本日のAmazonタイムセールはこちら

【CIGA X レビュー】スケルトン好き歓喜!カラバリ5色展開で素材にもこだわった堅牢でクールな自動巻き腕時計

こんにちは、メカニカルなガジェットが大好きなイツキ(@saigalog)です。

スケルトンな外装で中の基盤が見えたりする、そういった製品のブームが定期的に訪れては私のようなスケルトン好きの心は揺さぶられます。

今回レビューするCIGA Designシガ デザインの「CIGA Xシガ エックス」という腕時計も、まさにそういったスケルトン好きにうってつけの製品です。

風防と裏ぶたに透明度と硬度が高いサファイアガラスとミネラルガラスを採用し、中のムーブメントが丸見えに。

自動巻きによって動き出す構造を眺めているだけで、思わず時間が過ぎてしまっているということも。

カラーバリエーションも5色展開と豊富で、素材もチタンとステンレススチールの2種類を用意。

ベルトもナイロン製とシリコン製のものがそれぞれ付属しており、手軽に交換することができます。

本記事ではそんなクールで機能面も十分な腕時計「CIGA X」を詳しくレビューしていきます!

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年7月15日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

CIGA Xの同梱物

CIGA X」の外箱は書籍をイメージしたオシャレなデザインです。

CIGA X 外箱

裏面にはGIGA DesignのSNSアカウントが記載されています。

CIGA X 外箱裏面

箱の中にはこのように時計本体と各種バンドが収められ、説明書が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

CIGA X 同梱物
CIGA Xの同梱物
  • GIGA X本体
  • ナイロン製バンド
  • シリコン製バンド
  • ワランティカード(保証書)

ナイロン製バンドは美錠のある親側と剣先部分がわかれています。

シリコン製バンドも同様です。

CIGA Xのスペック

CIGA Designの「CIGA X」は丈夫で高級感のあるチタン(ステンレススチール)を採用し、硬度の高いサファイアガラスから見えるムーブメントがクールな腕時計です。

CIGA X

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名CIGA X
本体サイズ48 × 48 × 12 (mm)、ベルト全長256 mm
重さ75 g
ケースステンレス/チタン
夜光の明るさBlack Orange:明るい(100%)
Space Silver:なし
Neon Purple:やや暗い(30%)
Black Gold:明るい(100%)
Cyber Blue:やや明るい(60%)
コーティングBlack Orange:電気メッキ
Space Silver:なし
Neon Purple:電気メッキ
Black Gold:ダイヤモンドライクカーボン(DLC)
Cyber Blue:電気メッキ
風防サファイアガラス(前)/ミネラルガラス(後)
バンドシリコン/ナイロン
ムーブメント独自開発のCIGA-X01
パワーリザーブ40時間
振動回数 21,600回/1時間
精度24時間で-15~+30秒/24時間
受け石25個
防水性能3ATM

外観

風防と裏ぶたには保護フィルムが貼られているので、剥がしてから使いましょう。

CIGA X フィルム

CIGA X」の外観はマット仕上げの金属フレームが美しく、中のムーブメントが透けて見えるのが特徴です。

カラーバリエーションは今回レビューしている「Black Orange」をあわせて全5色

CIGA X カラーバリエーション
CIGA Xのカラバリ
  • Space Silver(ステンレススチール)
  • Black Orange(ステンレススチール)
  • Cyber Blue(チタン)
  • Black Gold(チタン)
  • Neon Purple(ステンレススチール)

風防と裏ぶたには透明度が高いサファイアガラスとミネラルガラスが採用されており、このように向こう側が透けて見えます。

CIGA X 透けて見える
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

サファイアガラスの硬度は高く、ビッカース硬度18,000HV(モース硬度9)でキズがつきにくいのが特徴です。

表面、裏面ともに時計の中が動いているのがよく見えます。

側面はこんな感じで、アクセントカラーのオレンジ色が映えます。

CIGA X 側面

リューズにはCIGA Designのイニシャルである「C」が刻印されています。

CIGA X リューズ

リューズを引っ張りだして回すことで時刻合わせができます。

バンドは道具なし、ワンタッチでカンタンに装着・交換できます。

ナイロン製バンドを装着するとこんな感じ。

腕に巻いてみました。

続いてシリコン製バンドはこんな感じ。

同様に腕に巻いてみました。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

個人的に好みなのは質感がいいシリコン製バンドです!

左右にドラッグ(スワイプ)することで製品を回転させて見ることができます。

  

サイズ・重量

CIGA X」のサイズは48 × 48 mm、ベルトを含めた全長は256 mmです。

厚さは12 mm

CIGA X 厚さ

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

CIGA X スマホと比較

重さはそれぞれ以下のとおりでした。

重さ
  • ナイロン製バンド:15 g
  • シリコン製バンド:20 g
  • CIGA X本体:75 g

機能

CIGA X」はすべて手作業で組み立てられています。

CIGA X 手作業で組み立て

日常的な動きで自動的にゼンマイを巻き上げ、ムーブメントのパワーリザーブは40時間、振動回数は1時間に21,600回です。

CIGA X 自動巻き
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

誤差は24時間で-15~+30秒と非常に高い精度です。

米国特許取得の自動化構造が、個性的なX型フレームに収められています。

CIGA X X型フレーム

X型フレームはケースの四隅をしっかりと支え、シンプルで強固な構造を実現しています。

CIGA X 構造

CIGA X」の二重構造はSUV車の独立サスペンションシステムにヒントを得ており、高い防振効果を発揮します。

CIGA X サスペンション

風防にはキズに強いサファイアガラスを採用しています。

CIGA X サファイアガラス

歯車の受け石は人工ルビーを使用し、長期間の摩擦に耐えるのでムーブメントが壊れにくくなっています。

CIGA X 人工ルビー

発光塗料「スーパールミノバ」を使用しているので、暗い場所では針がくっきりと浮かび上がります。

CIGA X スーパールミノバ
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年7月15日まで)。

CIGA Xのレビューまとめ

本記事では「【CIGA X レビュー】スケルトン好き歓喜!カラバリ5色展開で素材にもこだわった堅牢でクールな自動巻き腕時計」について書きました。

スケルトン好きを始めとし、時計などの精密機器に魅力を感じる方に特におすすめしたい本製品。

価格は40,000円前後と、自動巻き腕時計としては手頃なのも嬉しい点です。

素材にもこだわられているので耐久性も高く、アウトドア用の腕時計としても活躍できる「CIGA X」をぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年7月15日まで)。