本日限定!Amazonタイムセール開催中

【金子眼鏡 KJ-25 レビュー】熟練の職人が1つずつ手作りしているべっ甲柄のアセテートとチタニウムが美しい組木のようなメガネフレーム

こんにちは、メガネ歴20有余年のイツキ(@saigalog)です。

大人になってから「自分の身に付けるものは妥協したくない」と考えるようになり、長年の相棒でもある“メガネ”をちょっとイイモノのしようと思い立ち。

日本のメガネメーカーとして名高い「金子眼鏡かねこがんきょう」を選ぶことにしました。

今回レビューする「KJ-25」は、種類豊富な金子眼鏡の中でも特に美しく、最先端のテクノロジーが詰まったメガネフレームです。

またレンズには光学機器メーカーとして有名な「Nikonニコン」「Carl Zeissカールツァイス」のものを選べ、これまでにないクリアな視界を手に入れることができます。

本記事ではそんなメガネフレーム「KJ-25」と、金子眼鏡で選べるレンズの詳細について詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

超音波洗浄器」があれば、自宅で手軽にお気に入りのメガネをメンテナンスできます♪

CITIZEN 超音波洗浄器 SWT710レビューはこちら 【CITIZEN 超音波洗浄器 SWT710 レビュー】2つの振動子で強力洗浄、5段階タイマーが付いた超音波洗浄器

金子眼鏡 KJ-25の同梱物

金子眼鏡 KJ-25」は、シンプルながら雰囲気のあるオシャレな紙袋に入れて渡されます。

金子眼鏡 KJ-25 紙袋

中には桐箱があり、その中にメガネケースが収められています。

同梱物として以下のものが入っています。

KJ-25の同梱物
  • KJ-25本体
  • メガネケース
  • メガネ拭き
  • レンズ(Carl Zeiss)冊子

メガネケースは革製で手になじむ高級感のある質感です。

金子眼鏡 KJ-25 メガネケース
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ブラウンブラックの2色から選べます。

金子眼鏡 KJ-25のスペック

金子眼鏡の「KJ-25」は、熟練の職人が1つずつ手作りしているべっ甲柄のアセテートとチタニウムが美しい組木のようなメガネフレームです。

金子眼鏡 KJ-25

カラーバリエーションは今回レビューしている「RDDE」をあわせて全6種類

金子眼鏡 KJ-25 カラーバリエーション
KJ-25のカラバリ
  • BKM
  • BKGP
  • RDDE
  • KHSH
  • BLH
  • GYS

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名金子眼鏡 KJ-25
本体サイズ135 × 145 × 44 (mm)
重さ約21 g
素材アセテート、チタニウム

外観

金子眼鏡 KJ-25」の外観はべっ甲柄で透きとおるとアセテートと、金色に光るチタニウムが特徴的です。

光が当たると眩しいくらいにチタニウムのフレームが輝きます。

透明なレンズとの親和性が高く一体感があります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

レンズの端っこの方に透かしのマークが入っているのがわかると思います。

真上から見るとこんな感じ。

内側から見たところ。

金子眼鏡 KJ-25 内側

パッド(鼻あて)にはピュアチタンが使われているので、金属アレルギーを起こしにくく、すぐに体温になじみます。

左右のテンプル(つる)の内側には、それぞれ

  • KANEKO OPTICAL JAPAN
  • KJ-25 RDDE 47□22-145 PURE TITANIUM

と刻印されています。

サイズ・重量

金子眼鏡 KJ-25」の智(ヨロイ)から智までの長さは135 mm、テンプル(つる)の長さは145 mmです。

金子眼鏡 KJ-25 サイズ

高さは44 mm

金子眼鏡 KJ-25 高さ

手に持ってみるとこんな感じ。

金子眼鏡 KJ-25 手に持ったところ

重さは21 gでした。

金子眼鏡 KJ-25 重さ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

重さはつけるレンズによって多少前後します。

金子眼鏡のレンズの種類

金子眼鏡で選べるレンズを紹介します。

金子眼鏡 KJ-25 レンズの種類
LENS PRICE LIST(1組)
モバイルは左スライドで全表示
標準レンズ(1.60)薄型レンズ(1.67)超薄型レンズ(1.74)
Carl Zeiss 非球面15,400円18,700円26,400円
Carl Zeiss 非球面
Blue Protect
18,700円22,000円29,700円
Nikon 両面非球面26,400円29,700円38,500円
Carl Zeiss Single Vision Superb39,600円46,200円52,800円
Carl Zeiss Single Vision Indivdual56,100円62,700円69,300円
防キズ・撥水コート8,800円12,100円15,400円
特殊加工外径指定・厚み指定・カーブ指定/プリズム・偏心加工/在庫範囲外:各3,300円
製作範囲外:6,600円
サングラス特殊加工カラー染色:3,300円
見本カラー染色:6,600円
裏面マルチ:4,400円
ライトミラー:9,900円
ZEISSは裏面マルチ・ライトミラー対応不可
調光加工13,200円(Single Vision Superb/Single Vision Individual 1.60 1.67のみ)
偏光加工13,200円(Single Vision Superb/Single Vision Individual 1.60 1.67のみ)
ブループロテクト4,400円(Duravision Platinum Blue Protect)
ブルーカットカラー青色光をカットし目の疲労を軽減するブルーカットカラー染色(NIKONフィルターカラー/TOKAIファインカラー):3,300円
MEMO

上記のレンズ、および各価格については2019年10月時点のものです。

最新の情報は公式サイト、および実店舗などでご確認ください。

たくさん種類があるように見えますが、大きくわけて3つ

  1. 日本の光学機器メーカー「Nikon
  2. ドイツの光学機器メーカー「Carl Zeiss
  3. エコノミー非球面レンズ(メーカー不明)

Nikon」のものは「両面非球面」のものを取り扱っており、「標準」「薄型」「超薄型」の3種類で薄くなるごとに高額になっていきます。

Carl Zeiss」のものは取り扱い豊富で、それぞれ以下のレンズが「標準」「薄型」「超薄型」の3種類で取りそろえられています。

Carl Zeissレンズの種類

非球面」はレンズ面がフラットになり、より薄く歪みが少ないレンズです。

Blue Protect」は、名前のとおりブルーライトをカットするレンズになります。

Single Vision Superb」「Single Vision Individual」の特徴や詳細は、Carl Zeissの公式サイトに記載されていますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

スタッフの方にメーカー別のレンズの違いをざっくりと教えてもらいましたので、迷ったら参考にしてみてください!

各メーカーの違い
  • Nikonのレンズ:見栄え重視、つまりレンズがより薄くなる
  • Carl Zeissのレンズ:性能重視、視界がクリアでとにかく見やすい

金子眼鏡の購入・受取の流れ

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ここからは私が金子眼鏡の実店舗で「KJ-25」を買ったときと、受け取りまでの流れを紹介します。

金子眼鏡を取り扱っている店舗に入店します
金子眼鏡 KJ-25 店舗
フレームを選び、スタッフの方に伝えます
金子眼鏡 KJ-25 フレーム
購入に必要な個人情報を用紙に記入します
金子眼鏡 KJ-25 用紙に記入
視力検査をします

※現在使っているメガネと同じにする場合は不要です。

金子眼鏡 KJ-25 視力検査
※イメージ
レンズを選びます
金子眼鏡 KJ-25 レンズを選ぶ
顔写真を正面と斜めから1枚ずつ撮影します

※「カスタムメイド内面設計」「フルオーダーメイド内面設計」のレンズを選んだ場合のみです。

金子眼鏡 KJ-25 顔写真
※イメージ
お引き換えカードを受け取ります
金子眼鏡 KJ-25 お引き換えカード
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

注文からメガネが完成するまで約1週間ほどかかります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

そして待ちわびた1週間後!

注文した店舗に入店します
金子眼鏡 KJ-25 店舗
お引き換えカードをスタッフの方に渡します
金子眼鏡 KJ-25 お引き換えカード
完成したメガネをかけて使用感を確かめます
金子眼鏡 KJ-25 メガネ完成
問題なければ梱包されたメガネを受け取ります
金子眼鏡 KJ-25 紙袋
代金を支払います
金子眼鏡 KJ-25 代金支払い

金子眼鏡の購入と受け取りについては、他のメガネ店と比べても特に変わったところはありませんでした。

完成したメガネを実際に使ってみてどうしても気になるところや、あわないということがあれば3ヶ月間の保証があるため、その期間内ならレンズを交換することが可能です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

私のように「普通の買い物と違って少し緊張する…」という方は上記を参考にして、事前にシミュレーションしてみることをおすすめします!笑

金子眼鏡 KJ-25のレビューまとめ

本記事では「【金子眼鏡 KJ-25 レビュー】熟練の職人が1つずつ手作りしているべっ甲柄のアセテートとチタニウムが美しい組木のようなメガネフレーム」について書きました。

今回私が選んだフレーム「KJ-25」は46,200円、Carl Zeissのレンズが52,800円

合計額は99,000円となり、決して安い買い物ではありません。

しかし自分の気に入ったメガネを妥協せず選ぶと、その金額以上の満足感と快適な使用感を得られることを強く実感しています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

これまでは格安(5,000~10,000円)くらいのメガネを使ってきましたが、やっぱりレベルが違います!

最近外に出る機会が減り、家でメガネをかける時間が増えたという方はぜひ金子眼鏡でお気に入りのフレームとレンズを見つけて、快適なメガネ生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。