本日限定!Amazonタイムセール開催中

【SwitchBot開閉センサー レビュー】ドアが開いたらスマホに通知!シリーズ製品との連携や防犯にも役立つコンパクトな開閉センサー

こんにちは、わが子の動きから目が離せないイツキ(@saigalog)です。

わが家には二人の子ども(5歳、2歳)がいるのですが、やんちゃ盛りで気が抜けません。

二階にある子供部屋で遊んでいるとき、隙を見ては窓を開けてベランダに出ようとしていて心臓がヒヤッとしたことも…。

今回レビューする「SwitchBotスイッチボット開閉センサー」を使えば、あらゆるドアや窓の開閉状態を検知し管理できるようになります。

設置はカンタン、工事いらずで両面テープで本体をドアや窓に貼るだけ。

開閉や開けっぱなしの状態をスマホに通知したり、他のSwitchBot製品を動かすトリガーとしても使えます。

本記事ではそんな防犯にも役立つ「SwitchBot開閉センサー」について詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SwitchBot開閉センサーの同梱物

SwitchBot開閉センサー」の外箱は、白基調で製品の写真がわかりやすくプリントされています。

SwitchBot開閉センサー 外箱

裏面には他のSwitchBotシリーズを併用して使う例が載っています。

SwitchBot開閉センサー 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SwitchBot開閉センサー 同梱物
SwitchBot開閉センサーの同梱物
  • SwitchBot開閉センサー本体
  • 磁石
  • 両面テープ(開閉センサー)
  • 両面テープ(磁石)
  • 単四電池 × 2
  • 取付ネジ × 3
  • 取扱説明書

付属の単四電池2本は本体背面の電池カバーを開けて入れます。

SwitchBot開閉センサー 単四電池

取付ネジ両面テープを使って壁などに固定します。

SwitchBot開閉センサーのスペック

SwitchBot開閉センサー」はドアや窓の開閉状態を感知して、スマホへの通知や他の製品のスイッチとしても使えるコンパクトで便利な開閉センサーです。

SwitchBot開閉センサー

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SwitchBot開閉センサー
本体サイズ71 × 25 × 23 (mm)
磁石:35 × 12 × 14 (mm)
重さ56 g
型番W1201500
使用電池単四電池 × 2
電池の寿命約3年
※室温25℃、1日あたり80回開閉、40回ボタン押し、40回の光検知および20回のローカルシーンをトリガーする測定値
作動温度-10℃~60℃
作動湿度20~85%RH
最大検知距離5メートル(室温25℃の実験条件)
最大感知角度水平方向90°、垂直方向55°(室温25°の実験条件)

外観

SwitchBot開閉センサー」の外観は、白基調で無駄がなくシンプルなデザインです。

SwitchBot開閉センサー 外観
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

中央下部にあるのがモーションセンサー/追加・リセットボタンで、その上にある黒い丸が光センサー/表示ランプです。

側面はこんな感じ。

SwitchBot開閉センサー 側面

背面には両面テープが取り付けられています。

SwitchBot開閉センサー 背面

背面にある電池カバーを外して単四電池を2本入れます。

磁石は本体と同じく白一色の角柱状です。

SwitchBot開閉センサー 磁石

横から見るとこんな感じ。

SwitchBot開閉センサー 磁石側面

背面には本体と同じく両面テープが取り付けられています。

SwitchBot開閉センサー 磁石背面

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

SwitchBot開閉センサー」のサイズは71 × 25 mmです。

SwitchBot開閉センサー サイズ

厚さは23 mm

SwitchBot開閉センサー 厚さ

磁石のサイズは35 × 12 × 14 mmです。

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SwitchBot開閉センサー スマホと比較

手のひらサイズでとてもコンパクトです。

SwitchBot開閉センサー 手のひらサイズ

重さは56 g(磁石込)でした。

SwitchBot開閉センサー 重さ

機能

他のSwitchBot製品と同じように「SwitchBot」アプリに登録して使います。

スマホアプリ「SwitchBot」をインストールします
SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

「デバイスの追加」から「開閉センサー」をタップします
SwitchBot開閉センサー デバイスの追加
正面にある追加ボタンを長押しし、LED表示ランプが白く点滅するのを待ちます
SwitchBot開閉センサー 表示ランプ点滅
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー 開閉センサーの追加
デバイス名の入力とルームを選択して「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー デバイス名
「SwitchBotハブミニ」がある場合はタップし、ない場合は「スキップ」ボタンをタップします

※この例では「SwitchBotハブミニ」をタップしています。

SwitchBot開閉センサー SwitchBotハブミニ
設置位置を選択し「次へ」ボタンをタップします

※この例では「ドア」を選択しています。

SwitchBot開閉センサー 設置位置
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー ご使用方法
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー ご使用方法
「次へ」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー ご使用方法
「チェックとテスト」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー ご使用方法
「完了」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー 機能テスト
「OK」ボタンをタップします
SwitchBot開閉センサー 開閉センサーの追加
ホーム画面に設定した「SwitchBot開閉センサー」が追加されたらセットアップ完了です
SwitchBot開閉センサー ホーム画面

アプリでは現在の照度開閉の状態オートメーションの設定や履歴が確認できます。

SwitchBot開閉センサー アプリ

SwitchBot開閉センサー」は、同じSwitchBotシリーズの製品と組み合わせて使うことでより真価を発揮できるようになります。

SwitchBot開閉センサー SwitchBotシリーズ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

別記事でレビューしている「SwitchBotカーテン」や「SwitchBot屋内カメラ」とも相性が良いです!

オートメーションのシーン設定では条件とアクションを設定でき、ドアや窓の開閉状態をトリガーにしてライトのON/OFFやカメラでの撮影を開始したりもできます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

アレクサやGoogleアシスタントにはもちろん、IFTTTにも対応しているので組み合わせ次第であらゆるスマートホーム化が可能になります!

履歴では照度の変化や動体の検出のログが確認できます。

SwitchBot開閉センサー 履歴

動体の検出や開け閉めを感知するとこのようにスマホに通知が来ます。

SwitchBot開閉センサー スマホ通知

設定では通知設定や開けっぱなしの時間など、各種細かい設定や確認が行なえます。

設定メニュー
  • 通知設定
  • 開けっぱなし
  • 出るモード
  • LED点灯
  • 設置位置
  • 光センサー
  • クラウドサービス
  • ファームウェア&バッテリー
  • よくあるご質問
  • デバイス情報
  • NFC
  • 開閉センサーを探す

SwitchBot開閉センサーのレビューまとめ

本記事では「【SwitchBot開閉センサー レビュー】ドアが開いたらスマホに通知!シリーズ製品との連携や防犯にも役立つコンパクトな開閉センサー」について書きました。

価格も2,000円台と手ごろなので、管理したいドアや窓の数だけ複数用意することも難しくありません。

自宅の防犯対策を強化したい方、ドアや窓を開けたときにガジェットや家電を動かしたいと考えている方はぜひ「SwitchBot開閉センサー」をチェックしてみてはいかがでしょうか。