MENU

カテゴリーから探す

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

年間150を超える製品を現役のWebエンジニアが1つ1つ丁寧にレビューしています。

モットーは「生活レベルを上げずQOLを上げる」こと。

ご感想やご意見はお気軽にお問い合わせフォームまで。

製品レビューやお仕事のご依頼は製品レビュー依頼専用フォームよりお願い致します。

本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー】iPhone 12のバッテリーを拡張!マグネットで貼り付けられる5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリー

こんにちは、「iPhone 12 Pro」を毎日使い倒しているイツキ(@saigalog)です。

iPhone 12シリーズと言えば2020年10月に発売された初の5G対応iPhoneですが、販売台数が過去最高を記録するくらい売れまくっているスマホにもなりました。

使うユーザーが多ければそれだけ周辺機器の需要が高まるので、各メーカーはこぞってiPhone 12シリーズに対応した製品を開発・販売しています。

今回レビューするAnkerアンカーの「PowerCore Magneticパワーコア マグネティック 5000」も、iPhone 12シリーズに最適化された製品の1つ。

容量は5000mAhの一見普通の小型モバイルバッテリーに見えますが、MagSafeを利用してマグネットで貼り付けることができます。

もちろんLigithningケーブルは不要で、最大5W出力のワイヤレス充電が可能です。

薄型で持ちやすいデザインのため、貼り付けて充電しながらでもiPhoneを操作しやすくなっています。

本記事ではそんなiPhone 12シリーズがもっと便利になる「Anker PowerCore Magnetic 5000」を、実際の電流値計測も含めて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Anker PowerCore Magnetic 5000の同梱物

Anker PowerCore Magnetic 5000」の外箱は、白と青を基調としたシンプルなデザインです。

Anker PowerCore Magnetic 5000 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

Anker PowerCore Magnetic 5000 同梱物
A1619の同梱物
  • モバイルバッテリー本体
  • USB Type-C to Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

付属のUSB Type-C to Cケーブルの長さは約60 cmです。

Anker PowerCore Magnetic 5000 USBケーブル

Anker PowerCore Magnetic 5000のスペック

Ankerの「PowerCore Magnetic 5000」は、iPhone 12シリーズのMagSafeを利用してマグネットで固定できるワイヤレス式モバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Magnetic 5000

バッテリー容量は5,000mAhとなっています。

Anker PowerCore Magnetic 5000 容量
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

例えば「iPhone 12 Pro」なら約1回分のフル充電が可能です!

MEMO

iPhone 12シリーズをそれぞれフル充電できる回数の目安

  • iPhone 12:5,000mAh × 0.7 ÷ 2,815mAh = 約1回
  • iPhone 12 Pro:5,000mAh × 0.7 ÷ 2,815mAh = 約1回
  • iPhone 12 Pro Max:5,000mAh × 0.7 ÷ 3,687mAh = 約0.9回
  • iPhone 12 Mini:5,000mAh × 0.7 ÷ 2,227mAh = 約1.5回

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Anker PowerCore Magnetic 5000
本体サイズ63 × 93 × 16 (mm)
重さ132 g
バッテリー容量5000mAh 3.7Vdc/18.5Wh
入力5V 2.2A
USB-C出力5V 2A
ワイヤレス出力最大5W
合計出力最大10W

外観

Anker PowerCore Magnetic 5000」の外観は黒くマットな質感です。

Anker PowerCore Magnetic 5000 外観

側面には製品の仕様が記載されています。

記載の仕様

PowerCore Magnetic 5K

Model/品番:A1619 Cell Capacity/電池容量:5000mAh

Rated Capacity/定格容量:5000mAh 3.7Vdc/18.5Wh

USB-C Input/入力:5V 2.2A USB-C Output/出力:5V 2A

Wireless Output/ワイヤレス出力:5W Total Output/合計出力:10W Max

右側面には「LEDインジケータ」「USB-Cポート」「電源ボタン」が並びます。

Anker PowerCore Magnetic 5000 ポート
LEDインジケータの意味
  • 青色でゆっくり点滅:ワイヤレス充電機能がON
  • 青色で点灯:充電中
  • 赤色で点滅:金属製の物体または異物を検知
  • 青色でゆっくり点滅後、10分後にOFF:満充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

バッテリー残量はLEDが1つが25%として点灯して示します。

付属のUSB Type-C to Cケーブルを電源に接続して充電します。

Anker PowerCore Magnetic 5000 充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

充電器は付属していないので別途用意しましょう。

充電中はLEDインジケータが点滅します。

Anker PowerCore Magnetic 5000 充電中

裏面をiPhone 12シリーズのMagSafeに貼り付けてワイヤレス充電します。

Anker PowerCore Magnetic 5000 ワイヤレス充電

実際に「iPhone 12 Pro」に貼り付けて充電してみました。

横から見たところ。

Anker PowerCore Magnetic 5000 横から見たところ

厚さ16 mmと薄いので手で持ったときにも邪魔にならず磁力も強めなので外れて落ちてしまう心配はありません。

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Anker PowerCore Magnetic 5000」のサイズは63 × 93 mmです。

Anker PowerCore Magnetic 5000 サイズ

厚さは16 mm

Anker PowerCore Magnetic 5000 厚さ

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Anker PowerCore Magnetic 5000 スマホと比較

手のひらサイズなので携帯にも便利です。

Anker PowerCore Magnetic 5000 手のひらサイズ

重さは132 gでした。

Anker PowerCore Magnetic 5000 重さ

機能

Anker PowerCore Magnetic 5000」は、ワイヤレス充電の欠点である「位置がズレやすい」という欠点をマグネットで解決したモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Magnetic 5000 機能

薄型で握りやすいので、充電中もスマホを操作しやすくなっています。

Anker PowerCore Magnetic 5000 握りやすい

異物検知や温度管理などの機能で、ユーザーとデバイスの安全を守ります。

Anker PowerCore Magnetic 5000 安全性

強力なマグネットでiPhoneに貼り付くので、外れる心配がなくいろんなシーンで使うことができます。

Anker PowerCore Magnetic 5000 強力マグネット

MagSafe対応のiPhoneケースであれば、ケースをつけたままワイヤレス充電ができます。

Anker PowerCore Magnetic 5000 MagaSafe対応ケース

ちなみにマグネットで貼り付けることはできませんが、「Google Pixel 5」などのワイヤレス充電に対応したデバイスも問題なく充電することができます。

Anker PowerCore Magnetic 5000 ワイヤレス充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

ワイヤレス充電できるのはiPhone 12シリーズのみ、と誤解しがちなのでこれは嬉しいポイントです!

もちろん従来のモバイルバッテリーのようにUSB-Cポートから有線で充電することもできるので、「Google Pixel 5」と「iPhone 12 Pro」をそれぞれ充電して電流値を計測してみました。

各デバイスの電流値
  • Google Pixel 5:4.97V × 2.14A = 10.63W
  • iPhone 12 Pro:4.99V × 2.00A = 9.98W

一般的にスマホの急速充電に必要な電流値は1.0A以上ですので、急速充電ができていることがわかります。

ちなみに各端末の急速充電に必要な電流値の目安は以下になりますので、ご参考まで!

急速充電に必要な電流値目安
  • フィーチャーフォン:0.5A
  • スマートフォン:1.0A
  • タブレット:1.5A

ワイヤレス充電と有線充電を同時に行うこともできます。

Anker PowerCore Magnetic 5000 同時充電
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

合計最大出力は10Wです。

Anker PowerCore Magnetic 5000のレビューまとめ

本記事では「【Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー】iPhone 12のバッテリーを拡張!マグネットで貼り付けられる5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリー」について書きました。

iPhone 12シリーズであればマグネットで貼り付けて、どの機種でも約1回程度はフル充電できる本製品。

他にもワイヤレス充電に対応しているデバイスであれば、乗せるだけで充電することができます。

価格も4,000円以下とリーズナブルなのが嬉しいところ。

iPhone 12シリーズ用のモバイルバッテリーをお探しの方は、ぜひ「Anker PowerCore Magnetic 5000」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE