本日のAmazonタイムセールはこちら

【TaoTronics SoundLiberty S10 Pro レビュー】機能モリモリ!ブルーメタリックが美しい1万円以下で買えるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、完全ワイヤレスイヤホンコレクターのイツキ(@saigalog)です。

当ブログでレビューしている完全ワイヤレスイヤホンの数もいよいよ20を超えました。

特に最近の製品は必要な機能は全て揃っていて、しかも価格はかなりリーズナブルに抑えられているものが多くなってきています。

今回レビューするTaoTronicsタオトロニクスの「SoundLibertyサウンドリバティ S10 Pro」もそんな完全ワイヤレスイヤホンの1つ。

充電ケースは卵のような見た目で手触りがよく、イヤホン本体は玉虫色のようにに輝くデザイン。

耳に圧迫感のないインナーイヤー型で、通話時の音声をクリアにするAIノイズキャンセリングを搭載しています。

コーデックは「AAC」「apt-X」に対応しているのでiPhone、Androidどちらでも高音質な音楽を楽しめます。

さらに自動耳検出機能タッチコントロール音声コントロール防水性能IPX7と欲しい機能が盛りだくさん詰め込まれた本製品。

本記事ではそんな完全ワイヤレスイヤホン「TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」を、実際の使用感を含めて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

TaoTronics SoundLiberty S10 Proの使用感

イヤホンと言えば、まず実際の使用感が気になる方も多いのではないでしょうか。

製品の詳細やスペックは後回しにするとして、まずは使ってみて私が感じた素直な感想を述べていきたいと思います。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 使用感

まずは見た目から。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 見た目

充電ケースは白くてマットな質感なので、私の第一印象は「卵っぽいな」でした。

シンプルなデザインで人を選びませんが、特に女性ウケが良さそうだなと感じます。

ただカバンなどに入れて持ち運ぶ場合、汚れが付いて黒ずみやすいのでこまめな手入れになりそうです。

そしてもっとも特徴的なのがイヤホンですね。

内側は白くて光沢があるのでApple製品っぽい印象を受けますが、やはり目を引くのは背面側。

からにかけてのグラデーションで、ピカピカと金属のように光り輝きます。

ですので耳につけたとき、まるでピアスやイヤリングなどのアクセサリーのように見えるのがとてもユニークで面白いですね。

次に装着感

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 装着感

このイヤホンはいわゆる「インナーイヤー型」と呼ばれるもので、耳の穴に引っ掛けて使うタイプの製品です。

耳の穴に挿し込む「カナル型」と比較して、圧迫感が少ない反面、密着感が薄いので音漏れや音がボヤけやすいという弱点があります。

片方4.5 gと軽量で、スッと耳の穴に収まる形状をしているので耳への違和感やストレスがないのはさすがだな、と感じました。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

インナーイヤー型はカナル型のようにイヤーピースなどで調整ができず、かけ心地は個人差が大きいことはあらかじめ理解しておきたいポイントです。

そして一番気になる音質面について。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 音質面

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」の音質についての第一印象は、インナーイヤー型の「音がボヤけやすい」という弱点を感じるのが正直なところ。

ですがapt-X、AACという高音質コーデックに対応し、大口径ダイナミックドライバーを搭載することで音質を高めている努力をひしひしと感じます。

低音・中音・高音、どれかに偏ることはなくバランスが良いので、とても聴きやすいフラットな音質に仕上がっています。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの音質としては妥当、というのが個人的な感想です。

私はTaoTronicsのSoundLibertyシリーズの完全ワイヤレスイヤホンをこれまで多数レビューしてきましたが、この「SoundLiberty S10 Pro」はかなり意欲的な製品だと感じています。

まずデザイン。

見た目のところでも触れましたが、これまでは黒一色という製品が多く外観的には地味でした。

そこに今回のベースの色は白で、さらに玉虫色のようなグラデーションの差し色を採用したというのはTaoTronicsの「新しいところへの挑戦」という気概を感じます。

そして機能ですが、完全ワイヤレスイヤホンに必要なものは基本的に全部乗っかっています

アクティブノイズキャンセリングこそないものの、apt-XやAACといった高音質コーデックへの対応を始めとし、自動耳検出機能であったり、音声コントロールといったこれまでの製品で培った技術を惜しげもなく搭載しています。

イヤホンをタッチすることで音楽操作する機能はもはや常識ですが、今回はさらにスワイプ操作も追加してきたのには驚きました。

ただ上下にスワイプすると、もともと密着感の少ないイヤホンがかなり動いてしまうので実用性としてはどうなんだろう、とまだまだ荒削りに感じる部分はありますが…。

ユーザー目線に立って、どういう工夫をすればもっと便利で快適になるか、というのをとことん追求した結果が「SoundLiberty S10 Pro」という製品しての形になって表れていると感じています。

TaoTronicsは2020年に「SoundLiberty 97」という化け物級の完全ワイヤレスイヤホンを出したのは記憶に新しく、今ノリにノっているメーカーですので、今後も革新的な製品を世に送り出してくれることを期待しています。

TaoTronics SoundLiberty S10 Proの同梱物

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」の外箱は、白と鮮やかなオレンジ色のスタイリッシュなデザインです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 同梱物
TT-BH080の同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB Type-A to Cケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書

付属のUSB Type-A to Cのケーブルの長さは約16 cmです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro USBケーブル

TaoTronics SoundLiberty S10 Proのスペック

TaoTronicsの「SoundLiberty S10 Pro」は、充電ケースが付いたELEVOC AIノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名TaoTronics SoundLiberty S10 Pro
型番TT-BH080
本体サイズ(イヤホン)46 × 18 × 20 (mm)
本体サイズ(充電ケース)58 × 51 × 23 (mm)
重量(イヤホン)4.5 g(合計9 g)
重量(充電ケース)39 g
Bluetooth ver.5.0
防水規格IPX7(イヤホンのみ)
プロファイルA2DP/AVRCP/HFP/HSP
対応コーデックSBC/AAC/apt-X
連続再生時間約4時間
合計再生時間約20時間
通信距離約10 m
ボタン仕様タッチセンサー式
ドライバー12mm大口径HiFiダイナミックドライバー
ノイズキャンセリングELEVOC AIノイズキャンセリング

外観

充電ケースの外装は白くマットな質感で、コロンと丸みを帯びていて卵を想像させるデザインです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電ケース

底面にあるUSB Type-Cの入力ポートは充電用。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro USBポート

付属のUSB Type-A to Cケーブルを接続して充電できます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電

充電ケースの正面には白く光るインジケーターがあります。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro インジケーター
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

充電中はインジケーターが点滅します。

充電ケースを開けると、イヤホンが台座に置かれています。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン台座

イヤホンを台座から取り外してみたところ。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電ケース中身

フタの裏側には充電ケースの仕様が記載されています。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 製品の仕様
記載の仕様

CHARGER FOR TWS EARBUDS

Model:TT-BH080

Input:5V 350mA

Output:5V 70mA MAX

Capacity:350mAh/1.295Wh

ここからはイヤホンを見ていきます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン

内側は充電ケースと同じ白で、光沢があります。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン内側

背面はからにかけて輝くグラデーションが特徴的です。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン背面
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

まるでアクセサリーのような、なかなか珍しいデザインのイヤホンです。

左右にドラッグ(スワイプ)することで製品を回転させて見ることができます。

  

サイズ・重量

充電ケースのサイズは58 × 51 mmです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電ケースサイズ

厚さは23 mm

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電ケース厚さ

イヤホンの全長は46 mm、奥行きは18 mmです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホンサイズ

横幅は20 mmでした。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン横幅

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro スマホと比較

手のひらサイズでとてもコンパクトです。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 手のひらサイズ

充電ケースの重さは39 g

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 充電ケース重さ

イヤホンはペアで9 gです(片方4.5 g)。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン重さ

機能

まずは誰もが一番最初にやるペアリングを行いましょう。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

手順は少なくかんたんです♪

充電ケースからイヤホンを取り出します
TaoTronics SoundLiberty S10 Pro イヤホン取り出し
イヤホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
TaoTronics SoundLiberty S10 Pro Bluetooth設定オン
端末の画面に表示される「TAOTRONICS SoundLiberty 80」を選びます

※製品名の「TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」と異なりますのでご注意ください。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 選択
ペアリング完了!
TaoTronics SoundLiberty S10 Pro ペアリング

一度ペアリングを済ませてしまえば、あとは充電ケースから取り出した際に自動的に電源がオンになり、端末にすぐに接続できます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 自動接続

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」は、人体工学に基づくインナーイヤー型のデザインで耳にピッタリとフィットする装着感を実現しています。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro デザイン

ELEVOC AIノイズキャンセリング機能が搭載されており、通話時の音声がクリアに聞こえます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro AIノイズキャンセリング
ELEVOC AIノイズキャンセリングとは

ELEVOC AIノイズキャンセリング」機能は音楽を聴くことには関係ありません。

通話のとき、周辺の雑音がマイクを通じて相手に伝わらないようにする機能です。

高音質の圧縮形式「AAC」と「apt-X」に対応しているので、iPhone、Androidどちらでも遅延なく上質な音楽を楽しめます♪

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro コーデック

自動耳検出機能を搭載しているので、イヤホンの着脱で自動的に音楽を再生・停止してくれます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 自動耳検出機能
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

使ってみるとこの機能は本当に便利だということに気づきます!

気になる電池もち、イヤホンだけなら最大4時間、ケースで充電し直すことで最大16時間の連続再生が可能です。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 電池もち

ちなみに片耳のみで使うこともできます。

片方だけ充電して、もう片方で音楽を聴く、といった使い方もできますね。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 片耳

そしてこの「TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」はタッチコントロールによる音楽操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro タッチコントロール
操作と機能
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 右を上にスワイプ:音量+
  • 右を下にスワイプ:音量-
  • 左を下にスワイプ:進む
  • 左を上にスワイプ:戻る
  • 1タップ:通話応答
  • 2秒間長押し:電話を切る
  • 2秒間長押し:通話拒否
  • 2秒間長押し(ビープ音):音声コントロールオン/オフ
  • 10秒間長押し:ペアリング履歴消去
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

タッチ操作だけでなく、スワイプ操作があるのはかなり珍しい仕様ですね。

また決められたキーワードを発声すれば、声だけで音楽操作が可能です。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 音声コントロール
ボイスコントロール
  • ボイスコントロール開始Hey TTヘイ ティティ
  • 再生Play musicプレイ ミュージック
  • 一時停止Pause musicポーズ ミュージック
  • 音量+Volume upボリューム アップ
  • 音量-Volume downボリューム ダウン
  • 次の曲Next songネクスト ソング
  • 前の曲Previous songプレビアス ソング
  • 電話応答Pick upピックアップ
  • 電話拒否Hang upハングアップ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

ボイスキーワードは英語になっていますが、実は日本語でも操作できることに気づきました!

また、防水性能も兼ね備えています。

等級は「IPX7」、雨天やスポーツ時の汗など気にせず使えます。

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro 防水性能
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

IPX7の防水性能は高く、一定時間水に沈めても壊れません!

注意

防水なのはイヤホンのみで、充電ケースは防水ではありませんのでご注意を!

TaoTronics SoundLiberty S10 Proのレビューまとめ

本記事では「【TaoTronics SoundLiberty S10 Pro レビュー】機能モリモリ!ブルーメタリックが美しい1万円以下で買えるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

見た目良し、機能良しとまさに「Pro」の名にふさわしい仕上がりとなっている本製品。

価格は約9,000円と、リーズナブルなのも嬉しいところ。

1万円以下で買えるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方は、ぜひ「TaoTronics SoundLiberty S10 Pro」をチェックしてみてはいかがでしょうか。