MENU

カテゴリーから探す

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

年間150を超える製品を現役のWebエンジニアが1つ1つ丁寧にレビューしています。

モットーは「生活レベルを上げずQOLを上げる」こと。

ご感想やご意見はお気軽にお問い合わせフォームまで。

製品レビューやお仕事のご依頼は製品レビュー依頼専用フォームよりお願い致します。

本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Anker Soundcore Space Q45 レビュー】デザインと使いやすさがさらに進化!LDAC対応&ウルトラノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホン

こんにちは、ヘッドホンはお気に入りのものをずっと使い続けるタイプのイツキ(@saigalog)です。

完全ワイヤレスイヤホンは新しいものを高頻度で乗り換えて使うことが多いのですが、ヘッドホンは前から気に入っているAnkerアンカーの「Soundcore Life Q35」をずっと使い続けています。

そんな中、さらに洗練された製品が同社から発売されることになりました。

それが今回レビューする「Anker Soundcore Spaceサウンドコア スペース Q45」です。

マットなコーティング素材とアルミニウム合金を採用し、抜群の高級感で所有欲が高まります。

Ankerの独自技術であるウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載し、周囲の騒音レベルにあわせてノイズキャンセリングの強度を自動的に切り替えてくれます。

そしてLDACにも対応しているので、音楽好きな人も納得の高音質を存分に楽しめます。

最大65時間の連続再生ができ、緊急時はたった5分の充電で最大4時間の音楽再生も可能です。

本記事ではコスパに優れた前モデルがさらに洗練されたワイヤレスヘッドホン「Anker Soundcore Space Q45」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 高級感があり所有欲が高まるデザイン
  • 圧迫感の少ないソフトなつけ心地
  • ウルトラノイズキャンセリング2.0で自動でノイキャン強度調整
  • 最大65時間の長時間再生に対応
  • LDAC対応で高音質を楽しめる
  • 専用アプリで柔軟なカスタマイズが可能
  • 特になし
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker Soundcore Space Q45の同梱物

Anker Soundcore Space Q45」の外箱は、青を基調としたシンプルなデザインです。

Anker Soundcore Space Q45 外箱

裏面には製品の特徴や機能が記載されています。

Anker Soundcore Space Q45 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Soundcore Space Q45の同梱物
  • Soundcore Space Q45本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • 3.5 mmオーディオケーブル
  • キャリーケース
  • クイックスタートガイド

キャリーケースはヘッドホン本体をスッポリと収納できます。

Anker Soundcore Space Q45 キャリーケース
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

袋ではなくハードなケースなので少しかさばるものの、衝撃などから守ってくれるメリットがあります!

3.5 mmオーディオケーブルの長さは約106 cm

Anker Soundcore Space Q45 オーディオケーブル

USB Type-A to Cケーブルの長さは約59 cmでした。

Anker Soundcore Space Q45 USBケーブル

Anker Soundcore Space Q45のスペック

Ankerの「Soundcore Space Q45」はウルトラノイズキャンセリングと外音取り込み機能を搭載し、LDAC対応でハイレゾ再生できるワイヤレスヘッドホンです。

Anker Soundcore Space Q45

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker Soundcore Space Q45
本体サイズヘッドバンド:320 ~ 380 mm
ヘッドホンユニット:97 × 88 × 55 (mm)
重さ294 g
防水規格IPX4
再生可能時間最大65時間 (通常再生時)
最大50時間 (ノイズキャンセリングモード使用時)
最大45時間 (LDAC使用時)
最大37時間 (LDAC使用かつノイズキャンセリングモード使用時)
充電時間約2時間
充電端子USB Type-C
Bluetooth規格Bluetooth 5.3
BluetoothプロファイルAVRCP、A2DP、HFP
対応コーデックSBC / AAC / LDAC
周波数応答20Hz-20KHz (Bluetooth接続時)
20Hz-40KHz (LDAC 990kbps音源かつBluetooth接続時)
20Hz-20KHz (AUXケーブル接続時)

外観

Anker Soundcore Space Q45」の外観は、つや消しのブラックでメタリックのような鈍い輝きを放ちます。

Anker Soundcore Space Q45 外観

ヘッドバンドを上からみるとこんな感じ。

Anker Soundcore Space Q45 ヘッドバンド
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

ヘッドバンドは金属製で高級感があり、お気に入りのポイントです!

スライダーを引き出すと、左右それぞれ長さを伸ばすことができます。

Anker Soundcore Space Q45 スライダー

ヘッドバンドの側面には「soundcore」のロゴがプリントされています。

Anker Soundcore Space Q45 ヘッドバンド側面

ヘッドバンドの最短、最長の差は以下のようになっています。

頭が当たる部分はクッションになっていて、柔らかいレザーなので手触りが良い。

アームの先端は折り曲げられる関節になっています。

Anker Soundcore Space Q45 アーム先端

このように左右をそれぞれ折り曲げるとコンパクトに収納できます。

Anker Soundcore Space Q45 コンパクト収納

耳に当てるイヤーパッドはこんな感じ。

Anker Soundcore Space Q45 イヤーパッド

レザー調の素材で柔らかく、装着時の耳への負担がかかりにくくなっています。

Anker Soundcore Space Q45 柔らかいイヤーパッド

ハウジングはSoundcoreのロゴのみとシンプルなデザイン。

Anker Soundcore Space Q45 ハウジング

R側の下部には各種ボタンとポートがあります。

Anker Soundcore Space Q45 R側ボタン
R側のボタンとポート

左から順に…

  • 音量+/次の曲ボタン
  • 音量-/前の曲ボタン
  • 再生/一時停止ボタン
  • 3.5 mmオーディオポート

3.5 mmオーディオポートに付属のオーディオケーブルをつなげば有線接続できます。

Anker Soundcore Space Q45 オーディオケーブル接続

L側の下部にも各種ボタンとポートがあります。

Anker Soundcore Space Q45 L側ボタン
L側のボタンとポート

左から順に…

  • USB Type-Cポート
  • 電源ボタン
  • LEDインジケーター
  • NC(ノイズキャンセリング)ボタン

USBケーブルをUSB Type-Cポートと電源に接続して充電します。

Anker Soundcore Space Q45 充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

電源アダプターは付属していないので、別途用意しましょう。

充電中はLEDインジケーターが赤く点灯します。

Anker Soundcore Space Q45 LEDインジケーター点灯
LEDインジケーターの意味
  • 電源ON青く点灯
  • 電源OFF赤く点灯
  • ペアリング青く点滅
  • 充電中赤く点灯
  • バッテリー残量少赤く点灯
  • ヘッドホンリセットで点滅

実際に装着してみるとこんな感じです。

Anker Soundcore Space Q45 装着
なめこ
なめこ

軽いつけ心地で疲れにくく、耳がすっぽりと収まるのでノイズキャンセリングの効きが良いと感じました!

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker Soundcore Space Q45」のヘッドバンドの長さは通常320 mm、最長で380 mmです。

Anker Soundcore Space Q45 サイズ

ヘッドホンユニットの縦幅は97 mm、横幅は88 mmです。

Anker Soundcore Space Q45 ヘッドホンユニットサイズ

厚さは55 mm

Anker Soundcore Space Q45 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Anker Soundcore Space Q45 スマホと比較

コンパクトで軽いので、持ち運びにも便利です。

Anker Soundcore Space Q45 コンパクト

ヘッドホン本体の重さは294 gでした。

Anker Soundcore Space Q45 重さ

機能

まずは無線接続に必要なBluetoothペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくカンタンです♪

電源ボタンを長押ししてペアリングモードにします
Anker Soundcore Space Q45 ペアリングモード
ペアリングモードになるとLEDインジケーターが青く点滅します
Anker Soundcore Space Q45 インジケーター点滅
ヘッドホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
Anker Soundcore Space Q45 BluetoothON
端末の画面に表示される「Soundcore Space Q45」を選びます
Anker Soundcore Space Q45 選択
ペアリング完了!
Anker Soundcore Space Q45 ペアリング完了

一度ペアリングを済ませてしまえば、あとは電源を入れたときに自動的に接続されます。

Anker Soundcore Space Q45 自動接続

Anker Soundcore Space Q45」は、前モデル「Anker Soundcore Life Q35」からデザインや使い心地がさらに進化しました。

Anker Soundcore Space Q45 進化

最大65時間の音楽再生が可能で、5分の充電で最大4時間の音楽再生を実現しています。

Anker Soundcore Space Q45 連続再生時間

ウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載し、周囲の騒音レベルに応じて最適な強度のノイズキャンセリングを自動で起動します。

Anker Soundcore Space Q45 ウルトラノイズキャンセリング2.0

LDACに対応し、従来コーデックの最大約3倍のデータ伝送で音楽細部まで忠実にされた高音質を楽しめます。

Anker Soundcore Space Q45 LDAC対応
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

解像度が高く、クセの少ない音質でAnkerのヘッドホンらしい聴きやすさです。

専用アプリ「Soundcore」で、ノイズキャンセリングモードの選択やイコライザーなどの機能を使えます。

Anker Soundcore Space Q45 アプリ

イコライザーアプリ「Soundcore」

Soundcore」アプリを使えばヘッドホンの管理が便利になります。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

モード設定音量制限ボタン操作サウンドエフェクトをカスタマイズできます。

Anker Soundcore Space Q45 ホーム画面

音量制限では最大音量を制限することができます。

Anker Soundcore Space Q45 音量制限

サウンドエフェクトではプリセットから選択する他に、カスタムで自分好みの音質に調整することができます。

ボタン操作では各種ボタンを押したときの動作を細かく設定できます。

その他にも風切り音の低減ON/OFFファームウェア更新が行えます。

Anker Soundcore Space Q45 設定
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

スマホアプリは「Anker Soundcore Space Q45」の最大のメリットでもあるので、ぜひインストールしましょう♪

Anker Soundcore Space Q45のレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Space Q45 レビュー】デザインと使いやすさがさらに進化!LDAC対応&ウルトラノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホン」について書きました。

これだけの機能と性能を兼ね備えた上で、価格は1万円台とリーズナブルなのも嬉しい本製品。

シーンを選ばず使いやすく、それでいてカッコいい見た目のワイヤレスヘッドホンをお探しの方はぜひ「Anker Soundcore Space Q45」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 高級感があり所有欲が高まるデザイン
  • 圧迫感の少ないソフトなつけ心地
  • ウルトラノイズキャンセリング2.0で自動でノイキャン強度調整
  • 最大65時間の長時間再生に対応
  • LDAC対応で高音質を楽しめる
  • 専用アプリで柔軟なカスタマイズが可能
  • 特になし
Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE