本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー】完全無欠!ハイレゾ対応とUNC2.0で業界に革命を起こす完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、おすすめのイヤホンは何かと聞かれると困っていたイツキ(@saigalog)です。

わからないから困っていたのではなく、それぞれの製品にそれぞれの推しポイントがあるので一概に言えずとてもむずかしいのがこの世界。

しかしそんな迷いを払拭するような革命的な完全ワイヤレスイヤホンが満を持して登場しました。

それが今回レビューするAnkerアンカーの「Soundcore Libertyサウンドコア リバティ 3 Pro」。

当ブログでもレビューしている同社の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」はコスパに優れた大人気の製品ですが、「Soundcore Liberty 3 Pro」はその後継機に当たります。

つまりもともと定評のあった「Soundcore Liberty Air 2 Pro」の良いところはそのままに、さらに進化を遂げたのが本製品というわけです。

私は断言します。

2021年の最高傑作である完全ワイヤレスイヤホンは本製品である、と。

本記事ではそんな完全無欠とも言える完全ワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」を、実際の使用感を中心に詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker Soundcore Liberty 3 Proの使用感

イヤホンと言えば、まず実際の使用感が気になる方も多いのではないでしょうか。

製品の詳細やスペックは後回しにするとして、まずは使ってみて私が感じた素直な感想を述べていきたいと思います。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 使用感

まずは見た目から。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 見た目

充電ケース、イヤホンともにほぼ黒(白)で統一され、シンプルで洗練されたデザインです。

AnkerのSoundcoreシリーズのイヤホンは、充電ケースのフタを横にスライドさせて開けるのが特徴的。

目立つ特徴はないですが、クセがないので使いやすく、老若男女誰にでもおすすめできる製品です。

イヤホンに使われている金属パーツはブロンズのような色合いでキラリと輝き、2万円前後という価格帯にあった高級感を感じられます。

次に装着感

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 装着感

イヤーチップ、イヤーウィングともに4種類ずつ付属しているので、ほとんどのユーザーにピッタリくるサイズを選べます。

もともと密着感の高いカナル型の形状に加えて、イヤーウィングが耳甲介腔に沿って固定してくれるのでカッチリと耳の穴にハメ込まれる抜群の装着感です。

外箱や説明書、アプリ内にもイヤホンをうまく装着する方法が記載されていて丁寧であることも好感度を高く感じるポイントになります。

そして一番気になる音質面について。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 音質

まず言えるのはLDACコーデック、ハイレゾ音源に対応しているのが注目すべき点になるでしょう。

少し前に発売された同社の「Soundcore Life Q35」も同様にハイレゾ対応のヘッドホンですが、レビュー時に感じた解像度の高さや音の深みを本製品でも明確に感じることができました。

また専用のスマホアプリ「Soundcore」で、イコライザー(サウンドエフェクト)を調整できるので設定によってはまったく別物かと思うくらいの音質に変化します。

そもそもの音質が良いという前提で、高音・中音・低音を好みのものに変えられるこの「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」はまさに完全ワイヤレスイヤホンの1つの到達点と言っても過言ではないでしょう。

また、私と同じように「どういう音質が自分にあっているかわからないから調整なんてできないよ」という方でもご安心ください。

HearIDなる機能が搭載されており、数分で終わるテストをするだけで自動的に音質調整したプロファイルが作成され、さらにはアクティブノイズキャンセリングも環境や周囲のノイズに合わせて切り替えてくれるようになります。

と、このように音質面でも圧倒的なクオリティと自由度を誇る「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」ですがその他の機能も抜け目がありません。

アクティブノイズキャンセリングがさらに進化した「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」を搭載。

外音取り込みモードはもちろん完備されており、音声フォーカスにも対応しています。

また、シングルタップやダブルタップなどのコントロールも自在に変更可能

その他あると嬉しい装着検出や、ノイズリダクション機能でクリアな音声で通話できます。

さらに、2台の機器間でカンタンに切り替えられるマルチポイントにも対応しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の何が目玉なのかと言われたら、それはやはりハイレゾ対応なのは間違いありませんがそれはこの製品の魅力のごく一部に過ぎません。

上に列挙したような完全ワイヤレスイヤホンに欲しい機能がこれでもかと詰め込まれており、現時点における最強の完全ワイヤレスイヤホンであると私は確信しています。

価格は2万円前後なので決してリーズナブルだとは言えませんが、良い製品を長く使っていきたいという私と同じようなポリシーをお持ちの方にはイチオシの製品になっています。

この「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」と同等、もしくは超える製品がいつか現れるときがくるのか、今後も完全ワイヤレスイヤホン界隈の動向から目が離せません。

Anker Soundcore Liberty 3 Proの同梱物

Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の外箱は、黒を基調とした高級感のあるデザインです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 外箱裏面

外箱は横向きに開き、イヤホンの装着方法が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 同梱物
Soundcore Liberty 3 Proの同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB Type-A to Cケーブル
  • イヤーチップ
  • イヤーウィング
  • 取扱説明書

イヤーチップといやーウィングはサイズが異なるものがそれぞれ4種類ずつ付属しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤーピース
左から順にXS、S、M、Lサイズです
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

元からイヤホンに装着されているのはMサイズです。

USB Type-A to Cのケーブルの長さは約57 cmでした。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro USBケーブル

Anker Soundcore Liberty 3 Proのスペック

Ankerの「Soundcore Liberty 3 Pro」は、充電ケースが付きウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

カラーバリエーションは今回レビューしている「ミッドナイトブラック」をあわせて全2色

Anker Soundcore Liberty 3 Pro カラーバリエーション
Soundcore Liberty 3 Proのカラバリ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名 Anker Soundcore Liberty 3 Pro
本体サイズ(イヤホン) 25 × 18 × 20 (mm)
本体サイズ(充電ケース) 55 × 71 × 28 (mm)
重さ(イヤホン) 7.5 g(合計15 g)
重さ(充電ケース) 43 g
プロファイル AVRCP、A2DP、HFP、HSP
対応コーデック SBC / AAC / LDAC
入力 5V 0.5A
充電時間 約2時間
再生可能時間 最大8時間、ノイズキャンセリング時最大6時間)
防水規格 IPX4
通信方式 Bluetooth 5.2

外観

充電ケースの外装はマットな質感で、フタにはSoundcoreのロゴのみとシンプルなデザインです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケース外観
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

コロンと丸くてお菓子のマカロンにも似ています笑。

充電ケースの正面にはバッテリー残量を示すインジケーターがあります。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースインジケーター

背面にあるUSB Type-Cの入力ポートは充電用。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースポート

付属のUSB Type-A to Cケーブルを電源に接続して充電できます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電

充電中は正面にあるインジケーターが点滅します。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースインジケーター点滅
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

インジケーターの1つ分が約30%のバッテリー残量を示します。

またQiワイヤレス充電にも対応しているので、充電ケースを置くだけで充電できます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro ワイヤレス充電
Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Standレビューはこちら 【Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー】iPhone 12ユーザー必携!マグネットとパッドで同時充電できるワイヤレス充電器

イヤホンをケースから取り出してみたところ。

充電ケースのフタの裏側には製品の仕様が記載されています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースフタ裏面
記載の仕様

Model/品番:A3952

Input/入力:5V 0.5A

Output/出力:5V 0.2A

定格容量:320mAh

定格電圧:5V

Cell capacity/電池容量:500mAh/1.85Wh

充電ケースの内側にもインジケーターがあり、イヤホン充電中は白く点滅します。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケース中インジケーター

イヤホンも充電ケースと同じカラーリングで、キラリと光る金属パーツが高級感を醸し出しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン外観

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の充電ケースのサイズは55 × 71 mmです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースサイズ

厚さは28 mm

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケース厚さ

イヤホンの全長は25 mm、横幅は18 mmです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤホンサイズ

イヤホンの奥行きは20 mmでした(イヤーピースなし)。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン奥行き

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感です。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro スマホと比較

手のひらサイズでとてもコンパクトです。

充電ケースの重さは43 g

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケース重さ

イヤホンはペアで15 gです(片方7.5 g)。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくかんたんです♪

充電ケースのフタを開け、イヤホンを取り出します
Anker Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン取り出し
イヤホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
Anker Soundcore Liberty 3 Pro Bluetooth設定オン
端末の画面に表示される「Soundcore Liberty 3 Pro」を選びます
Anker Soundcore Liberty 3 Pro 選択
ペアリング完了!
Anker Soundcore Liberty 3 Pro ペアリング成功

一度ペアリングを済ませてしまえば、あとは充電ケースから取り出した際に自動的に電源がオンになり、端末にすぐに接続できます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 自動接続

Anker Soundcore Liberty 3 Pro」は高音質なコーデックLDACに対応し、ハイレゾ再生できる完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro ハイレゾ

Anker独自のドライバー「A.C.A.A 2.0」を搭載し、高音と低音が高度に調和され丁寧でクリアな音色を再現しています。

さらにAnkerの独自技術「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」を搭載し、周囲の環境やノイズに合わせて最適なノイズキャンセリングが起動します。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro ウルトラノイズキャンセリング

気になる電池もち、イヤホンだけなら最大8時間、ケースで充電し直すことで最大32時間の連続再生が可能です。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 連続再生時間

ノイズリダクション機能でクリアな音声通話を実現し、2台の機器間でカンタンに切り替えられるマルチポイントにも対応しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro マルチポイント

専用アプリ「Soundcore」で、ノイズキャンセリングモードの設定やイコライザー、コントロールカスタマイズなどの機能を使えます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro アプリ

イコライザーアプリ「Soundcore」

Soundcore」アプリを使えば、イヤホンの管理がさらに便利になります。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

アプリを起動しイヤホンに接続すると、まず初めにイヤホンの初期設定が始まります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

画面に沿って進めていくだけでOKです。

モード設定HearIDテストサウンドエフェクトをカスタマイズできます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro アプリホーム画面

HearIDテストを実施すると、より最適なノイズキャンセリングに自動で切り替わるようになります。

外音取り込みモードでは「全ての外音」か「音声フォーカス」かを選択できます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 外音取り込みモード

イコライザー機能ではHearID Soundや3Dオーディオ、プリセットから選択する他に、カスタムで自分好みの音質に調整することができます。

HearIDのテストを実施すると、一人ひとりにあった音質に自動調整してくれます。

コントロールでは、シングルタップやダブルタップしたときの動作をカスタマイズできます。

その他にも装着検出の設定やファームウェア更新が行えます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 詳細設定
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

スマホアプリは「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の最大のメリットでもあるので、ぜひインストールして使いこなしましょう♪

Anker Soundcore Liberty 3 Proのレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー】完全無欠!ハイレゾ対応とUNC2.0で業界に革命を起こす完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

メリットばかり挙げていて、デメリットや気になる点がないのでそんなに手放しで評価してよいのかと思われるかもしれませんが、実際にそうなのだから仕方ありません笑。

強いて挙げるとするならカナル型なので密着感が強く、さらにイヤーウィングでガッチリと固定されるのでそれが窮屈に感じる場合はあるかもしれませんね。

価格は2万円前後とイヤホンにかける金額としては少し悩むところではありますが、長期的に質の高い製品を使い続けられると考えれば間違いなくお買い得、というのが私の感想です。

ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方、高クオリティな製品を長く使いたいという方はぜひ「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」をチェックしてみてはいかがでしょうか。