本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Anker 525 Charging Station レビュー】充電周りをもっとスマートに!各種USBポートとコンセント差込口を搭載した7in1充電ステーション

こんにちは、デスク上の充電環境がなかなか整わないイツキ(@saigalog)です。

私が普段作業しているデスクはお世辞には広いとは言えないため、PCやマウスなど必要最低限のもの以外に何を置くか、という厳選は必須。

新しいガジェットを手に入れてはしっくりこず交換、というループを数年繰り返しています。

特に充電周りは難しく、複数のデバイスを同時に充電できてデスクの上にも置けるようなシンプルでコンパクトな充電器、または電源タップをずっと探していました。

今回レビューするAnkerアンカーの「525 Charging Stationチャージングステーション」は、そんな私の贅沢かつ深刻な悩みを1台で解決してくれる画期的な充電ステーションです。

USB-AとUSB-Cポートをそれぞれ2つずつ搭載し、背面にはコンセント差込口を3つ完備。

1台で7台のデバイスを同時に充電できる優れものながら、手のひらに収まるコンパクトサイズ。

最大67Wの高出力が可能なため、MacBook ProのようなノートPCも急速充電できます。

本記事ではそんなコンパクトで多機能な充電ステーション「Anker 525 Charging Station」について、実際の電流計測なども含め詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 場所を選ばず使いやすいシンプルなデザイン
  • デスクの上に置きやすいコンパクトな本体
  • 豊富な各種USBポート、コンセント差込口搭載
  • 極性プラグ対応であらゆる家電が接続できる
  • 多重保護システム&ActiveShield 2.0搭載した安心設計
  • 特になし
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker 525 Charging Stationの同梱物

Anker 525 Charging Station」の外箱は、白基調で青をアクセントカラーにしたシンプルなデザインです。

Anker 525 Charging Station 外箱

底面や裏面には製品の仕様や機能が記載されています。

Anker 525 Charging Station 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Anker 525 Charging Station 同梱物
A9137の同梱物
  • 充電器本体
  • 取扱説明書

Anker 525 Charging Stationのスペック

Ankerの「525 Charging Station」は、各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した7in1充電ステーションです。

Anker 525 Charging Station

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker 525 Charging Station
本体サイズ64 × 117 × 44 (mm)
重さ377 g
AC定格電圧・電流100V-125V ~50/60Hz 11A
定格電力1000W
1ポート使用時USB-A 1/2:5V 2.4A(最大12W)
USB-C 1/2:5V / 9V 3A / 15V 3A / 20V 3.35A(最大67W)
2ポート使用時USB-C 1+USB-C 2:45W + 20W または30W + 30W
USB-C 1/2 + USB-A 1/2:45W + 12W
USB-A 1 + USB-A 2:最大15W(USB-A 2ポート合計)
3ポート使用時USB-C 1 + USB-C 2 + USB-A 1/2:30W + 20W + 12W
USB-C 1/2 + USB-A 1 + USB-A 2:45W + 15W(USB-A 2ポート合計)
4ポート使用時USB-C + USB-C 2 + USB-A 1 + USB-A 2:30W + 20W + 15W(USB-A 2ポート合計)

外観

Anker 525 Charging Station」の外観は、つや消しの白で統一されたシンプルなデザインです。

Anker 525 Charging Station 外観

正面にはUSB-Aポートが2つUSB-Cポートが2つと右側に電源インジケーターがあります。

Anker 525 Charging Station 各種ポート
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

USB-AポートはPower IQ、USB-CポートはPower Deliveryに対応しています。

Power IQとは

USBポートに接続された機器を自動判別し、適切な電流で急速充電するAnkerの独自技術です。

側面はこんな感じ。

Anker 525 Charging Station 側面

背面にはコンセント差込口が3つあります。

Anker 525 Charging Station コンセント口

すべてのコンセント差込口は極性プラグに対応しています。

Anker 525 Charging Station 極性プラグ

コンセント差込口や各種USBポートを使ってみるとこんな感じに。

背面下部から伸びる電源ケーブルは取り外し不可で、長さは約150 cmです。

Anker 525 Charging Station 電源ケーブル

電源ケーブルの先にあるプラグを電源に接続して使います。

Anker 525 Charging Station 電源接続

電源接続時は電源インジケーターと背面にあるサージ保護ランプがそれぞれ白く点灯します。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

サージ保護ランプが点灯しない場合は、サージ保護装置が正常に動作していないことになります。

底面には製品の仕様が記載されています。

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker 525 Charging Station」のサイズは64 × 117 mmです。

Anker 525 Charging Station サイズ

厚さは44 mm

Anker 525 Charging Station 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Anker 525 Charging Station スマホと比較

コンパクトなので場所を選ばずどこにでも設置できます。

Anker 525 Charging Station コンパクト

重さは377 g(電源ケーブル込)でした。

Anker 525 Charging Station 重さ

機能

Anker 525 Charging Station」は7台のデバイスを同時に充電することができます。

Anker 525 Charging Station 7台同時

最大67Wの高出力で、MacBook ProなどのノートPCも急速充電が可能です。

Anker 525 Charging Station 高出力

USBポートとコンセント口が正面と背面にそれぞれ配置されているので、これまでの電源タップのようにケーブル類がかさばりません。

Anker 525 Charging Station かさばらない

iPhoneやAndroidなど最新スマホはもちろん、ノートPCやタブレット、AirPodsなどの完全ワイヤレスイヤホンにも幅広く使えます。

Anker 525 Charging Station 幅広い使い方

多重保護システムに加え、ActiveShield 2.0を搭載しさらなる安全性を実現しています。

Anker 525 Charging Station ActiveShield 2.0

USB-AとUSB-Cの各ポートからスマホやモバイルバッテリーを充電したときの電流値を計測してみました。

電流値計測
  • USB-C(Nothing Phone (1)):9.30V × 3.01A = 27.99W
  • USB-C(iPhone 13 Pro):8.96V × 2.91A = 26.07W
  • USB-C(SuperTank Pro):19.8V × 3.23A = 63.95W
  • USB-A(Nothing Phone (1)):5.07V × 1.42A = 7.23W
  • USB-A(iPhone 13 Pro):5.25V × 2.33A = 12.28W
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

SuperTank Pro」は最大100Wの入出力に対応したモバイルバッテリーです。

SuperTank Proレビューはこちら 【SuperTank Pro レビュー】USB-Cポート×4とOLEDディスプレイを搭載し100W高出力で様々なデバイスを充電できる26800mAhの超大容量モバイルバッテリー

Anker 525 Charging Stationのレビューまとめ

本記事では「【Anker 525 Charging Station レビュー】充電周りをもっとスマートに!各種USBポートとコンセント差込口を搭載した7in1充電ステーション」について書きました。

価格も5,000円台と手頃で、1台で家にあるほとんどのデバイスの充電ができてしまうと考えると非常にコスパが高い本製品。

デスクの上にも置きやすいコンパクトで多機能な充電ステーションをお探しの方は、ぜひ「Anker 525 Charging Station」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 場所を選ばず使いやすいシンプルなデザイン
  • デスクの上に置きやすいコンパクトな本体
  • 豊富な各種USBポート、コンセント差込口搭載
  • 極性プラグ対応であらゆる家電が接続できる
  • 多重保護システム&ActiveShield 2.0搭載した安心設計
  • 特になし
【Anker 735 Charger (GaNPrime 65W) レビュー】独自技術GaNPrimeとPowerIQ 4.0でさらに小型化!USBポートを3つ搭載し65W高出力で急速充電できるUSB充電器【Anker 736 Charger (Nano II 100W) レビュー】コンセントの取り合いからはもう卒業!各種USBポートを3つ搭載し100W高出力で急速充電できるUSB充電器【Anker 633 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】ワイヤレス充電器とモバイルバッテリーが1つになった!“充電忘れ”が起きない良いとこどりの画期的なワイヤレス充電ステーション【Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) レビュー】充電環境の最適化!各種USBポートとコンセント差込口を豊富に搭載した8in1ワイヤレス充電ステーション【Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】角度調整で動画視聴も快適!2台同時充電可能でカラバリ豊富なワイヤレス充電器【Anker PowerPort III 2-Port 100W レビュー】ついに出た!パワフルな100W出力でスマホはもちろんノートPCも2台急速充電できるPPS対応USB-C充電器【Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー】iPhone 12ユーザー必携!マグネットとパッドで同時充電できるワイヤレス充電器【Anker PowerCore Fusion 10000 レビュー】PowerIQ 3.0搭載で最大20W出力できる9700mAhの大容量モバイルバッテリー&USB急速充電器【Anker PowerPort Strip PD 6 レビュー】6つのコンセント差込口とPowerIQ対応のUSB-Aポート×2、PD対応のUSB-Cポート×1を備えた最強の電源タップ【Anker PowerPort Strip PD 3 レビュー】3つのコンセント差込口とUSB-A×2、USB-C×1を備えPowerIQやPD充電に対応したスマートな電源タップ【Anker PowerWave 10 Stand with 2 USB-A Ports レビュー】Qi認証ワイヤレス充電とUSB充電が同時にできる便利なモバイル端末用充電器