プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Anker Soundcore Liberty 4 NC レビュー】ノイキャンがさらに次世代へ!HearIDで音質を自分好みにカスタムできるLDAC対応完全ワイヤレスイヤホン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、最近は妻にも完全ワイヤレスイヤホンの良さを布教しているイツキ(@saigalog)です。

完全ワイヤレスイヤホンを日常使いしだしてから早いものでもう数年が経ち、近頃は妻も使うようになりました。

今の愛機は傑作と名高いAnkerアンカーの「Soundcore Libertyサウンドコア リバティ 4」ですが、今回レビューする同社の「Soundcore Liberty 4 NC」はそのクオリティをしっかりと受け継ぎながらもさらに進化した完全ワイヤレスイヤホンです。

末尾にあるNC”はノイズキャンセリングの略で、その名のとおり本製品はノイズキャンセリングの性能が向上。

新技術ウルトラノイズキャンセリング 3.0では、耳の形を瞬時に計測しこれまで取りこぼしていたノイズまで除去するという、もはや私のような素人には仕組みの想像すらつかないレベルに到達しています。

もちろんこれまでのハイレゾ再生対応や防水性能、3Dオーディオやマルチポイント接続の機能を搭載し音質のカスタマイズも自由自在

本記事では傑作をさらに磨き上げた完全ワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Liberty 4 NC」について、詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 軽くてフィット感に優れたつけ心地
  • ウルトラノイズキャンセリング3.0で耳の形を計測してノイズを除去
  • 最大50時間の長時間再生に対応
  • LDAC対応で高音質を楽しめる
  • 専用アプリで柔軟なカスタマイズが可能
  • 特になし
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker Soundcore Liberty 4 NCの同梱物

Anker Soundcore Liberty 4 NC」の外箱は、黒を基調としたクールなデザインです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 同梱物
Soundcore Liberty 4 NCの同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース
  • 充電用USB Type-A to Cケーブル
  • 取扱説明書

イヤーピースはXS、S、M、Lの4種類のサイズが付属しています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤーチップ
イツキ
イツキ

イヤホンには元からMサイズが装着されています。

USB Type-A to Cのケーブルの長さは約30 cmでした。

Anker Soundcore Liberty 4 NC USBケーブル

Anker Soundcore Liberty 4 NCのスペック

Ankerの「Soundcore Liberty 4 NC」はウルトラノイズキャンセリング3.0を搭載し、HearIDで音質を自分好みにカスタムできるLDAC対応完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC

カラーバリエーションは今回レビューしている「ブラック」をあわせて全5色

Anker Soundcore Liberty 4 NC カラーバリエーション

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker Soundcore Liberty 4 NC
本体サイズ(イヤホン)33 × 19 × 22 (mm)
本体サイズ(充電ケース)57 × 57 × 31 (mm)
重さ(イヤホン)5 g(合計10 g)
重さ(充電ケース)50 g
ハイレゾ再生対応
充電時間約3時間 (充電ケース※USB-Cケーブル使用時)
約3.5時間 (充電ケース※ワイヤレス充電使用時)
再生可能時間ANCオフ:最大10時間(充電ケースを使用した場合、合計50時間)
ANCオン:最大8時間(充電ケースを使用した場合、合計40時間)
防水規格IPX4
通信方式Bluetooth 5.3
入力5V 0.8A
定格出力5mW
バッテリー容量53mAh × 2(イヤホン)
800mAh(充電ケース)
ドライバーユニット11mmダイナミックドライバー
周波数応答20 Hz – 40 kHz
電気抵抗10 Ω

外観

充電ケースの外装は黒で統一されており、フタにはSoundcoreのロゴのみとシンプルなデザインです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 充電ケース

充電ケースの正面にはインジケーターを搭載したボタンがあります。

背面には充電用のUSB Type-Cの入力ポートがあります。

Anker Soundcore Liberty 4 NC USB Type-Cポート

付属のUSB Type-A to Cケーブルを電源に接続して充電できます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 充電

充電中はインジケーターが点滅します。

Anker Soundcore Liberty 4 NC インジケーター

底面は特に装飾などなくまっさらです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 底面

またQiワイヤレス充電にも対応しているので、充電ケースを置くだけで充電できます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレス充電
Anker 633 Magnetic Wireless Charger (MagGo)レビューはこちら 【Anker 633 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】ワイヤレス充電器とモバイルバッテリーが1つになった!“充電忘れ”が起きない良いとこどりの画期的なワイヤレス充電ステーション

ボタンを押してフタを開けると左右のイヤホンが収納されています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC フタを開ける

イヤホンをケースから取り出してみたところ。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤホン取り出し

フタの内側には製品の仕様が記載されています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC フタの内側

イヤホンも充電ケースと同じカラーリングで、ツヤツヤとした光沢感があります。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤホン

実際に耳につけてみるとこんな感じ。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 装着

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker Soundcore Liberty 4 NC」の充電ケースのサイズは57 × 57 mmです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 充電ケースサイズ

厚さは31 mm

Anker Soundcore Liberty 4 NC 充電ケース厚さ

イヤホンの全長は33 mm、横幅は19 mmです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤホンサイズ

イヤホンの奥行きは22 mmでした。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤホン奥行き

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感です。

Anker Soundcore Liberty 4 NC スマホと比較

手のひらサイズでとてもコンパクトです。

充電ケースの重さは50 g

Anker Soundcore Liberty 4 NC 充電ケース重さ

イヤホンはペアで10 gです(片方5 g)。

Anker Soundcore Liberty 4 NC イヤホン重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

イツキ
イツキ

手順は少なくかんたんです♪

充電ケースのフタを開けるとイヤホンのインジケーターが点滅します
Anker Soundcore Liberty 4 NC フタを開ける
イヤホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
Anker Soundcore Liberty 4 NC Bluetooth設定オン
端末の画面に表示される「soundcore Liberty 4 NC」を選びます
Anker Soundcore Liberty 4 NC 選択
ペアリング完了!
Anker Soundcore Liberty 4 NC ペアリング

一度ペアリングを済ませてしまえば、あとは充電ケースから取り出した際に自動的に電源がオンになり、端末にすぐに接続できます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 自動接続

Anker Soundcore Liberty 4 NC」は新技術のウルトラノイズキャンセリング 3.0を搭載し、耳の形を瞬時に計測してこれまで取りこぼしていたノイズまで除去します。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ウルトラノイズキャンセリング 3.0

好感度センサーや大口径ドライバー、高遮音チャンバーを搭載し基礎性能が大幅向上しています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 大口径ドライバー

2つの外音取り込みモード、または周囲の環境にあわせて強度を選べる4つのノイズキャンセリングモードから手動で最適なモードを選べます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ノイズキャンセリング

本体のみで最大10時間、充電ケース使用時で最大50時間の音楽再生が可能です。

Anker Soundcore Liberty 4 NC 長時間再生

6つのマイクを使用し、周囲のノイズを除去するAIノイズリダクション機能を搭載しています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ノイズリダクション

Bluetooth 5.3対応で安定した接続を実現し、マルチポイント接続にも対応しています。

Anker Soundcore Liberty 4 NC マルチポイント接続

イコライザーアプリ「Soundcore」

Soundcore」アプリを使えば、イヤホンの管理がさらに便利になります。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

アプリを起動しイヤホンに接続すると、デバイスが検出されます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC アプリ

ホーム画面ではモード設定やサウンドエフェクト、音量制限やコントロールの設定画面へ移動できます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC アプリ

モード設定ではノイズキャンセリングモード外音取り込みモードについて細かく設定できます。

ノイズキャンセリングモードでは自動設定手動設定移動の3つのモードから選択できます。

サウンドエフェクトでは3DオーディオのON/OFFや、HearIDサウンドやプリセットなどを選択できます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC アプリ

聴覚診断して、HearID サウンドプロファイルを作成し自分にあった音質に調整してくれます。

イツキ
イツキ

画面に沿って進めていくだけでOKです。

数多くのプリセットが用意されていますが、カスタムEQで細かく自分好みの音質に調整もできます。

コントロールでは左右のイヤホンの操作時の設定を調整できます。

オンラインでクイックスタートガイドユーザーマニュアルを確認することができます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC アプリ

詳細設定ではさらに細かな設定や確認を行えます。

Anker Soundcore Liberty 4 NC アプリ
イツキ
イツキ

スマホアプリは「Anker Soundcore Liberty 4」の最大のメリットでもあるので、ぜひインストールして使いこなしましょう♪

Anker Soundcore Liberty 4 NCのレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Liberty 4 NC レビュー】ノイキャンがさらに次世代へ!HearIDで音質を自分好みにカスタムできるLDAC対応完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

価格は13,000円前後と、同社の「Soundcore Liberty 4」より2,000円近くも安く設定されているのが嬉しい本製品。

欲しい機能全部のせ、その上で業界最先端のノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方はぜひ「Anker Soundcore Liberty 4 NC」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 軽くてフィット感に優れたつけ心地
  • ウルトラノイズキャンセリング3.0で耳の形を計測してノイズを除去
  • 最大50時間の長時間再生に対応
  • LDAC対応で高音質を楽しめる
  • 専用アプリで柔軟なカスタマイズが可能
  • 特になし
【Anker Soundcore Liberty 4 レビュー】イヤホンの極みに到達!“欲しい機能、ここにすべて”のキャッチコピーは伊達じゃない全部乗せの完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Space Q45 レビュー】デザインと使いやすさがさらに進化!LDAC対応&ウルトラノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホン 【Anker Soundcore Space A40 レビュー】ANC搭載&LDAC対応で1万円台!コンパクトさと機能性が極限まで追求された完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Sport X10 レビュー】外れる不安からの卒業!イヤーフックで圧倒的な装着感を実現した防水規格IPX7スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Life Note 3S レビュー】重さが10円玉1枚分!?圧倒的な軽さと開放感を実現したAnker初のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー】完全無欠!ハイレゾ対応とUNC2.0で業界に革命を起こす完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Life P3 レビュー】1万円以下TWSなら迷わずコレ!欲しい機能全部ノセでコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Life Q35 レビュー】ワイヤレスでハイレゾ再生!“コスパが良い”を超越した革命的なウルトラノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン 【Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro レビュー】欲しい機能を全部のせ!1万円前後で買える最強の完全ワイヤレスイヤホン 【Anker Soundcore Life A2 NC レビュー】ウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能を搭載した防水性能IPX5の完全ワイヤレスイヤホン