本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Fire TV Stick 4K レビュー】コスパを求めるならこれで決まり!モニターをすぐにスマートTV化できるハイスペックストリーミングメディアプレイヤー

こんにちは、自宅のモニター類をすべてスマートTV化しようとしているイツキ(@saigalog)です。

今やTVもインターネット接続が当たり前の時代です。

しかし少し型の古いTVやシンプルなPCモニターなどは、ネット接続に対応していないものも多くあります。

今回レビューするAmazonアマゾンの「Fire TV Stick 4K」は、HDMIポートに挿し込むだけですぐにスマートTV化できるハイスペックなストリーミングメディアプレイヤーです。

解像度は4K 60fps、HDR10にも対応しているので必要十分。

便利なリモコンによる快適操作で、お好みのアプリをインストールしてYouTubeやNetflixといった人気サービスを楽しめます。

またAmazonデバイスということで、定期的に開催されるセールでは大きく割引されるのも魅力の1つである本製品。

本記事ではそんな「Fire TV Stick 4K」について、後継モデルの「Fire TV Stick 4K Max」や競合の「Nebula 4K Streaming Dongle」とも比較しながら詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 4K 60fpsに対応したハイエンドモデル
  • コンパクト&軽量
  • リモコンによる快適操作
  • Amazonユーザーなら初期セットアップが大幅短縮
  • セール時に大きく割引される
  • 独自のFire OSで使えないアプリあり

Fire TV Stick 4Kの同梱物

Fire TV Stick 4K」の外箱は、オレンジ色を基調としたシンプルなデザインです。

Fire TV Stick 4K 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Fire TV Stick 4K 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Fire TV Stick 4K 同梱物
Fire TV Stick 4Kの同梱物
  • Fire TV Stick 4K本体
  • リモコン
  • HDMI拡張ケーブル
  • USB Type-A to Micro USBケーブル
  • 電源アダプタ
  • 単4電池 × 2

HDMI拡張ケーブルはTVなどのモニターに接続時、「Fire TV Stick 4K」が干渉してしまうなどの理由でHDMIポートにうまく入らないときに使います。

USB Type-A to Micro USBケーブルの長さは約147 cmです。

Fire TV Stick 4K USBケーブル

USB Type-Aポートに対応した電源アダプターの側面には仕様が記載されています。

記載の仕様

Model No:FANA7R

Input:100-240V- 50/60Hz 0.15A

Output:5.0V 1.0A

単4電池が2本付属しています。

Fire TV Stick 4K 単4電池

単4電池はリモコンの裏面にある電池カバーを開けて入れましょう。

Fire TV Stick 4Kのスペック

Amazonの「Fire TV Stick 4K」は解像度4K 60fpsでHDR10に対応し、快適操作のリモコンですぐにスマートTVを楽しめるハイスペックなストリーミングメディアプレイヤーです。

Fire TV Stick 4K

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名 Fire TV Stick 4K
本体サイズ 30 × 99 × 14 (mm)
重さ 54 g
プロセッサ クアッドコア 1.7GHz
GPU IMG GE8300
ストレージ 8 GB
オーディオ Dolby Atmos、 7.1 サラウンド対応、 2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO): 802.11a/b/g/n/ac対応
音声認識 同梱のAlexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応 (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
IR対応AV機器操作 同梱のAlexa対応音声認識リモコンで、IR対応のテレビ、サウンドバー、AVアンプ操作が可能
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 HDMI出力、Micro USB(電源用)
4K対応 4K Ultra HDコンテンツを視聴するには、4K対応のテレビが必要
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps
フォーマット ビデオ: Dolby Vision、HDR-10、HLG、H.265、H.264、VP9
オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos(EC3_JOC)
写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
Bluetooth Bluetooth 4.2/5.0 BLE

外観

Fire TV Stick 4K」の外観は、マット仕上げのブラックで統一されています。

Fire TV Stick 4K 外観

側面には電源用のMicro USBポートがあります。

右側面にはHDMI端子があります。

Fire TV Stick 4K HDMI端子

モニターにはHDMIポートに直接接続し、Micro USBポートに接続したUSBケーブルから電源供給して使います。

Fire TV Stick 4K 接続

裏面には製品の型番が記載されています。

Fire TV Stick 4K 裏面

リモコンも本体と同じく黒を基調とした外観で、電源ボタンではTV電源のON/OFFを、音量ボタンではTVの音量を変えることができます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

HDMI CEC対応のTVであれば、それぞれのリモコンで操作する必要がないのでとても便利です!

HDMI CECとは

Consumer Electronics Controlの略称で、TVやレコーダーなどの機器間で制御信号をやり取りすることにより、お互いを操作するリンク機能のことです。

お使いのTVや機種によっては正常に動作しない場合もあるのでご注意ください。

サイズ・重量

Fire TV Stick 4K」のサイズは30 × 99 mmです。

Fire TV Stick 4K サイズ

厚さは14 mm

Fire TV Stick 4K 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Fire TV Stick 4K スマホと比較

本体、リモコン共にコンパクトにまとまっています。

重さは本体が54 g、リモコン(電池込)が66 gでした。

機能

Fire TV Stick 4K」は最大4K Ultra HD 60fpsの高画質再生が可能で、HDRにも対応したストリーミングメディアプレイヤーです。

Fire TV Stick 4K 機能

Android OSをベースにした独自のFire OSを搭載し、様々なアプリを使うことができます。

Fire TV Stick 4K Fire OS

ホーム画面はこんな感じ。

Fire TV Stick 4K ホーム画面

使用頻度の高いYouTubeアプリもバッチリ使えます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

一時期大人の事情でYouTubeアプリを使えないことがありましたが、今は問題ありませんのでご安心ください笑。

4K 60fpsの動画が美しい画質でなめらかに再生されます。

Prime Videoはもちろん、その他NetflixやDisney+といった人気サービスのアプリにも対応。

専用のアプリストアを通じて、TVerやHuluのようなアプリもどんどんインストールできます。

Fire TV Stick 4K アプリストア

Dolby VisionとAtmosに対応し、臨場感のあるステレオサウンドを体感できます。

Fire TV Stick 4K Dolby Vision

リモコンにある「音声認識」ボタンを押せば、声で動画の検索や再生などを指示できます。

Fire TV Stick 4K 音声認識
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

わが家ではスマートスピーカーでアレクサを愛用しているので、違和感なく使うことができました。

Fire TV Stick 4K Maxとの比較

Fire TV Stick 4K」の後継モデルとして「Fire TV Stick 4K Max」が2021年10月7日に発売されました。

Fire TV Stick 4K Maxとの比較

まず目につくには、リモコンの下の方に新たに搭載されたPrime VideoやNetflixといった人気サービスを直接起動するアプリボタンです。

Fire TV Stick 4K アプリボタン
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Prime VideoNetflixDAZNamazon musicのサービスをよく利用する方にはとっても嬉しいボタン追加ですね♪

その他、「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」を比較して大きく異なるところを下の表にまとめてみました。

モバイルは左スライドで全表示
Fire TV Stick 4KFire TV Stick 4K Max
価格6,980円6,980円
プロセッサクアッドコア 1.7GHzクアッドコア 1.8GHz MT8696
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac対応802.11a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)対応

他にも微妙に異なる点はありますが、体感できるほどの大きな差ではなく煩雑になるためあえて省いています。

CPUは高性能なものになったため、全体的によりサクサクと快適に動くようになりました。

またWi-Fi 6が使えるようになったので、対応ルーターを使っている環境では4K動画など大容量通信が必要なシチュエーションでもネット回線の速度が安定しやすくなっています。

基本的には「Fire TV Stick 4K Max」は「Fire TV Stick 4K」の正当進化版なので、“特別な理由”がない限り同じ価格で買うのであれば迷うことなく「Fire TV Stick 4K Maxを買うべきでしょう。

ただAmazonデバイスには“特別な理由”というのがあり、それはご存知のとおり定期的に開催されるセール時に大幅な値引きがあることです。

実際に私も「Fire TV Stick 4K Max」の存在は事前に知っていましたが、セール時に50%OFFの3,480円で「Fire TV Stick 4K」を買うことができました。

(個人的にはMaxの性能に3,000円以上の価格差を埋める魅力を感じることができず…)

ですので、どちらを買おうか迷っている方は

  • できるだけ安く買いたい:Fire TV Stick 4K ※セール時限定
  • できるだけ性能の良いものが欲しい:Fire TV Stick 4K Max
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

人によって優先度は違うと思いますので、ぜひ上の表を参考に選んでみてください!

Nebula 4K Streaming Dongleとの比較

Fire TV Stick 4K」と競合する他社製品にAnkerの「Nebula 4K Streaming Dongle」があります。

Fire TV Stick 4K Nebula 4K Streaming Dongleとの比較
右がNebula 4K Streaming Dongle

一見するとほとんど同じような見た目で役割としても被るところが多い両製品ですが、具体的な違いはどこかわかりやすく以下の表にまとめてみました。

モバイルは左スライドで全表示

※大きく異なる箇所を赤字にしています。

Fire TV Stick 4KNebula 4K Streaming Dongle
価格6,980円8,980円
本体サイズ30 × 99 × 14 (mm)55 × 56 × 15 (mm)
重さ54 g36 g
CPUクアッドコア 1.7GHzARM Quad 64 ビット Cortex-A53 最大 2 GHz(DVFS)
RAM1.5GB2GB
ROM8GB8GB
OSFire OS 6Android 10.0
解像度4K 60fps4K 75fps
ビデオデコードHDR、HDR10+HDR10
オーディオDolby AtmosDolby Digital Plus
Wi-Fi2.4G / 5.0GHz 802.11 a/b/g/n/ac2.4G / 5.0GHz 802.11 a/b/g/n/ac

まず価格ですが「Fire TV Stick 4K」に比べて「Nebula 4K Streaming Dongle」は2,000円ほど高いです。

また前述したとおりAmazonデバイスはセール時に大きく値引きされるので、さらに価格差は広がります。

ですのでより安くて使えるストリーミングメディアプレイヤーをお探しの方は、この一点のみでFire TV Stick 4Kを選んでしまってもよいでしょう。

スティック型と正方形ということでそもそもの形状が異なりますが、「Nebula 4K Streaming Dongle」のほうが18 gも軽いというのは大事な検討要素に挙げられます。

ただ軽さが有利になるのは持ち運び前提の場合で、ほとんど据え置きで動かすことがあまりないという方はそこまで考慮する必要はないかと思います。

Nebula 4K Streaming Dongle」は最新機種らしくRAMが2GB搭載されているので、この点は純粋に「Fire TV Stick 4K」より優れている点と言えるでしょう(ちなみにMaxは2GB搭載)。

と、ここまでスペック面の差を述べてきましたが、両製品どちらとも使っている身としては大きな差を感じることはほとんどないのが正直なところ。

やはりなんと言っても決定的な違いというのは搭載されているOSにあります。

というのも「Fire TV Stick 4K」には独自のFire OSなるものが搭載されており、Google Playストアが使えないということでインストールできるアプリに制限があります。

具体的な例としてはネットワークドライブレコーダー「nasne」専用のアプリ「torne mobile」が使えません

一方で「Nebula 4K Streaming Dongle」はOSとして純粋なAndroid TVを搭載しているので余計なアプリが入っておらず、好みのものをGoogle Playストアからどんどんインストールできます。

ですので「メジャーなアプリ(サービス)しか使わないよ」という方はFire OSでもまったく問題ないのですが、カスタマイズしたかったりマイナーなアプリを使いたいという場合は物足りなさや窮屈さを感じやすいかと思います。

したがって結論をまとめると

  • できるだけ安く買いたい:Fire TV Stick 4K
  • 制限なくいろんなアプリを使いたい:Nebula 4K Streaming Dongle

となります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

日常的にAndroidスマホやAndroid TVを使っている方には違和感のない「Nebula 4K Streaming Dongle」がおすすめです!

Nebula 4K Streaming Dongleレビューはこちら 【Nebula 4K Streaming Dongle レビュー】自宅のTVを瞬時にスマートTV化!Android TV10搭載で4K HDR対応のストリーミングメディアプレイヤー

Fire TV Stick 4Kのレビューまとめ

本記事では「【Fire TV Stick 4K レビュー】コスパを求めるならこれで決まり!モニターをすぐにスマートTV化できるハイスペックストリーミングメディアプレイヤー」について書きました。

価格は6,980円ですが、セール時には50%OFFなど大きく割引されるのも魅力の1つである本製品。

自宅のモニターをスマートTV化したい方、コスパの良いストリーミングメディアプレイヤーをお探しの方はぜひ「Fire TV Stick 4K」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 4K 60fpsに対応したハイエンドモデル
  • コンパクト&軽量
  • リモコンによる快適操作
  • Amazonユーザーなら初期セットアップが大幅短縮
  • セール時に大きく割引される
  • 独自のFire OSで使えないアプリあり