本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) レビュー】充電環境の最適化!各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーション

こんにちは、自宅の充電環境がカオスと化しているイツキ(@saigalog)です。

ノートPCやスマホ・タブレットを始めとし、完全ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなど、日常的に使うデバイスの数は日に日に増していっています

特にわが家は4人家族なので、子どもの成長とともに今後もさらに増えていくことは間違いありません。

そんなわけで自宅の充電環境がなかなかキレイにまとめられないのですが、この度救世主とも呼べるべき製品が登場しました。

それが今回レビューするAnkerアンカーの「637 Magnetic Charging Stationマグネティック チャージング ステーション (MagGoマグゴー)」。

見た目はコロンと丸くまとまっており、正面にはMagSafeに対応したワイヤレス充電パッドが斜め上向きについています。

背面にはコンセント差込口が3つ、USB-AとUSB-Cの各種ポートがそれぞれ2つずつ配置。

すべてあわせると8つのデバイスを同時に充電できるため、わが家のようなデバイスの数が多めの家庭でも本製品1台あればほとんどがまかなえるというわけです。

本記事ではそんな複数デバイスの所持が当たり前になった現代の必須級アイテムである「Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 場所を選ばず使いやすいシンプルなデザイン
  • コロンと丸くてコンパクトな本体
  • 7.5Wワイヤレス充電対応
  • 豊富な各種USBポート、コンセント差込口搭載
  • 極性プラグ対応であらゆる家電が接続できる
  • 他の充電器と比較すると価格が少し高め
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)の同梱物

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」の外箱は、白基調で青をアクセントカラーにしたシンプルなデザインです。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 外箱

底面や裏面には製品の仕様や機能が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 同梱物
A9137の同梱物
  • 充電器本体
  • 結束バンド × 3
  • 取扱説明書

ケーブル類をとめる結束バンドは3つ付属しており、それぞれの長さは約20 cmです。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)のスペック

Ankerの「637 Magnetic Charging Station (MagGo)」は、各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーションです。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)
本体サイズ直径102 mm、高さ106 mm
重さ559 g
USB-A出力5V ⎓ 2.4A
USB-C出力5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 12V ⎓ 3A / 15V ⎓ 3A / 20V ⎓ 3.25A
USBポート合計出力最大65W
マグネット式ワイヤレス出力最大7.5W
AC定格電圧・電流100-125V 50/60Hz 10A (最大出力 1000W)

外観

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」の外観は、つや消しの白で統一されたシンプルなデザインです。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 外観

正面には上向きに角度のついたワイヤレス充電パッドがあります。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 充電面

側面はこんな感じ。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 側面

背面にはコンセント差込口が3つUSB-Cポートが2つUSB-Aポートが2つあります。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 各種ポート
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

USB-AポートはPower IQ、USB-CポートはPower IQ 3.0に対応しています。

Power IQとは

USBポートに接続された機器を自動判別し、適切な電流で急速充電するAnkerの独自技術です。

PowerIQ 1.0は最大12W、PowerIQ 2.0は最大18W、PowerIQ 3.0は最大100Wの出力に対応しています。

すべてのコンセント差込口は極性プラグに対応しています。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 極性プラグ対応

背面下部から伸びる電源ケーブルは取り外し不可で、長さは約150 cmです。

電源ケーブルの先にあるプラグを電源に接続して使います。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 電源接続

電源接続時は側面と背面にあるインジケーターがそれぞれ青く点灯します。

底面には製品の仕様が記載されています。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 底面
記載の仕様

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)

Model/品番:A9137

Electrical Rating/入力:100V-125V~ 50-60Hz 10A

AC Output/出力:1000W(USB Without Load)

USB-A Output/出力:5V 2.4A(2.4A Max Each Port)

USB-C Output/出力:5V 3A / 9V 3A / 12V 3A / 15V 3A / 20V 3.25A

Total USB Output/出力:65W

Wireless Output/出力:7.5W Max

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」の直径は102 mmです。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 直径

高さは106 mm

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 高さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) スマホと比較

手のひらにギリギリ収まるくらいの大きさですが、コロンと丸いので計測値よりもコンパクトに感じます

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 手に持ったところ

重さは559 g(電源ケーブル込)でした。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 重さ

機能

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」のワイヤレス充電パッドには、MagSafe対応のiPhoneを縦向きや横向きに貼り付けることができます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

MagSafe対応のスマホケースであれば、つけたまま問題なく貼り付けて充電できます。

Anker Magnetic Silicone Caseレビューはこちら 【Anker Magnetic Silicone Case レビュー】シリコンの上質な質感!iPhone 12シリーズ専用のMagSafe対応スマホケース

8台のデバイスを同時に充電することが可能です。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 同時充電可能

コンセント差込口や各種USBポートを使ってみるとこんな感じに。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 各種ポート接続
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

コンセント差込口は離れて配置されていますが、それぞれが干渉しないように少し工夫する必要がありそうです。

複数ポート使用時における各ポートの最大出力値は以下の表にまとめられています。

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) 出力表

USB-AとUSB-Cの各ポートからスマホを充電したときの電流値を計測してみました。

電流値計測
  • USB-C(Google Pixel 5):9.02V × 1.53A = 13.80W
  • USB-C(iPhone 13 Pro):8.95V × 1.97A = 17.63W
  • USB-A(Google Pixel 5):5.11V × 1.45A = 7.44W
  • USB-A(iPhone 13 Pro):5.03V × 1.68A = 8.50W

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)のレビューまとめ

本記事では「【Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) レビュー】充電環境の最適化!各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーション」について書きました。

価格は1万円前後と少し値が張りますが、ワイヤレス充電対応で合計8つの同時充電ができる製品は他にはない、という絶対的なアドバンテージがある本製品。

デバイスの数が増えてきて充電環境がカオスになりがちで困っている、という方はぜひ「Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 場所を選ばず使いやすいシンプルなデザイン
  • コロンと丸くてコンパクトな本体
  • 7.5Wワイヤレス充電対応
  • 豊富な各種USBポート、コンセント差込口搭載
  • 極性プラグ対応であらゆる家電が接続できる
  • 他の充電器と比較すると価格が少し高め
【Anker 525 Charging Station レビュー】充電周りをもっとスマートに!各種USBポートとコンセント差込口を搭載した7in1充電ステーション【Anker 633 Magnetic Battery (MagGo) レビュー】パススルー充電対応!同時充電が可能になったワイヤレス充電&フリップ式スタンド搭載のモバイルバッテリー【Anker 633 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】ワイヤレス充電器とモバイルバッテリーが1つになった!“充電忘れ”が起きない良いとこどりの画期的なワイヤレス充電ステーション【Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo) レビュー】MagSafeに強力マグネットでガッチリホールド!シンプル構造で軽量なiPhone用バンカーリング【Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】角度調整で動画視聴も快適!2台同時充電可能でカラバリ豊富なワイヤレス充電器【Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) レビュー】ワイヤレス充電&スタンドの融合!薄型でカラバリ豊富な1台2役のモバイルバッテリー【iPhone 13 Pro レビュー】光学3倍ズームにマクロ撮影!12 Proから正当進化したApple社謹製のハイエンドスマホ【Anker Magnetic Silicone Case レビュー】シリコンの上質な質感!iPhone 12シリーズ専用のMagSafe対応スマホケース【Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー】iPhone 12ユーザー必携!マグネットとパッドで同時充電できるワイヤレス充電器