新のおすすめガジェット FunLogy BASS ツィーターとウーファー

バッテリーを搭載しているのでどこにでも持ち運べて、最大12時間連続で使うことができます。

最新のおすすめガジェット FunLogy BASS バッテリー搭載

天板には木の無垢材、スピーカーがある側面にはファブリック素材が使用され、持ち手となるストラップはレザーベルトなのでとてもオシャレでインテリアに馴染みます。

最新のおすすめガジェット FunLogy BASS オシャレ

サイズは151 × 277 × 148 mmで、重さは2381 gです。

Bluetooth接続はもちろん、有線(AUX)接続USBメモリにも対応しているので様々なデバイスの音声を「FunLogy BASS」で鳴らせます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

インテリアの1つに採用できるくらいオシャレで、音質にもこだわったコスパの良いBluetoothスピーカーです。

FunLogy BASSのポイント
  • 使い勝手の良いコンパクトなBluetoothスピーカー
  • スマートスピーカーから流す音楽の音質をさらに向上
  • パワフルな音質と圧倒的な低音
  • 無垢材+ファブリック+レザーのオシャレな見た目
  • 豊富な接続方式に対応
  • 10,000円前後のBluetoothスピーカーの中では抜群のコスパの良さ
FunLogy BASSレビューはこちら 【FunLogy BASS レビュー】低音20Hz再生!迫力の総合出力45Wのツィーターとウーファーを搭載したポータブルBluetoothスピーカー

ロボット掃除機部門|ECOVACS DEEBOT X1 OMNI

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」はエリアマッピング・水拭き掃除・ゴミ収集のすべてを自動で行い、スマホアプリで管理できるAIロボット掃除機です。

最新のおすすめガジェット ECOVACS DEEBOT X1 OMNI

ロボット掃除機の外観は、近未来感ただようシルバーと黒を基調とした高級感のあるデザインです。

最新のおすすめガジェット ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 外観

ウォッシャブルモップパッドを取り付けて、掃除機本体の底面に付けることで水拭き掃除ができるようになります。

側面には左から順にカメラのインジケーターライトTrueDetect 3DセンサーAIVIカメラがあります。

全自動クリーニングステーションの外観も、シルバーと黒を基調としたスタイリッシュなデザインです。

最新のおすすめガジェット ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション 外観

中には左から順に汚水タンクアクセサリー保管ボックス清水タンクがあります。

最新のおすすめガジェット ECOVACS DEEBOT X1 OMNI タンク

清掃中は徐々にエリアマッピングが進んでいきます。

最新のおすすめガジェット ECOVACS DEEBOT X1 OMNI エリアマッピング

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」が掃除している様子を動画にまとめてみました。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

水拭きとゴミ吸引を同時にしてくれるハイエンドなロボット掃除機です。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNIのポイント
  • 近未来&高級感のある外観
  • 5,000Paの強力な吸引力
  • 全自動でモップ洗浄&ゴミ収集
  • AI学習と高性能カメラで高い障害物回避能力
  • 「True Mapping2.0」で精度の高いマッピング
  • 独自の音声アシスタント「YIKO」搭載
  • 特選タイムセール開催中!
198,000円 → 178,000円(10%OFF)
ECOVACS DEEBOT X1 OMNIレビューはこちら 【ECOVACS DEEBOT X1 OMNI レビュー】これぞまさしく完成形!モップ洗浄とゴミ収集まで全自動になった音声アシスタントYIKO搭載ハイエンドロボット掃除機

おすすめ最新ガジェットまとめ

本記事では「【2022年】最新のおすすめガジェット31選!年間150個レビューのガジェットブロガーがガチ厳選【随時更新】」について書きました。

繰り返しにはなりますが、毎日のように新製品が発売されていますので、記事の内容も随時更新しています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

最新のおすすめガジェット情報をぜひお見逃しなく!

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE