本日限定!Amazonタイムセール開催中

【SwitchBotキーパッドタッチ レビュー】スマートロックに欠かせない!アプリ&パスコード&NFCカードと指紋認証にも対応したSwitchBotロック専用キーパッド

こんにちは、スマートロックを導入してから玄関の快適さが爆上げしたイツキ(@saigalog)です。

いまやスマートロックと言えば、数あるスマートホーム化の中でも代表的なものになってきました。

スマートホーム家電・ガジェットの第一人者でもあるSwitchBotスイッチボットのスマートロック「SwitchBotロック」は界隈でも有名ですが、超便利なオプション品が別売りで販売されています。

それが今回レビューする「SwitchBotキーパッドタッチ」。

アプリでの施錠/解錠はもちろん、パスコードNFCカードを登録すればキー入力やカードをかざすだけで解錠できるようになります。

そして何と言っても一番の特徴は“指紋認証”機能

任意の指紋を登録しておけば、検知エリアに乗せるだけでロックを解錠できるようになります。

本記事ではコンパクトで防水防塵性能が高くどこにでも設置しやすい「SwitchBotキーパッドタッチ」について、実際の使用例もあわせて詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

念のため…「SwitchBotキーパッドタッチ」は同社の「SwitchBotロック」がないと動作しませんので、購入前にその点ご注意ください。

SwitchBotロックレビューはこちら 【SwitchBotロック レビュー】玄関の鍵をIoT化!アプリはもちろんNFCタグや遠隔操作、自動施錠にも対応し音声操作も可能なスマートロック
メリット
デメリット
  • コンパクトで自由な場所に設置できる
  • 押しやすいボタン&暗くても見やすいバックライト搭載
  • 工事要らずのカンタン設置&セットアップ
  • アプリ、パスコード、NFCカード、指紋認証による施錠/解錠に対応
  • Alexaなどのスマートスピーカーで音声操作も可能
  • 特になし
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SwitchBotキーパッドタッチの同梱物

SwitchBotキーパッドタッチ」の外箱は、白を基調としたシンプルなデザインです。

SwitchBotキーパッドタッチ 外箱

裏面には製品の特徴や仕様が記載されています。

SwitchBotキーパッドタッチ 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SwitchBotキーパッドタッチ 同梱物
SwitchBotキーパッドタッチの同梱物
  • キーパッドタッチ本体
  • 取付金具
  • 型紙シール
  • 両面テープ
  • 電池 × 2
  • クリーニングティッシュ
  • 取り外しピン
  • SwitchBotカード
  • ネジ × 2
  • 拡張ボルト × 2
  • ゴムリング × 2
  • フックセパレーター
  • 取扱説明書

取付金具は「SwitchBotキーパッドタッチ」の背面に取り付けて使います。

型紙シールは「SwitchBotキーパッドタッチ」をネジで固定する際、設置位置を決めるときに使います。

SwitchBotキーパッドタッチ 型紙シール

両面テープは「SwitchBotキーパッドタッチ」を壁面などに両面テープで固定するときに使います。


リチウム電池CR123A
が2本付属しています。

SwitchBotキーパッドタッチ 電池

クリーニングティッシュを使って「SwitchBotキーパッドタッチ」を貼り付ける面を掃除します。

SwitchBotキーパッドタッチ クリーニングティッシュ

取り外しピンは「SwitchBotキーパッドタッチ」を取付金具から外すときに使います。

かざすだけで解錠できるSwitchBotカードは、一般的なクレジットカードなどと同じサイズとなっています。

SwitchBotキーパッドタッチ SwitchBotカード

ネジと拡張ボルトは「SwitchBotキーパッドタッチ」を壁面にネジで固定するときに使います。

SwitchBotキーパッドタッチ ネジ

ゴムリングは取付金具と壁面の間にはさむ緩衝材として使います。

SwitchBotキーパッドタッチ ゴムリング

フックセパレーターは電池フタを外すときに使います。

SwitchBotキーパッドタッチ フックセパレーター

SwitchBotキーパッドタッチのスペック

SwitchBotキーパッドタッチ」はアプリやパスコード、指紋認証やNFCカードに対応し音声操作でも施錠・解錠できるIoTキーパッドです。

SwitchBotキーパッドタッチ

主な特徴は以下の6つ。

SwitchBotキーパッドタッチ 特徴
  • AES-128暗号化
  • 取付簡単
  • 最大100個指紋データ登録可能
  • 最大100個パスワードサポート
  • 最大100枚カード登録可能
  • 動作環境-25~66℃
    10~90%RH(結露なし)

バリエーションは今回レビューしている「SwitchBotキーパッドタッチ」とあわせて全2種類。

SwitchBotキーパッドタッチ バリエーション
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

SwitchBotキーパッド」は指紋認証での解錠ができない分、お安く手に入れることができます。

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SwitchBotキーパッドタッチ
本体サイズ111 × 38 × 35 (mm)
重さ61 g(電池 × 2:36 g)
素材PC+ABS
電池CR123A電池 × 2
電池寿命約2年
使用環境屋内外
対応OSiOS 11.0以降、Android 5.0以降
通信方式Bluetooth Low Energy
保護等級IP65

外観

SwitchBotキーパッドタッチ」の外観は、黒を基調としたマットな質感です。

SwitchBotキーパッドタッチ 外観

本体上部には色や点滅で状態を示すLED表示ランプがあります。

SwitchBotキーパッドタッチ 表示ランプ
モバイルは左スライドで全表示
LED表示ランプ・サウンド状態デバイス状態
表示ランプが緑色に早い点滅デバイス追加の準備ができた
表示ランプが緑色に遅い点滅→消灯ファームウェアがアップデート中→完了
スリープ解除後低電力警告が点灯、ブザーが2回鳴る低電力警告
解錠アイコンが点灯、ブザーが1回鳴る解錠成功
施錠アイコンが点灯、ブザーが1回鳴る施錠成功
表示ランプが赤色に2回点滅、ブザーが2回鳴る解錠/施錠失敗
解錠/施錠アイコンと赤い表示ランプが同時に1回点滅、ブザーが2回鳴るロックに接続失敗
赤い表示ランプとバックライトが同時に2回点滅、ブザーが2回鳴る5回連続でパスコードを間違って入力した
赤い表示ランプとバックライトが同時に連続点滅、ブザーが鳴り続く取り外しアラート

本体下部には「SwitchBotキーパッドタッチ」の最大の特徴でもある指紋検知エリアがあります。

SwitchBotキーパッドタッチ 指紋検知エリア

各部の細かい名称や説明は以下の図にまとまっています。

SwitchBotキーパッドタッチ 各部

キーパッドにはバックライトがあり、操作時に薄緑色に点灯します。

SwitchBotキーパッドタッチ バックライト

側面はこんな感じ。

底面には製品の仕様や各種マークが記載されています。

SwitchBotキーパッドタッチ ラベル

背面はこんな感じ。

SwitchBotキーパッドタッチ 背面

フックセパレーターを使って電池フタを外します。

電池CR123Aを2本入れます。

サイズ・重量

SwitchBotキーパッドタッチ」のサイズは111 × 38 mmです。

SwitchBotキーパッドタッチ サイズ

厚さは35 mm

SwitchBotキーパッドタッチ 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SwitchBotキーパッドタッチ スマホと比較

コンパクトなので設置場所が限定されません。

SwitchBotキーパッドタッチ コンパクト

重さは本体が61 g、電池2本が36 gで合計97 gでした。

機能

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ここからは「SwitchBotキーパッドタッチ」の設置やセッティングの手順を具体的に説明していきます。

SwitchBotキーパッドタッチを貼り付ける場所を水拭きして掃除し、乾燥するまで待ちます

※ここでは両面テープで固定する方法をご紹介します。

SwitchBotキーパッドタッチ 水拭き
取付金具に両面テープを貼り付けます
SwitchBotキーパッドタッチ 金具
取付金具を「SwitchBotキーパッドタッチ」の背面に取り付けます
SwitchBotキーパッドタッチ 背面に取り付け
両面テープのシールを剥がし、壁面などに押し付けて固定します
SwitchBotキーパッドタッチ 貼り付け
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ここからはスマホアプリ「SwitchBot」でセッティングする手順です。

注意

別売りの「SwitchBotロック」が既に設置、設定されている前提の手順となりますのでご注意ください。

アプリをインストールします

ここではiPhone(iOS)を例にして説明しています。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

右上の「+」マークをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ ホーム
検出された「キーパッドタッチ」をタップします
SwitchBotキーパッドタッチ デバイスを追加
画面の指示に従い「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ 追加
名称を入力、ルームを選択し「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ 追加
登録するロックを選択し「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ 登録
画面に表示されたテスト用パスコードを実際に入力します
SwitchBotキーパッドタッチ テスト用パスコード
取付方法を選択し「次へ」ボタンをタップします

※ここでは両面テープで固定する方法を紹介します。

SwitchBotキーパッドタッチ 取付方法
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ テープで固定
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBotキーパッドタッチ テープで固定
ホーム画面にセットアップした「SwitchBotキーパッドタッチ」が表示されたら完了です
SwitchBotキーパッドタッチ ホーム

パスコードは常に有効、期間内に有効など4種類の中から選んで作成できます。

パスコードを入力し、名前を入力するだけでカンタンに設定できます。

指紋は常に有効、期間内に有効など3種類の中から選んで作成できます。

指紋を4回スキャンし、名前を登録するだけでカンタンに追加できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

複数の指紋を登録できるので、家族全員が指紋だけでロックを解除できるようになります。

NFCカードは、常に有効と期間内に有効の2種類から選んで作成できます。

実際にNFCカードを検知エリアにかざして、名前を入力すれば登録完了です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ちなみに別売りの「SwitchBotタグ」などのNFCタグでは、NFCカードのようにかざして施錠・解錠はできませんのでご注意ください。

その他、設定画面では施錠ボタンの設定キーパッドの無効化など様々な設定の確認や変更が行なえます。

SwitchBotキーパッドタッチ 設定

情報編集では名称やルームの変更ができます。

SwitchBotキーパッドタッチ 情報を編集

施錠ボタン設定では有効/無効の切り替えや、ドアが閉まった後にボタンが有効な時間を設定できます。

SwitchBotキーパッドタッチ 施錠ボタン設定

キーパッドの無効化は名前のとおり、キーパッドの操作やNFCカードでの解錠ができなくなります。

SwitchBotキーパッドタッチ キーパッドの無効化

取り外しアラートでは「SwitchBotキーパッドタッチ」が取付金具から取り外されたときのアラートに関する設定が行なえます。

SwitchBotキーパッドタッチ 取り外しアラート

バックライトのON/OFFサウンドのON/OFFを切り替えることができます。

SwitchBotキーパッドタッチ バックライト&サウンド

登録した「SwitchBotロック」の確認や登録解除の操作ができます。

実際に「SwitchBotキーパッドタッチ」で「SwitchBotロック」を施錠/解錠している様子を動画にまとめてみました。

防水防塵性能はIP65と高いので、屋外にも設置できます。

SwitchBotキーパッドタッチ 防水・防塵性能
MEMO

防水性能:あらゆる方向からのノズルによる噴流水機器が影響を受けない

防塵性能:塵埃の侵入がない

SwitchBotキーパッドとの違い

同社の「SwitchBotキーパッド」との違いを比較してみました。

SwitchBotキーパッドタッチ 比較

SwitchBotキーパッドタッチ」の最大の特徴でもある指紋検知エリア以外は、特に大きな違いはありません。

SwitchBotキーパッドSwitchBotキーパッドタッチ
本体サイズ111 × 38 × 35 (mm)111 × 38 × 35 (mm)
重さ58 g61 g
指紋検知エリアなしあり
価格4,980円7,980円
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

価格差は3,000円ほどありますが「SwitchBotキーパッドタッチ」には指紋認証”という圧倒的な利便性があります!

SwitchBotキーパッドタッチのレビューまとめ

本記事では「【SwitchBotキーパッドタッチ レビュー】スマートロックに欠かせない!アプリ&パスコード&NFCカードと指紋認証にも対応したSwitchBotロック専用キーパッド」について書きました。

価格は7,000円台と指紋認証機能のない「SwitchBotキーパッド」と比べると3,000円ほど高くはありますが、その価格差以上の快適さを手に入れることができる本製品。

スマートロックをもっと快適に使いたい、解錠の一手間を指紋認証でさらに減らしたいという方はぜひ「SwitchBotキーパッドタッチ」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • コンパクトで自由な場所に設置できる
  • 押しやすいボタン&暗くても見やすいバックライト搭載
  • 工事要らずのカンタン設置&セットアップ
  • アプリ、パスコード、NFCカード、指紋認証による施錠/解錠に対応
  • Alexaなどのスマートスピーカーで音声操作も可能
  • 特になし
【SwitchBotキーパッド レビュー】スマートロックがさらに快適に!アプリやパスコード、NFCカードに対応し音声操作でも施錠・解錠できるSwitchBotロック専用キーパッド【SwitchBotシーリングライトプロ レビュー】アプリ調光で快適生活!スマートリモコン機能も搭載したAIスピーカー対応シーリングライト【SwitchBotロック レビュー】玄関の鍵をIoT化!アプリはもちろんNFCタグや遠隔操作、自動施錠にも対応し音声操作も可能なスマートロック【SwitchBotタグ レビュー】スマホをタグにかざすだけ!アプリやデバイス起動の手間がさらに減らせる防水NFCタグ【SwitchBotスマート電球 レビュー】コスパ最強!リーズナブルで周辺機器豊富な1600万色マルチカラースマートLED電球【SwitchBotプラグ レビュー】古い家電もIoT化!遠隔操作やスケジュール設定が便利でコンパクトなスマートプラグ【SwitchBot屋内カメラ レビュー】ナイトビジョンでクリアな映像!シリーズ製品との連携でスマートホーム化できるコンパクトな屋内カメラ【SwitchBot開閉センサー レビュー】ドアが開いたらスマホに通知!シリーズ製品との連携や防犯にも役立つコンパクトな開閉センサー【SwitchBot人感センサー レビュー】動体検出で防犯にも!スマホへの通知やシリーズ製品とも連携できるコンパクトな人感センサー【SwitchBotカーテン レビュー】カーテンの開閉を完全自動化!心地よい朝の陽射しで目覚めることができる画期的なIoTデバイス【SwitchBotシリーズ レビュー】あらゆるモノをスマート化!バリエーション豊富で便利すぎるリーズナブルなIoTデバイス