本日限定!Amazonタイムセール開催中

【SwitchBotタグ レビュー】スマホをタグにかざすだけ!アプリやデバイス起動の手間がさらに減らせる防水NFCタグ

こんにちは、NFCタグを家中に貼ってスマホをリモコン化しているイツキ(@saigalog)です。

NFCタグと言えば硬貨ほどの大きさで、NFC対応のスマホをかざせばアプリ起動を始めとした様々な動作を瞬時に行ってくれる便利なツールですよね。

そして今回、IoTデバイスを数多く取り扱うSwitchBotシリーズに新しく加わったのが「SwitchBotスイッチボットタグ」です。

NFCタグを元々知っている多く方が思うであろう疑問、それは“他のNFCタグと何が違うの?”という点ではないでしょうか。

そこで本記事では最初にいちばんの肝となる「SwitchBotタグ」のメリットについて解説し、その後製品のスペックや詳細、実際の使用例もあわせて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

SwitchBotタグのメリット

冒頭でも述べたとおり、NFCタグを知っている多くの方はこう思うはずです。

NTAG216のNFCタグなら同じ動作をするのでは?」と。

これはまったくもってそのとおりで、実際にNTAG216のNFCタグであれば他社製品でも同じように動作します。

そこで本記事ではまず初めに「SwitchBotタグ」のメリットを説明しようと思います。

SwitchBotタグのメリット
  • NTAG216のNFCタグとして妥当な価格設定
  • プラスチック素材で厚みがあるので金属面に貼っても反応しやすい
  • 防水なので設置場所が限定されない

ちなみに「NTAG216」というのはチップの名前で、保持できるメモリ容量が888 Bytesと多いのが特徴です。

※容量が少ないものにはNTAG213やNTAG215などがあります。

SwitchBotタグ」は3枚1セットで980円ですので、1枚あたり約326円

Amazonを中心に同じNTAG216のNFCタグを見てみると、これよりも安いものがいくつか見つかります。

ただ取り扱い自体が少ないということと、後述する品質面を考えると「SwitchBotタグ」が一概に高いとは言えず妥当な価格設定であると考えています。

逆に言えばこれよりも容量の少ないNTAG213やNTAG215で十分だ、という場合は1枚数十円~100円程度で手に入りますので「SwitchBotタグ」はおすすめしません。

しかし安い製品にはそれなりに理由があり、その差は採用されている素材に出てきます。

安価なNFCタグの多くは紙素材であるため、防水ではありません。

またおのずと薄くなってしまいますので、金属面に貼り付けたときスマホが反応してくれない、反応しづらいといったケースがたびたび発生します。

その点「SwitchBotタグ」はプラスチック素材なので防水なのはもちろん、厚さがあるため金属面に貼ってもスマホが反応しやすくなっています。

なんだそれだけか、と思うかもしれませんが実際に使ってみるとこれはとても大事なところ。

そもそもNFCタグ自体のメリットは、スマホをいろいろ操作せずにかざすだけでアプリやデバイスが起動できる、という点にあります。

時短であるはずのツールが反応してくれないときのストレスは凄まじく、結果として使うのをやめてしまうというのは本末転倒ですよね。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

時短ツールを確実に動作させるには多少の出費は惜しまず、質の高い「SwitchBotタグ」を選ぶというのが私の最終的な結論です。

SwitchBotタグの同梱物

SwitchBotタグ」のパッケージは透明で中の製品がよく見えるようになっています。

SwitchBotタグ パッケージ

裏面には製品の仕様が記載されています。

SwitchBotタグ パッケージ裏面

同梱物として以下のものが入っています。

SwitchBotタグ 同梱物
SwitchBotタグの同梱物
  • SwitchBotタグ × 3
  • ステッカー × 6

ステッカーは6つ付属しており、用途を記入して「SwitchBotタグ」の表面に貼って使います。

SwitchBotタグ ステッカー

SwitchBotタグのスペック

SwitchBotタグ」はNTAG216の大容量で、プラスチック素材を採用し防水かつ金属面に貼っても反応しやすい高品質なNFCタグです。

SwitchBotタグ

SwitchBotタグ」の特徴は8つあります。

SwitchBotタグ 特徴
SwitchBotタグの特徴
  • スマホ操作に対応
  • 使用簡単
  • 大容量&高品質チップ
  • 反応が早い
  • iOS/Android
  • SwitchBot多数製品・シーンに対応
  • 防水
  • 強粘着シール

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名SwitchBotタグ
本体サイズ直径30 mm、厚さ1 mm
重さ1 g
素材ABS
チップNTAG216
ストレージ888バイト
読み取り距離0.5~2 cm
読み取り時間1~2秒
読み取り回数100,000次
データ保存期間10年
動作周波数13.56MHz
通信規約ISO14443A

外観

SwitchBotタグ」の外観は白を基調としたシンプルなデザインで、プラスチック製で丈夫な質感です。

SwitchBotタグ 外観

厚さは1 mmととても薄いので場所を選ばず設置できます。

SwitchBotタグ どこでも設置

裏面には3Mテープが採用されているので、粘着性には一定の信頼があります。

SwitchBotタグ 裏面

表面のシールを剥がして設置場所に貼り付けて使います。

SwitchBotタグ シール

サイズ・重量

SwitchBotタグ」の直径は30 mmです。

SwitchBotタグ 直径

厚さは1 mm

SwitchBotタグ 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

SwitchBotタグ スマホと比較

500円玉より少し大きいくらいと考えるとイメージしやすいです。

SwitchBotタグ 手に持ったところ

重さは1 gでした。

SwitchBotタグ 重さ

機能

SwitchBotタグ」はiOSとAndroidの両方のスマホで使うことができます。

SwitchBotタグ スマホで使える
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

iPhoneの場合は、プッシュ通知をタップしてアプリを起動する一手間があります。

スマホを「SwitchBotタグ」にかざすとこのようにプッシュ通知が表示されます。

SwitchBotタグ プッシュ通知
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

画面が消灯しているとSwitchBotタグにかざしても反応しないのでご注意ください。

SwitchBotタグ」をトリガーにしてSwitchBotシリーズの製品の状態を確認できます。

SwitchBotタグ デバイスの状態確認
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

いちいちアプリを開いて「SwitchBot屋内カメラ」を選んで…という手間が省けます。

SwitchBotスマート電球」と連携すれば、スマホをかざすだけで電源をON/OFFできます。

SwitchBotタグ 照明ON/OFF

複数のSwitchBotデバイスにNFC設定しておけば、一斉に家電をON/OFFすることも可能です。

SwitchBotタグ 家電一斉操作

他にもスマホのタイマーやカレンダーの起動地図アプリを開いたり電話をかけるなど幅広い使い方ができます。

SwitchBotタグ 幅広い使用範囲

自宅で愛用しているSwitchBotシリーズの各デバイスを「SwitchBotタグ」で起動する様子を動画にまとめてみました。

またiPhoneの「ショートカット」を活用した例もご紹介。

わが家では2歳の次女がHIKAKIN&SEIKINにハマっているので、スマホをかざしただけでYouTube Musicが起動して曲が再生されるシートを作りました。

以下の手順で誰でもカンタンにオートメーションを作成できます。

「ショートカット」アプリをインストールします
ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

新規オートメーションから「個人用オートメーションを作成」をタップします
SwitchBotタグ 個人用オートメーション
「NFC」をタップします
SwitchBotタグ NFC
NFCタグの「スキャン」をタップします
SwitchBotタグ スキャン
スマホを「SwitchBotタグ」にかざしてスキャンします
SwitchBotタグ スキャン
NFCタグ名を入力して「次へ」をタップします
SwitchBotタグ NFCタグ名
「アクションを追加」をタップします
SwitchBotタグ アクション追加
YouTube Musicの指定の曲を選択します

※一覧にない場合は、一度YouTube Musicで曲を再生すると表示されるようになります。

SwitchBotタグ YouTube Music
「いつ」「行う」を確認し「完了」をタップします
SwitchBotタグ 完了
一覧に追加したオートメーションが表示されていたら完了です
SwitchBotタグ オートメーション一覧

「ショートカット」アプリでオートメーションを作成した後は、スマホを「SwitchBotタグ」にかざすだけでYouTube Musicの曲が再生されるようになります。

SwitchBotタグ YouTube Music再生
ノア
ノア

ふぁいあーかけて!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ほい!

ノア
ノア

つぎ、ざっそう

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/nameko_icon_new.jpgナメコ

はいよ!いちいちアプリを開いて曲を探さなくていいから便利です♪

SwitchBotタグのレビューまとめ

本記事では「【SwitchBotタグ レビュー】スマホをタグにかざすだけ!アプリやデバイス起動の手間がさらに減らせる防水NFCタグ」について書きました。

価格は3枚1セットで980円、ということで他社製品と比べると少し高めではありますがその価値は品質に裏付けされています。

プラスチック素材を採用し防水で、金属面に貼っても反応しやすくなっている本製品。

これからNFCタグを便利に使ってみたいという方、SwitchBotシリーズの製品を多く使っているという方はぜひ「SwitchBotタグ」をチェックしてみてはいかがでしょうか。