本日限定!Amazonタイムセール開催中

【SwitchBotプラグ レビュー】古い家電もIoT化!遠隔操作やスケジュール設定が便利でコンパクトなスマートプラグ

こんにちは、家中の家電のIoT化を推し進めているイツキ(@saigalog)です。

最近の家電やガジェットは元からWi-Fi接続機能が搭載されていることが多くなってきましたが、IoT”なんていう言葉が一般化する前の製品は当然ながら対応していません

特に照明器具はスマート電球にする以外に方法がないように思いがちですが、これを根本からIoT化してしまおうというのが今回レビューする「SwitchBotスイッチボットプラグ」。

設置はかんたん、コンセントとプラグの間に「SwitchBotプラグ」を挟むだけ。

専用のスマホアプリで手順に沿って設定すれば、あっという間に手持ちの家電のIoT化が完了します。

またアレクサやGoogleアシスタントといったAIスマートスピーカーと連携すれば、声による操作で電源のON/OFFが可能に。

本記事ではそんな便利でコンパクトなスマートプラグ「SwitchBotプラグ」について、実際の使用例もあわせて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SwitchBotプラグの同梱物

SwitchBotプラグ」の外箱は、白を基調としたシンプルなデザインです。

SwitchBotプラグ 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

SwitchBotプラグ 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SwitchBotプラグ 同梱物
SwitchBotプラグの同梱物
  • SwitchBotプラグ本体
  • 取扱説明書

SwitchBotプラグのスペック

SwitchBotプラグ」は、遠隔操作やスケジュール設定など様々な機能をカンタンに使えるスマートWi-Fiプラグです。

SwitchBotプラグ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SwitchBotプラグ
本体サイズ30 × 76 × 38 (mm)
重さ64 g
電源入力100V~120V AC,50/60Hz
定格電力1500W
Wi-Fi802.11 b/g/n(2.4 GHz)

外観

SwitchBotプラグ」の外観は白一色で、マットな質感になっています。

SwitchBotプラグ 外観

各機器のプラグをスマートプラグのコンセント(穴)に挿して使います。

SwitchBotプラグ 正面

正面右側には電源ボタンがあり、その周りには様々な状態を示すLED表示灯があります。

SwitchBotプラグ 電源ボタン
LED表示灯の意味
  • 赤色青色点灯(:電源ON・インターネットに接続完了
  • 赤色点灯・青色点滅:電源ON・インターネットに接続中
  • 青色点灯:電源OFF・インターネットに接続完了
  • 青色点滅:電源OFF・インターネットに接続中
  • 赤色点灯:電源ON・インターネットに接続中
  • 消灯:電源OFF・インターネットに接続中

上から見るとこんな感じ。

SwitchBotプラグ 上から見たところ

側面には製品の仕様注意事項が記載されています。

SwitchBotプラグ 製品の仕様
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

使用できない機器についても書かれているのでよく読んでおきましょう!

実際にコンセントに挿してみるとこんな感じです。

SwitchBotプラグ コンセント

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

SwitchBotプラグ」のサイズは30 × 76 mmです。

SwitchBotプラグ サイズ

奥行きは38 mm

SwitchBotプラグ 奥行き

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SwitchBotプラグ スマホと比較

手に持つと小ささがよくわかります。

SwitchBotプラグ 手に持ったところ

重さは64 gでした。

SwitchBotプラグ 重さ

機能

他のSwitchBot製品と同じように「SwitchBot」アプリに登録して使います。

スマホアプリ「SwitchBot」をインストールします
SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

「デバイスの追加」から「プラグ」をタップします
SwitchBotプラグ デバイスの追加
「OK」ボタンをタップします
SwitchBotプラグ プラグの追加
LED表示灯が青く点滅するまで電源ボタンを長押しします
SwitchBotプラグ LED点滅
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotプラグ 電源ボタン長押し
スマホのWi-Fi設定画面を開き「SwitchBot-XXXX」をタップして接続します
SwitchBotプラグ Wi-Fi設定画面
「接続」ボタンをタップします
SwitchBotプラグ Wi-Fi接続
デバイス名とWi-Fi接続情報を入力し「OK」ボタンをタップします
SwitchBotプラグ デバイス名
ホーム画面に設定した「SwitchBotプラグ」が追加されていたら完了です
SwitchBotプラグ ホーム画面

プラグ設定では各メニューからスケジュールや遅延実行の設定、各種情報の確認ができます。

SwitchBotプラグ プラグ設定
プラグ設定
  • スケジュール
  • 遅延実行
  • 消費電力量(kWh)
  • クラウドサービス
  • 履歴
  • ファームウェアバージョン
  • よくあるご質問
  • デバイス情報

スケジュールではON/OFFの時刻や曜日を設定できます。

SwitchBotプラグ スケジュール

遅延実行を設定することもできます。

SwitchBotプラグ 遅延実行

消費電力量も確認できるので、省エネ対策としても有効です。

SwitchBotプラグ 消費電力量

これまでの実行履歴を確認できるので、防犯対策にも使えます。

SwitchBotプラグ 履歴

ファームウェアバージョンデバイス情報も確認できます。

NFCにも対応しているので、iPhoneなどのスマホと連携してタッチするだけで動かすこともできます。

SwitchBotプラグ NFC

スマートスピーカーと連携する場合はAmazon Alexaのアプリ上でグループ分けすることで、一括で操作することができるようになります。

SwitchBotプラグ Alexa

Amazon AlexaやGoogleアシスタントといった音声アシスタントにも対応しているので、「Amazon Echo Show 5」のようなスマートスピーカーと連携して声で操作することができます。

Amazon Echo Show 5レビューはこちら 【Amazon Echo Show 5 レビュー】5.5インチスクリーンが付いて音楽再生も便利なコスパ最強のスマートスピーカー

TP-Link Tapo P105との比較

“スマートプラグ”の競合の製品であるTP-Linkの「Tapo P105」と比較してみました。

SwitchBotプラグ 比較

迷うのは「結局どれを買ったらいいのか?」というところですよね。

そこでそれぞれ何が違うのか、わかりやすく以下の表にまとめてみました。

モバイルは左スライドで全表示
SwitchBotプラグTP-Link Tapo P105
サイズ30 × 76 × 38 (mm)33 × 60 × 37 (mm)
重さ64 g51 g
価格(2021年10月時点)約1,780円約990円
対応アプリSwitchBotTP-Link Tapo
Amazon Alexa対応
Googleアシスタント対応
極性プラグ

まずサイズですが「SwitchBotプラグ」のほうがやや大きいものの、どちらも元々がコンパクトなのでそこまで大きな差を感じることはありません

重さについても「SwitchBotプラグ」のほうが13 g重くはありますが、基本的にはコンセントに挿すものなので日常使いで意識する場面は少ないと思います。

一番大きな違いとして挙げられるのが「TP-Link Tapo P105」が極性プラグであることです。

SwitchBotプラグ 極性プラグ
「Tapo P105」は片方がN相という中性線で厚みがある

写真のとおりプラグの片方がN相という中性線で厚みがあるため、対応しているコンセントにしか挿せません

壁にあるような一般的なコンセントには問題なく使えますが、電源タップや延長コードなどでは使えないケースが多くあります。

一方で「SwitchBotプラグ」は極性プラグではないため、どのようなコンセントでも問題なく使えます。

上記を踏まえてまとめると、それぞれの製品を選ぶ基準は以下のようになります。

SwitchBotプラグがおすすめの人
  • 自宅のスマートホーム化にSwitchBot製品を多く使っている
  • 電源タップや延長コードなど場所を選ばずどこでもスマートプラグを使いたい
Tapo P105がおすすめの人
  • 安さを求める
  • よりコンパクト&軽量がいい
  • 自宅のスマートホーム化にTP-Link Tapo製品を多く使っている
  • スマートプラグを挿すのは壁コンセントなど極性プラグに対応しているところのみである
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

どちらの製品も一長一短な部分があるので、ご自分にとってより理想に近いものを選んでみてください!

TP-Link Tapo P105レビューはこちら 【Tapo P105 レビュー】遠隔操作やスケジュール設定ができるミニスマートWi-Fiプラグ

SwitchBotプラグのレビューまとめ

本記事では「【SwitchBotプラグ レビュー】古い家電もIoT化!遠隔操作やスケジュール設定が便利でコンパクトなスマートプラグ」について書きました。

価格は1,800円前後と他社製品と比べると少し高めではありますが、“極性プラグ”というクセがないためどんな場所でも使いやすいのが嬉しい点です。

また基本的には電源のON/OFF操作のみしかできないので、メインの用途としては構造が単純な照明器具などに組み合わせることが多くなると思います。

照明器具にはいわゆる“名作”と呼ばれるものが多く、それを最先端のデバイス「SwitchBotプラグ」を使ってIoT化したいという方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。