本日限定!Amazonタイムセール開催中

【ECOVACS DEEBOT X1 OMNI レビュー】これぞまさしく完成形!モップ洗浄とゴミ収集まで全自動になった音声アシスタントYIKO搭載ハイエンドロボット掃除機

こんにちは、今日も今日とて時短家電のお世話になってるイツキ(@saigalog)です。

時短家電といえば種類は豊富にありますが、その中でも歴史が長く代表的なのはロボット掃除機ですよね。

毎日の掃除機がけやモップがけから解放された人類が目指したのは、さらにその汚れの洗浄やゴミ収集までも全自動で行うという道でした。

今回レビューするECOVACSエコバックスの「DEEBOTディーボット X1 OMNIオムニ」は、水拭き&吸引はもちろん汚れたモップの洗浄やゴミ収集までも全自動クリーニングステーションですべて行ってくれる画期的なロボット掃除機です。

全自動クリーニングステーションは充電ドックの役割も兼ね備え、4Lの清水タンク汚水タンクをそれぞれ内蔵しています。

そのタンクから掃除前にロボット掃除機に水を補充し、掃除後は水拭きステーションでモップを自動洗浄し汚水タンクに貯められるという仕組み。

またロボット掃除機が吸引して集めたゴミも収集してくれるので、人間はこれまでよりも長いスパンで定期的にダストボックスを捨てればいいだけ。

本記事では床の掃除周りの面倒ごとをすべて全自動でしてくれる革命的なロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」について、実際に動作している様子もあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • 近未来&高級感のある外観
  • 5,000Paの強力な吸引力
  • 全自動でモップ洗浄&ゴミ収集
  • AI学習と高性能カメラで高い障害物回避能力
  • 「True Mapping2.0」で精度の高いマッピング
  • 独自の音声アシスタント「YIKO」搭載
  • 価格が高額
  • 全自動クリーニングステーションが大きい&重い
期間限定!オトク情報

Amazon10%ポイント還元+18,000円OFF(8/15まで)

さらに併用可能な5,000円OFF特別クーポン:XKEI95L3

  • 特選タイムセール開催中!
198,000円 → 178,000円(10%OFF)
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNIの同梱物

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」の外箱は、黒を基調としたシンプルなデザインです。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 外箱
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

箱のサイズは490 × 540 × 640 mmと大きいので、開封は広い場所で行うことをおすすめします。

同梱物として以下のものが入っています。

DEEBOT X1 OMNIの同梱物
  • ECOVACS DEEBOT X1 OMNI本体
  • 全自動クリーニングステーション
  • 電源コード
  • デュアルサイドブラシ
  • ウォッシャブルモップパッド
  • ダストボックス
  • クリーニングブラシ
  • メンテナンスツール
  • 取扱説明書

電源コードの長さは約180 cmです。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 電源コード

その他アタッチメントが多数付属しています。

ウォッシャブルモップパッドの毛束は柔らかく、細かい繊維で作られていることがわかります。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ウォッシャブルモップパッド

全自動クリーニングステーションのトップカバーを開けると、内側にセットアップ方法の手順が記載されています。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI セットアップ方法
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

初期設定時の参考に活用しましょう。

期間限定!オトク情報

Amazon10%ポイント還元+18,000円OFF(8/15まで)

さらに併用可能な5,000円OFF特別クーポン:XKEI95L3

  • 特選タイムセール開催中!
198,000円 → 178,000円(10%OFF)

ECOVACS DEEBOT X1 OMNIのスペック

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」はエリアマッピング・水拭き掃除・ゴミ収集のすべてを自動で行い、スマホアプリで管理できるAIロボット掃除機です。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名ECOVACS DEEBOT X1 OMNI
ロボット掃除機サイズΦ344 mm、高さ111 mm
全自動クリーニングステーションサイズ417 × 448 × 573 (mm)
ロボット掃除機重さ約4.45 kg
全自動クリーニングステーション重さ約14.15 kg
動作音≤68
充電時間約6.5時間
バッテリー容量5200mAh
バッテリータイプ充電式リチウムイオン電池
稼働時間最大260分
定格入力100V~50-60Hz
6.1A(ゴミ収集時)
1.0A(モップ乾燥時)
0.5A(充電時)
定格出力20V 2A
ダストボックス容量400 ml
水タンク容量80 ml

外観

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」は、近未来感ただようシルバーと黒を基調とした高級感のある外観です。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機外観

真上から見るとこんな感じ。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機上から見たところ

自動モードボタンは点滅/点灯し、掃除機本体の状態を示します。

自動モードボタンの機能
  • 1回押す:掃除開始/一時停止
  • 3秒長押し:全自動クリーニングステーションに戻る

中央上部にはTrueMapping距離センサーがあります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

TrueMapping距離センサーは本体から25 mmほど高くなっています。

トップカバーは持ち上げることで上に開きます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI トップカバー

本体側にはダストボックス各種ボタンがあります。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機内側

右側上部には電源スイッチWi-Fiステータスインジケーターが並んでいます。

Wi-Fiステータスインジケーターの意味
  • ゆっくり点滅:Wi-Fiに接続されていない/Wi-Fi接続を待機中
  • すばやく点滅:Wi-Fiに接続中
  • 点灯:Wi-Fiに接続済み

ダストボックスはダストビンハンドルを上に持ち上げて取り外すことができます。

ダストボックスは半透明で、中に溜まったゴミの量がわかりやすくなっています。

ダストボックスの側面にあるフタを開き、各種フィルターをメンテナンスできます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI フィルターメンテナンス
高性能フィルターとスポンジフィルター

底面はこんな感じ。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機底面

ウォッシャブルモップパッドを取り付けて、掃除機本体の底面に付けることで水拭き掃除ができるようになります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ウォッシャブルモップパッドはマグネットでカンタンに着脱できます。

底面の中央にあるラベルには製品の仕様が記載されています。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機ラベル
記載の仕様

DEEBOT X1 OMNI 床掃除ロボット

型番:DEX11

定格入力:20V 2A

充電ドック:CH2103

底面の前方にサイドブラシを左右それぞれ取り付けます。

駆動ホイールは底面を下にして置くとロボット掃除機本体の中に沈みます。

メインブラシはカバーを取り外してメンテナンスできます。

側面には左から順にカメラのインジケーターライトTrueDetect 3DセンサーAIVIカメラがあります。

側面の後ろ側には充電コネクタと各種ポート(DUST OUTLET、WATER INLET)があります。

全自動クリーニングステーションの外観も、シルバーと黒を基調としたスタイリッシュなデザインです。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニング外観

上から見るとこんな感じ。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション上から見たところ

天面の手前側にはコントロールパネルがあり、左から順にセルフクリーニングボタン開始/一時停止ボタン呼び出し/終了ボタンが並んでいます。

トップカバーを開くと内側にセットアップ手順が記載されています。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI セットアップ方法

わかりやすく7つの手順に分かれているので、初期設定時に困ったときはこちらを参考にしましょう。

中には左から順に汚水タンクアクセサリー保管ボックス清水タンクがあります。

集塵室の下にポップアップボタンがあり、それを押すと集塵室が開き中のダストボックスを取り出せます。

背面はこんな感じ。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション背面

背面のラベルには全自動クリーニングステーションの仕様が記載されています。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーションラベル
記載の仕様

ドッキングステーション(全自動クリーニングステーション)

型番:CH2103

定格入力:100V~ 50-60Hz
6.1A(ゴミ収集時)
1.0A(モップ乾燥時)

0.5A(充電時)

定格出力:20V 2A

ラベルの上には持ち手用の溝があります。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション持ち手

背面の右側下部には電源ポートがあります。

付属の電源コードを取り付けます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション電源コード収納

側面はこんな感じ。

底面には滑り止めがついています。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション底面

全自動クリーニングステーションに格納されている各種タンク類を取り出してみました。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 各種タンク類

清水タンクは青みがかった透明です。

汚水タンクは黒みがかった透明です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

色別にわけられているのでは清水黒は汚水と覚えておけば間違いありません!

中央に収納されているアクセサリー保管ボックスはこんな感じ。

中にはスペアのウォッシャブルモップパッドが2つクリーニングブラシが入っています。

サイズ・重量

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」のロボット掃除機の直径は344 mmです。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機直径

高さ(床からTrueMapping距離センサーの上部まで)は111 mm

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機高さ

全自動クリーニングステーションのサイズは417 × 448 mm

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーションサイズ

高さは573 mmでした。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 全自動クリーニングステーション高さ

ロボット掃除機をスマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ロボット掃除機スマホと比較

重さはそれぞれロボット掃除機が約4.45 kg、全自動クリーニングステーションが約14.15 kgでした。

機能

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

まずは「ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」を設定して、掃除ができるように準備しましょう!

全自動クリーニングステーションに電源コードを接続します
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 電源接続
全自動クリーニングステーションにロボット掃除機を設置して充電します

設置場所は説明書に記載されているとおり、前面に1.5 m以上、両側に0.5 m以上のスペースを確保しましょう。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 設置
スマホアプリ「ECOVACS HOME」をインストールします
ECOVACS HOME

ECOVACS HOME

Ecovacs無料posted withアプリーチ

アプリを起動して地域と言語を選び「次へ」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「同意して継続する。」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「同意して継続する。」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
メールアドレスとパスワードを入力して「登録」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
登録したメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「追加」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「DEEBOT X1 OMNI」をタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 選択
Wi-Fi情報を入力し「次へ」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「次へ」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 準備
「次へ」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 準備
「設定に移動」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
「ECOVACS_XXX」を選択します
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
このようになればWi-Fi接続成功です
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
アプリに戻り、しばらく待ちます
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI アプリ設定
ロボット掃除機の名前を入力して「次へ」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 名前を付ける
タイムゾーンと言語を選び「入る」ボタンをタップします
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 言語
ホーム画面が表示されたらセットアップ完了です。
ECOVACS DEEBOT X1 OMNI ホーム画面

清掃中は徐々にエリアマッピングが進んでいきます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI エリアマッピング
電源ボタンを1回押すと掃除開始
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

わが家の場合、リビングダイニング約14畳が約20分で掃除完了しました。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」が掃除している様子を動画にまとめてみました。

ちなみに掃除対象となる部屋の間取りはこんな感じ。

アプリ上で忠実にエリアマッピングされているのがわかります。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI エリア

3D地図を見れば部屋の間取りがさらにわかりやすく確認できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 3D地図

搭載されているカメラの映像をリアルタイムで確認でき、写真や動画を撮影できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI カメラ

掃除メニューの「自動」では吸引力や水量調節、スマート清掃や清掃予約の設定を確認・変更できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 自動

スマート清掃では、清掃間隔の調整や連続清掃などの設定を確認・変更できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI スマート清掃

清掃予約では時刻と繰り返し曜日を設定し、掃除のスケジュールを管理できます。

掃除メニューの「エリア」では掃除箇所をエリアごとに指定、「カスタム」ではさらに細かいポイントを指定できます。

マップは自動で作成されますが、「マップ管理」で名前の変更やエリアの微調整を手動で行なえます。

また設定画面では、YIKO音声アシスタント清掃ログなどの確認や設定変更できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI 設定

YIKO音声アシスタントではON/OFFの切り替え、言語や音量を変更できます。

ECOVACS DEEBOT X1 OMNI YIKO音声アシスタント
自動清掃
  • OK YIKO、掃除に行って
  • OK YIKO、始めて
  • OK YIKO、清掃して
クイックマッピング
  • OK YIKO、自宅をマッピングして
  • OK YIKO、マッピングを開始して
エリア清掃
  • OK YIKO、キッチンを水拭きして
  • OK YIKO、ベッドルームとリビングルームを掃除して
  • OK YIKO、部屋1とキッチンを清掃して
ホームエリア清掃
  • OK YIKO、ソファの下の掃除を開始して
  • OK YIKO、靴入れの周りを掃除して
  • OK YIKO、リビングルームのソファ周りの床の水拭きに行って
清掃のために呼ぶ
  • OK YIKO、ここに掃除しに来て
このエリアは掃除しない
  • OK YIKO、離れて掃除をやめて
  • OK YIKO、ここの清掃をやめて
一時停止
  • OK YIKO、一時停止
  • OK YIKO、掃除をやめて
清掃を再開
  • OK YIKO、続けて
  • OK YIKO、タスクを続けて
停止
  • OK YIKO、シャットダウンして
  • OK YIKO、清掃をやめて
ドッキングステーションに戻る
  • OK YIKO、ホームに戻って
  • OK YIKO、ベースステーションを充電して
ドッキングステーションを出る
  • OK YIKO、出てきて
  • OK YIKO、ベースステーションから出て
モップパッドの清掃
  • OK YIKO、モップパッドを清掃して
  • OK YIKO、クリーニングパッド
モップパッドを乾かす
  • OK YIKO、空気乾燥を開始して
  • OK YIKO、モップを乾かして
ドッキングステーションのセルフクリーニング
  • OK YIKO、セルフクリーニングを開始して
  • OK YIKO、セルフクリーニングモード
吸引力の設定
  • OK YIKO、吸引を最小にして
  • OK YIKO、サイレントモードにして
水量の設定
  • OK YIKO、水量設定低レベル
  • OK YIKO、水量を最大にして
音量の設定
  • OK YIKO、音量を50にして
  • OK YIKO、音量を最小に設定して
バッテリーレベルのチェック
  • OK YIKO、現在の電力
吸引力のチェック
  • OK YIKO、吸引力はどんなレベル
水量のチェック
  • OK YIKO、現在の水量モード
音量のチェック
  • OK YIKO、音声レポートの音量は
位置のチェック
  • OK YIKO、どこにいる?
  • OK YIKO、消耗品の期限は切れてる?
タスクのチェック
  • OK YIKO、今何してる
機能のチェック
  • OK YIKO、自己紹介して
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

お~け~、いーこーぅ!のようにネイティブっぽく発音して呼びかけることがポイントです笑。

期間限定!オトク情報

Amazon10%ポイント還元+18,000円OFF(8/15まで)

さらに併用可能な5,000円OFF特別クーポン:XKEI95L3

  • 特選タイムセール開催中!
198,000円 → 178,000円(10%OFF)

ECOVACS DEEBOT X1 OMNIのレビューまとめ

本記事では「【ECOVACS DEEBOT X1 OMNI レビュー】これぞまさしく完成形!モップ洗浄とゴミ収集まで全自動になった音声アシスタントYIKO搭載ハイエンドロボット掃除機」について書きました。

価格は10万円台後半とお高めではありますが、それに見合う性能と確かなパフォーマンスを発揮してくれるのが本製品。

掃除機がけや水拭き作業はもちろん、メンテナンスもあわせて全自動でしてくれるロボット掃除機をお探しの方はぜひ「ECOVACS DEEBOT X1 OMNI」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 近未来&高級感のある外観
  • 5,000Paの強力な吸引力
  • 全自動でモップ洗浄&ゴミ収集
  • AI学習と高性能カメラで高い障害物回避能力
  • 「True Mapping2.0」で精度の高いマッピング
  • 独自の音声アシスタント「YIKO」搭載
  • 価格が高額
  • 全自動クリーニングステーションが大きい&重い
期間限定!オトク情報

Amazon10%ポイント還元+18,000円OFF(8/15まで)

さらに併用可能な5,000円OFF特別クーポン:XKEI95L3

  • 特選タイムセール開催中!
198,000円 → 178,000円(10%OFF)