本日限定!Amazonタイムセール開催中

【SwitchBot屋内カメラ レビュー】ナイトビジョンでクリアな映像!シリーズ製品との連携でスマートホーム化できるコンパクトな屋内カメラ

こんにちは、見守りカメラを毎日使っているイツキ(@saigalog)です。

私たち夫婦は子ども達が寝ている夜間、見守りカメラで様子をいつも見ています。

昼間は必要ないのでカメラの電源を切っているのですが、毎日のこととなるとそれなりに面倒に思うことも。

今回レビューする「SwitchBotスイッチボット屋内カメラ」を使えば、同シリーズの人感センサーや開閉センサーをトリガーにして録画開始が可能になります。

ナイトビジョンモードを搭載しているので、夜間や暗い部屋でも鮮明な映像に。

動体を検出すればスマホに通知もしてくれます。

双方向通話にも対応し、相手との会話やペットへの呼びかけもできます。

本記事ではそんな便利でスマートホームに最適な「SwitchBot屋内カメラ」について詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SwitchBot屋内カメラの同梱物

SwitchBot屋内カメラ」の外箱は、白基調で製品の写真がわかりやすくプリントされています。

SwitchBot屋内カメラ 外箱

裏面には他のSwitchBotシリーズを併用して使う例が載っています。

SwitchBot屋内カメラ 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SwitchBot屋内カメラ 同梱物
SwitchBot屋内カメラの同梱物
  • SwitchBot屋内カメラ本体
  • 台座
  • 両面テープ × 2
  • 取付けネジ × 3
  • USB Type-A to Micro USBケーブル
  • アダプター
  • 取扱説明書

USB Type-A to Micro USBケーブルの長さは約200 cmです。

SwitchBot屋内カメラ USB Type-A to Micro USBケーブル

アダプターはUSB Type-Aポートに対応しており、側面には仕様が記載されています。

記載の仕様

KA06E-0501000JP

入力:100-240V ~50/60Hz, 0.25A Max

出力:5V 1000mA

取付ネジ両面テープを使って壁などに固定します。

SwitchBot屋内カメラのスペック

SwitchBot屋内カメラ」はナイトビジョンモードを搭載し、写真や動画の撮影や動体検出にも対応した屋内カメラです。

SwitchBot屋内カメラ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SwitchBot屋内カメラ
本体サイズ59 × 59 × 34 (mm)
台座直径:45 mm
台座装着時高さ:61 mm、85 mm
重さ71 g
型番W1301200
電源5V 1A
作動温度-15~45℃
作動湿度≤95%RH
解像度1080p
最大検知距離9メートル
最大感知角度水平方向107°、垂直方向57°
視野角130°
音声入力/出力内蔵マイク/スピーカーあり
ローカルストレージmicroSDカード(最大容量128GB)

外観

SwitchBot屋内カメラ」の本体は白基調で、レンズ部は黒のツートーンカラーです。

SwitchBot屋内カメラ 外観
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

レンズの上には表示ランプ、下にはマイクがあります。

表示ランプの意味
  • で点灯:デバイスがオンライン
  • で遅く点滅:Wi-Fiルーターに接続中
  • で速く点滅:デバイスとペアリング中
  • で点灯:デバイスが起動中
  • で点滅:ネットワークペアリング中
  • で遅い点滅:ファームウェアアップデート中/ネットワーク接続に異常発生
  • で速い点滅:デバイスとのペアリングに失敗

側面にはmicroSDカードスロットがあります。

SwitchBot屋内カメラ microSDカードスロット
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

microSDカードは最大128GBまでの容量に対応しています。

底面には製品の仕様と、中央には台座の取付スロットがあります。

SwitchBot屋内カメラ 底面

背面にはリセットボタンスピーカー、電源用のMicro USBポート台座の取付スロットがあります。

SwitchBot屋内カメラ 背面

台座は本体と同じく白一色の円錐状で、底面には滑り止め用のゴムが貼られています。

台座を本体底面に取り付けるとこんな感じで、角度や向きの調整ができます。

本体背面にも同じように台座を取り付けることができ、角度や向きを変えられます。

台座の底面にはマグネットが入っているので、このように金属面に貼り付けることができます。

SwitchBot屋内カメラ マグネット

USBケーブルを電源に接続して使います。

SwitchBot屋内カメラ 電源接続

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

SwitchBot屋内カメラ」のサイズは59 × 59 mmです。

SwitchBot屋内カメラ サイズ

厚さは34 mm

SwitchBot屋内カメラ 厚さ

台座の直径は45 mm

SwitchBot屋内カメラ 台座直径

台座装着時の最大高さはそれぞれ以下になります。

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SwitchBot屋内カメラ スマホと比較

手のひらサイズでとてもコンパクトです。

SwitchBot屋内カメラ 手のひらサイズ

重さは71 g(台座込)でした。

SwitchBot屋内カメラ 重さ

機能

他のSwitchBot製品と同じように「SwitchBot」アプリに登録して使います。

スマホアプリ「SwitchBot」をインストールします
SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

「デバイスの追加」から「屋内カメラ」をタップします
SwitchBot屋内カメラ デバイスの追加
「SwitchBot屋内カメラ」を電源に接続し、LED表示ランプが赤く点滅するのを待ちます
SwitchBot屋内カメラ 表示ランプ点滅
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot屋内カメラ 屋内カメラ追加
接続するWi-Fi情報を入力して「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot屋内カメラ Wi-Fi設定
QRコードが表示されるので「SwitchBot屋内カメラ」を向けてスキャンし、ビープ音が鳴ったら「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot屋内カメラ QRコード
Wi-Fi接続中画面が表示されるので変わるまで待ちます
SwitchBot屋内カメラ Wi-Fi接続中
名称の入力とルームを選択して「保存」ボタンをタップします
SwitchBot屋内カメラ デバイス名入力
「はじめる」ボタンをタップします
SwitchBot屋内カメラ 屋内カメラ追加
ホーム画面に設定した「SwitchBot屋内カメラ」が追加されているのでタップします
SwitchBot屋内カメラ ホーム画面
カメラの映像が表示されたらセットアップ完了です
SwitchBot屋内カメラ カメラ映像

アプリには5つのメニューがあります。

SwitchBot屋内カメラ メニュー
アプリのメニュー

左から順に…

  • 表示向き回転
  • 写真撮影
  • 通話
  • 動画撮影
  • メニュー展開

メニュー展開するとさらに細かい設定などが行なえます。

SwitchBot屋内カメラ 設定

明るい昼間と暗い夜間で、カメラを置いている子供部屋をそれぞれ撮影してみました。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

暗くなると自動でナイトビジョンモードになり、映像がより鮮明に見えるようになります。

動体を検出するとこのようにスマホに通知が来ます。

SwitchBot屋内カメラ スマホ通知

またスマートスピーカーにも対応しているので、「Amazon Echo Show」シリーズのように画面が付いていれば「SwitchBot屋内カメラ」の映像を表示できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

アレクサ、屋内カメラを見せて。

SwitchBot屋内カメラ Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 5レビューはこちら 【Amazon Echo Show 5 レビュー】5.5インチスクリーンが付いて音楽再生も便利なコスパ最強のスマートスピーカー

双方向通話に対応しているので、ペットへの呼びかけや子どもと会話することができます。

SwitchBot屋内カメラ 双方向通話

設定ではプライバシーモードオフライン通知など、各種細かい設定や確認が行なえます。

設定メニュー
  • プライバシーモード
  • オフライン通知
  • ナイトビジョン
  • クラウドストレージ
  • 動体検出
  • ストレージ設定
  • 詳細設定
  • クラウドサービス
  • ファームウェアバージョン
  • よくあるご質問
  • デバイス情報
  • NFC

SwitchBot屋内カメラ」の見守りカメラとしての機能は他社製品と比べても充分ですが、一番の強みは他のSwitchBotシリーズの製品と連携できることです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

別記事でレビューしている「SwitchBot人感センサー」や「SwitchBot開閉センサー」をトリガーにして動作させることができます!

SwitchBot屋内カメラのレビューまとめ

本記事では「【SwitchBot屋内カメラ レビュー】ナイトビジョンでクリアな映像!シリーズ製品との連携でスマートホーム化できるコンパクトな屋内カメラ」について書きました。

機能が豊富な上、価格も3,000円前後とリーズナブルな本製品。

特にもとから他のSwitchBotシリーズの製品を使っているご家庭では、導入しやすいのも「SwitchBot屋内カメラ」の嬉しい点です。

防犯用の屋内カメラが欲しい方、子どもやペットを見守る手ごろなカメラを検討している方はぜひ「SwitchBot屋内カメラ」をチェックしてみてはいかがでしょうか。