プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Anker Soundcore Motion X600 レビュー】鳥肌不可避の“空間オーディオ”!長時間再生やハイレゾ音源に対応し防水規格IPX7で外でもガンガン使えるBluetoothスピーカーのフラッグシップモデル

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、音楽を聴くときはスピーカー派のイツキ(@saigalog)です。

外出時はイヤホン一択ですが、自宅でのんびりしているときやお酒を飲んでいるときは基本的にBluetoothスピーカーで音楽を聴いている私。

リビングにいるときはテレビに接続したサウンドバーを使っていますが、デスク周りでも気軽に使える高音質なBluetoothスピーカーがないかずっと探していました。

今回レビューするAnkerアンカーの「Soundcore Motionサウンドコア モーション X600」は、これまでの常識をくつがえすフラッグシップモデルとなるBluetoothスピーカーです。

3Dメタルメッシュを採用した外観は洗練されたデザインで、インテリアに違和感なく調和。

持ち運びしやすいハンドルもあり、最大12時間の長時間再生対応でいつでもどこでも好きなときに音楽を楽しめます。

またハイレゾ音源や本製品の目玉となる“空間オーディオ”にも対応し、小型のスピーカーとは思えない圧倒的な音質を体感できます。

また防水規格はIPX7なので、室内のみならずアウトドアでも水濡れを気にすることなく活躍してくれます。

本記事ではデザイン性と機能性を兼ね備え、圧巻の“空間オーディオ”を搭載したBluetoothスピーカー「Anker Soundcore Motion X600」について実際の音質チェックもあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 洗練されたデザイン
  • 圧巻の空間オーディオ
  • 最大12時間の長時間再生
  • ハイレゾ音源対応
  • 防水規格IPX7対応
  • 特になし
  • 特選タイムセール開催中!
24,99018,743(25%OFF)
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker Soundcore Motion X600の同梱物

Anker Soundcore Motion X600」の外箱は、白を基調としたシンプルなデザインです。

Anker Soundcore Motion X600 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Anker Soundcore Motion X600 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Anker Soundcore Motion X600 同梱物
Anker Soundcore Motion X600の同梱物
  • Anker Soundcore Motion X600本体
  • USB Type-Cケーブル
  • クイックスタートガイド

USB Type-Cケーブルの長さは約60 cmです。

Anker Soundcore Motion X600 USBケーブル
  • 特選タイムセール開催中!
24,99018,743(25%OFF)

Anker Soundcore Motion X600のスペック

Ankerの「Soundcore Motion X600」は長時間再生やハイレゾ音源に対応し、防水規格IPX7で外でも使えるBluetoothスピーカーです。

Anker Soundcore Motion X600

主な特徴は以下の9つ。

Anker Soundcore Motion X600 特徴
Anker Soundcore Motion X600の特徴
  • 没入感を高める空間オーディオ
  • パワフルな50W出力
  • 選べる3カラー
  • ハイレゾ音源再生
  • 持ち運びに便利なハンドル
  • 12H長時間再生
  • 40kHz繊細なサウンド
  • 防水規格IPX7
  • AUXにも対応

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker Soundcore Motion X600
本体サイズ81 × 310 × 165 (mm)
重さ1946 g
DC電源入力5V 3A
バッテリー容量6400mAh / 7.2V
オーディオ出力50W
充電時間約6時間
再生可能時間最大12時間
防水規格IPX7
通信方式Bluetooth 5.3
Bluetooth動作範囲100m

外観

Anker Soundcore Motion X600」の外観は、グレーで統一されシンプルで高級感のあるデザインです。

Anker Soundcore Motion X600 外観

カラーバリエーションは今回レビューしている「スペースグレー」をあわせて全3色

Anker Soundcore Motion X600 カラーバリエーション
Anker Soundcore Motion X600のカラバリ

上から見るとこんな感じ。

Anker Soundcore Motion X600 上から見たところ

ハンドルの右側には「soundcore」のロゴがプリントされています。

Anker Soundcore Motion X600 ロゴ

ハンドルに手をかけて気軽に持ち運べます。

Anker Soundcore Motion X600 ハンドル持つ

上面には各種ボタンが並んでいます。

各種ボタン
  • 電源ボタン
  • Bluetoothボタン
  • 空間オーディオボタン
  • Bass upボタン
  • 音量ダウンボタン
  • 再生/一時停止ボタン
  • 音量アップボタン

上面の中央にはこの製品の一番の特徴とも言える“空間オーディオ”を可能にするスピーカーが搭載されています。

Anker Soundcore Motion X600 スピーカー

正面は一面がメッシュ状になっています。

Anker Soundcore Motion X600 正面

背面中央には通気口があります。

Anker Soundcore Motion X600 背面

左下部にはシリコン製のカバーがあり、開けると中にUSB Type-CポートAUXポートが並んでいます。

付属のUSBケーブルを電源と接続して充電します。

Anker Soundcore Motion X600 充電
イツキ
イツキ

充電器は付属していないので別途用意しましょう。

充電中は電源ボタンのインジケーターが赤く点灯します。

Anker Soundcore Motion X600 インジケーター

左右の側面はそれぞれこんな感じ。

底面の中央には製品の仕様や各種マーク、四隅には滑り止め用のゴム足が貼られています。

サイズ・重量

Anker Soundcore Motion X600」のサイズは81 × 310 mmです。

高さは165 mm

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

コンパクトなので片手で持ち運べます。

Anker Soundcore Motion X600 コンパクト

重さは1946 gでした。

Anker Soundcore Motion X600 重さ

機能

イツキ
イツキ

Anker Soundcore Motion X600」とBluetooth接続する手順はカンタンです。

電源ボタンを1秒長押しして電源ONにします
Anker Soundcore Motion X600 電源ON
Bluetoothボタンのインジケーターが青く点滅します
Anker Soundcore Motion X600 Bluetoothインジケーター
イヤホンとペアリングする端末のBluetooth設定を有効(オン)にします
Anker Soundcore Motion X600 Bluetooth設定オン
端末の画面に表示される「soundcore Motion X600」を選びます
Anker Soundcore Motion X600 選択
ペアリング完了!
Anker Soundcore Motion X600 ペアリング成功

Anker Soundcore Motion X600」は3Dメタルメッシュを採用し、高級感のあるシンプルで洗練されたデザインです。

Anker Soundcore Motion X600 デザイン

5つのドライバーを搭載し、空間全体を包み込むような立体音響を実現しています。

Anker Soundcore Motion X600 空間オーディオ

ハイレゾ再生にも対応しているので、原音に近いクリアな音楽が再現されます。

Anker Soundcore Motion X600 ハイレゾ再生

Anker Soundcore Motion X600」の音質を同社のポータブルスピーカー「Soundcore 3」と比較してみました。

イツキ
イツキ

当たり前ですが明確な差があり、特に立体音響をONにしたときの聴こえ方には感動します!

IPX7の防水規格に対応しているため、室内の水回りはもちろんアウトドアでも使えます。

Anker Soundcore Motion X600 防水規格

専用アプリ「Soundcore」に対応し、イコライザーで音質をカスタマイズできます。

Anker Soundcore Motion X600 専用アプリ

イコライザーアプリ「Soundcore」

Anker Soundcore Motion X600」の性能を引き出すために、ぜひスマホアプリ「Soundcore」をインストールしましょう。

soundcore

soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

Bluetooth接続していれば、自動的にデバイス追加できます。

ホーム画面ではバッテリー残量の確認や電源ON/OFF音量調整が行なえます。

Anker Soundcore Motion X600 アプリ

イコライザーは4つのプリセットの他、細かな周波数帯を微調整できます。

その他、音声プロンプトのON/OFFオートパワーオフの設定などが行なえます。

Anker Soundcore Motion X600 アプリ設定
  • 特選タイムセール開催中!
24,99018,743(25%OFF)

Anker Soundcore Motion X600のレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Motion X600 レビュー】鳥肌不可避の“空間オーディオ”!長時間再生やハイレゾ音源に対応し防水規格IPX7で外でもガンガン使えるBluetoothスピーカーのフラッグシップモデル」について書きました。

価格は2万円前後とBluetoothスピーカーとしてはややお高めですが、デザイン性や搭載された機能を考えるとむしろリーズナブルであると私は感じています。

オシャレかつ十分な音で音楽を楽しめるBluetoothスピーカーをお探しの方は、ぜひ「Anker Soundcore Motion X600」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 洗練されたデザイン
  • 圧巻の空間オーディオ
  • 最大12時間の長時間再生
  • ハイレゾ音源対応
  • 防水規格IPX7対応
  • 特になし
  • 特選タイムセール開催中!
24,99018,743(25%OFF)
【Anker Soundcore 3 レビュー】安心の防水性能IPX7!音質と機能性がさらに強化されたコンパクトなBluetoothスピーカー