本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Amazon Echo Show 15 レビュー】画面のデカさは正義!いろんな情報を一度に表示できるようになった壁掛けできるアレクサ搭載15.6インチスマートディスプレイ

こんにちは、自宅のスマートホーム化を推し進めているイツキ(@saigalog)です。

今やスマートホームに対応したガジェットや家電は数多くありますが、なんと言ってもその窓口的な存在となる“スマートスピーカー(ディスプレイ)”は欠かすことができません。

わが家ではアレクサ搭載の「Amazon Echo Show 5」を長く使ってきましたが、同シリーズの中でも圧倒的に大きなディスプレイを備えたモデルが発売されました。

それが今回レビューする「Amazon Echo Showアマゾン エコー ショー 15」です。

名前のとおり、ディスプレイのサイズは15.6インチフルHD(1920 × 1080)の高解像度。

同シリーズの機能や性能を踏襲し、カメラスピーカー、そして当然ながらアレクサを搭載しているので話しかけるだけで様々な操作ができます。

本記事ではそんな進化したEcho Showシリーズのハイエンドモデル「Amazon Echo Show 15」について、実際に使っている様子も含めて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • シンプルでインテリアになじませやすいデザイン
  • 遠くからでも見やすい15.6インチの大画面
  • カレンダーや予定、天気予報や写真など各情報を一度に確認できる
  • 大型スピーカー搭載で音質が良い
  • 手頃な価格設定(セール時のみ)
  • 動作がもっさりしていると感じることがある
  • 電源ケーブルが見えるので上手く隠さないとヤボったく見えがち
  • 想像以上に重くアンカーで壁掛けするときは穴を開ける必要がある
  • 公式アプリ(ウィジェット)が少なめ

Amazon Echo Show 15の同梱物

Amazon Echo Show 15」の外箱は、青を基調としたシンプルなデザインです。

Amazon Echo Show 15 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Amazon Echo Show 15 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Amazon Echo Show 15 同梱物
Echo Show 15の同梱物
  • Echo Show 15本体
  • 電源アダプター
  • 壁掛け用マウント
  • ネジ × 4
  • アンカー × 4
  • 取り付け用テンプレート
  • 取扱説明書

付属の電源アダプターのケーブルの長さは約140 cm

Amazon Echo Show 15 電源アダプター

コンセント側には電源アダプターの仕様が記載されています。

Amazon Echo Show 15 電源アダプター仕様
記載の仕様

Model No:PA24NA

Input(Entrada):100-240V~1.0A 50/60Hz

Output(Salida):18.0V 1.267A

壁掛け用マウントは本体背面に取り付けて使います。

アンカーとネジは「Amazon Echo Show 15」を壁に設置するときに使います。

Amazon Echo Show 15 アンカー、ネジ

Amazon Echo Show 15のスペック

Amazonの「Echo Show 15」は音声サービスAlexaを搭載し、15.6インチのスクリーンがついたスマートディスプレイです。

Amazon Echo Show 15

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Amazon Echo Show 15
本体サイズ252 × 402 × 35 (mm)
重さ2218 g
ディスプレイ15.6インチタッチスクリーン (解像度 1920 x 1080)
カメラ5メガピクセル
オーディオ1.6インチ (40mm) フルレンジドライバー × 2
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) デュアルバンドwifiネットワーク
BluetoothA2DP、AVRCPプロファイル対応
プロセッサAmlogic PopcornA (Pop1) オクタコアSoC、Amazon AZ2 ニューラルネットワークエンジン
センサーALS RGB周囲光センサー、加速度センサー

外観

Amazon Echo Show 15」の外観は、白と黒のツートンカラーでシンプルなデザインです。

Amazon Echo Show 15 デザイン

15.6インチのディスプレイの解像度はフルHD(1920 × 1080)で、グレア(光沢)仕様なので周りの景色が反射します。

ディスプレイの左上部にはカメラが付いています。

Amazon Echo Show 15 カメラ

Echo Show同士、またはスマホ(アプリ)との通話もできるので、見守りカメラとしても活用できます。

Amazon Echo Show 15 見守りカメラ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

わが家では寝ている子どもの安全のために見守りカメラを用意していますが、「Amazon Echo Show 15」があればその役割も任せられます!

SwitchBot屋内カメラレビューはこちら 【SwitchBot屋内カメラ レビュー】ナイトビジョンでクリアな映像!シリーズ製品との連携でスマートホーム化できるコンパクトな屋内カメラ

カメラのすぐ上にはカメラカバーの開閉スイッチがあります。

Amazon Echo Show 15 カメラカバースイッチ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

物理的にカメラをふさげるので、プライバシーが守られて安心です!

真上から見るとこんな感じ。

Amazon Echo Show 15 真上から見たところ

ディスプレイの上部には各種ボタンが並んでいます。

Amazon Echo Show 15 各種ボタン
各種ボタン

左から順に…

  • カメラカバー(開/閉)
  • マイク/カメラ(オン/オフ)
  • 音量アップ
  • 音量ダウン

背面は全体的に白で統一され、プラスチッキーな質感です。

Amazon Echo Show 15 背面

中央には各種ポートがあります。

Amazon Echo Show 15 各種ポート
各種ポート

左から順に…

  • Micro USBポート
  • 電源ポート

電源アダプターの端子を電源ポートに接続します。

Amazon Echo Show 15 電源ポート

コンセントに接続すれば自動的に電源がONになります。

Amazon Echo Show 15 電源ON

背面の溝に壁掛け用マウントを取り付けて壁掛けします。

Amazon Echo Show 15 壁掛け用マウント設置

背面左右にはそれぞれスピーカーがついています。

横向きだけではなく縦向きにも設置して使えます。

Amazon Echo Show 15 縦向き設置

サイズ・重量

Amazon Echo Show 15」のサイズは252 × 402 mmです。

Amazon Echo Show 15 サイズ

厚さは35 mm

Amazon Echo Show 15 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Amazon Echo Show 15 スマホと比較

壁掛け用マウントの重さは148 g、本体の重さは2218 gでした。

機能

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

壁にアンカー用の穴を開けたくなかったので、耐荷重の5 kgのフックを使って壁掛けしてみました。

注意

公式には壁に穴を開けてアンカーとネジで設置する方法が推奨されていますので、フックを使った方法は自己責任でお願いします。

別途用意した壁掛けフックを壁に取り付けます
Amazon Echo Show 15 壁掛けフック
壁掛け用マウントを本体背面に取り付けます
Amazon Echo Show 15 壁掛け用マウント取り付け
壁掛けフックに壁掛け用マウントを引っ掛ければ設置完了です
Amazon Echo Show 15 壁設置
Amazon Echo Show 15 壁フックイメージ
※フックを壁掛け用マウントに引っ掛けたときのイメージ

Amazon Echo Show 15」の設置が終わったら、スマホアプリ「Alexa」もインストールしておきましょう。

Amazon Alexa

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Amazon Echo Show 15」を使うのに必須ではありませんが、連携がとても便利で管理しやすくなるのでおすすめです♪

ウィジェットギャラリーではホーム画面に表示するウィジェットを選べます。

Amazon Echo Show 15 ウィジェット

カレンダー写真天気スマートホームの情報を表示させると使い勝手が一気によくなります。

Amazon Echo Show 15 ホーム画面

写真を表示して、フォトフレームとして使うこともできます。

天気予報はもちろん、画像のように時間ごとの気温降水確率まで教えてくれるので1日の始めに必ず聞くくらい使用頻度が高いです。

Amazon Echo Show 15 天気予報

アレクサに話しかけるだけで好きな音楽をすぐに聞くことができます。

Amazon Echo Show 15 音楽

動画も再生できますが、Google製のスマートスピーカー(Google Nest Hubなど)と違い、音声操作のみで完結させることはできません

あくまでブラウザ(Amazon SilkかFirefox)経由となるので、そこは購入前にあらかじめ押さえておきたい点です。

Amazon Echo Show 15 YouTube
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

YouTubeの動画視聴をメインに考える場合は、素直にGoogle Nest Hubなどを選んだほうが良さそうです。

わが家では家中の家電をIoT化してスマートホームを進めていますので、その窓口となるスマートスピーカーはとても重要な役割となります。

Amazon Echo Show 15 スマートホーム

特に照明器具はIoT化しやすい家電です。

その中でもスマートLEDで有名な「Philips Hue」シリーズはおすすめです。

Amazon Echo Show 15 Philips Hue
Philips Hue Play ライトバーレビューはこちら 【Philips Hue Play ライトバー レビュー】音声操作に対応し映像や音楽とシンクロさせて調光できる次世代ライトバー
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

設定や連携もカンタンなので、設置してからすぐに使い始めることができます。

また赤外線リモコンが使える家電もスマートスピーカーで管理したい場合は、IoTデバイスで有名な「SwitchBotシリーズ」をおすすめします。

Amazon Echo Show 15 SwitchBot
SwitchBotシリーズレビューはこちら 【SwitchBotシリーズ レビュー】あらゆるモノをスマート化!バリエーション豊富で便利すぎるリーズナブルなIoTデバイス
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

SwitchBotシリーズがないと生きていけない!と思うほど便利で愛用しています♪

Philips Hue」や「SwitchBot」を使うには、それぞれのAlexaスキルを有効にする必要があります。

Amazon Echo Show 15 スキル
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

スマホアプリ「Amazon Alexa」か、Webサイトでそれぞれのスキルを有効にするだけでOKです!

Webサイトには他にもたくさんのスキルがあり、基本的に無料で使えるものが多いので、気になるものがあったらどんどん有効にしてみましょう。

Amazon Echo Show 15 Alexaスキルサイト
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

ラジオを聴ける「radiko.jp」や、お子さんがいる場合は「ピカチュウトーク」といったスキルも人気です。

Amazon Echo Show 15の評判・口コミ

Amazon Echo Show 15」の評判や口コミを集めてみました。

いろいろなシーンや使い方で活躍しているようです。

Amazon Echo Show 15のレビューまとめ

本記事では「【Amazon Echo Show 15 レビュー】画面のデカさは正義!いろんな情報を一度に表示できるようになった壁掛けできるアレクサ搭載15.6インチスマートディスプレイ」について書きました。

通常時の価格が3万円前後と少々お高めなので、大幅に値引きされるAmazonプライムデーなどのセール時が狙い目です。

大画面を備えたスマートホームの窓口となるスマートディスプレイをお探しの方は、ぜひ「Amazon Echo Show 15」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

私は2022年のAmazonプライムデーのとき17,480円(42%OFF)でゲットできましたので、ご参考まで!

メリット
デメリット
  • シンプルでインテリアになじませやすいデザイン
  • 遠くからでも見やすい15.6インチの大画面
  • カレンダーや予定、天気予報や写真など各情報を一度に確認できる
  • 大型スピーカー搭載で音質が良い
  • 手頃な価格設定(セール時のみ)
  • 動作がもっさりしていると感じることがある
  • 電源ケーブルが見えるので上手く隠さないとヤボったく見えがち
  • 想像以上に重くアンカーで壁掛けするときは穴を開ける必要がある
  • 公式アプリ(ウィジェット)が少なめ