本日限定!Amazonタイムセール開催中

【TANITA RD-803L レビュー】ダイエットの強い味方!4C法を元にした独自技術で最大26項目の高精度測定が可能になったアスリート向けハイエンドモデル体組成計

こんにちは、独身時代の体重計を10年以上使い続けてきたイツキ(@saigalog)です。

体重計と言えば健康を管理する上で欠かせないツールですが、基本的にヘビーユーズすることはないため壊れにくく、なかなか買い換えるタイミングがない人も多いのではないでしょうか。

私もその中の1人だったのですが、数ヶ月ほど前に妻が人生最大のダイエット計画を決意。

モチベーション維持のためにも、細かい項目や数値を毎日確認しようということで体組成計を購入しました。

それが今回レビューするTANITAタニタの「RD-803L」です。

体重や体脂肪率はもちろん、4C法を元にした独自技術を搭載し、これにより最大26の項目を部位ごとに高精度測定することが可能です。

また専用のスマホアプリで測定結果の確認や管理も楽々。

本記事ではそんな高性能でいたれりつくせりな体組成計「TANITA RD-803L」について、詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

記事の後半では型番違いの「RD-804L」との差についても解説しているのでお見逃しなく!

メリット
デメリット
  • 高級感のあるクールなデザイン
  • 無駄がなくコンパクトなので広い設置スペースを必要としない
  • 最大26の項目を測定できる
  • 4C法を元にした独自技術で高精度の測定が可能
  • 専用アプリで測定結果の確認や管理がカンタン
  • 価格が高額
  • 人や用途によってはオーバースペックで使いこなせない
  • 専用アプリになぜか広告が表示される

TANITA RD-803Lの同梱物

TANITA RD-803L」の外箱は、黒基調でクールかつシンプルなデザインです。

TANITA RD-803L 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

TANITA RD-803L 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

TANITA RD-803L 同梱物
TANITA RD-803Lの同梱物
  • 体組成計本体
  • 単三電池 × 4
  • 取扱説明書

付属の単三電池4本は体組成計本体の底面に入れて使います。

TANITA RD-803L 単三電池

TANITA RD-803Lのスペック

TANITAの「RD-803L」は4C法と高い相関性を持つ新しいアルゴリズムを搭載し、最大26項目を測定可能なアスリート向けハイエンドモデルの体組成計です。

TANITA RD-803L

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名TANITA RD-803L
本体サイズ330 × 318 × 40 (mm)
重さ約2.7 kg
軽量範囲0~200kg
最小表示50g(0~100kg) 100g(100~200kg)
体脂肪率5.0~75.0% 0.1%単位
BMI0.1単位
推定骨量100g単位
筋肉量0~100kg迄 50g単位 100kg以上 100g単位
部位脂肪率体幹部:5.0~75.0% 0.1単位
腕部・脚部:1.0~75.0% 0.1単位
部位筋肉量0~100kg迄 50g単位 100kg以上 100g単位
筋質点数1点単位
部位脂質点数1点単位
内臓脂肪レベル1.0~59.0レベル 0.5レベル単位
基礎代謝量1kcal/日単位
体内年齢1才単位
体水分率0.1%単位
MBA判定ビギナー/アマチュア/セミアスリート/プロアスリート
脈拍数1/min単位
電源DC6V 単3形アルカリ乾電池(LR6)×4本
電池寿命約6ヶ月(1日に4回測定した場合)
消費電流最大250mA
通信方式Bluetooh Low Energy technology

外観

TANITA RD-803L」の外観は黒とシルバーのツートンカラーで、近未来感が漂うモダンなデザインです。

TANITA RD-803L 外観

電源を入れるとこのように中央にある発光部が青く点灯します。

本体上部にはグリップがあり、中央には青色に点灯する表示部操作ボタンがあります。

操作ボタン

決定/全身・部位切替/通信ボタン

  • 設定した内容を決定する
  • 筋肉量・筋質点数・体脂肪率の測定結果を全身・部位で切り替える
  • スマートフォンと接続する

ON/OFFボタン

  • 電源を入れる、または切る
  • 体重だけをはかる
  • 地域を変更する

ダウンボタン

  • 登録内容を選択する
  • 測定結果を切り替える
  • 日時を変更する

アップボタン

  • 登録内容を選択する
  • 測定結果を切り替える
  • ID番号を呼び出す

横から見るとこんな感じ。

TANITA RD-803L 側面

底面は黒一色で中央にラベルが貼られています。

TANITA RD-803L 底面

中央のラベルには製品の品番や仕様などが記載されています。

TANITA RD-803L ラベル
記載の仕様

軽量範囲:0~200kg

最小表示:50g(0~100kg) 100g(100~200kg)

単3形アルカリ乾電池4本

品番:RD-803L

電池フタを外して、電池ボックスに単三電池を4本入れます。

四隅にある脚はメッシュのような少し独特なデザインをしていました。

TANITA RD-803L 脚

サイズ・重量

TANITA RD-803L」のサイズは330 × 318 mmです。

TANITA RD-803L サイズ

厚さは40 mm

TANITA RD-803L 厚さ

グリップと本体をつなぐケーブルの長さは最大約167 cmです。

TANITA RD-803L ケーブルの長さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

TANITA RD-803L スマホと比較

重さは約2.7 kgでした。

TANITA RD-803L 重さ

機能

TANITA RD-803L」はグリップを握る8電極方式の採用で、全身と5つの部位ごと(左腕・右腕・左脚・右脚・体幹部)の体脂肪率、筋肉量、筋肉スコアを測定します。

TANITA RD-803L 機能
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

世界で初めて部位ごとの筋質点数測定を実現しました!

筋質点数をスコア化しグラフにすることで、トレーニングの休息のタイミングがわかりやすくなります。

TANITA RD-803L 筋質点数

医療・研究機関で体組成計測のゴールドスタンダードとなっている4C法(4-Compertment Model Method)を元にした独自技術「TANITA 4C Technology」で、より正確な測定が可能になりました。

TANITA RD-803L 4C法

体重や体脂肪を始めとし、内臓脂肪レベルや筋肉量、基礎代謝量などあらゆる項目を細かく測定できます。

TANITA RD-803L 測定項目
測定項目
  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率
  • 筋肉量
  • 筋肉スコア
  • 筋質点数
  • 内臓脂肪レベル
  • 推定骨量
  • 体水分率
  • 基礎代謝
  • 体内年齢
  • 右腕筋肉量
  • 左腕筋肉量
  • 右脚筋肉量
  • 左脚筋肉量
  • 体幹筋力量
  • 右腕脂肪率
  • 左腕脂肪率
  • 右脚脂肪率
  • 左脚脂肪率
  • 体幹脂肪率
  • 右腕筋質点数
  • 左腕筋質点数
  • 右脚筋質点数
  • 左脚筋質点数
  • MBA判定
  • 脈拍
  • 運動時目標脈拍

TANITAの体組成計の中でもこの「RD-803L」は、アスリートボディメイク向けのハイエンドモデルとなっています。

TANITA RD-803L 比較
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

測定項目数は26とダントツ

専用のスマホアプリと連携すれば、よりカンタン・手軽にデータの確認や管理が可能になります。

TANITA RD-803L アプリ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ここからはスマホアプリ「HealthPlanet」と連携させる方法を詳しく解説していきます!

アプリをお使いのスマホにインストールします
ヘルスプラネット  健康管理アプリ

ヘルスプラネット 健康管理アプリ

TANITA HEALTH LINK, INC.無料posted withアプリーチ

「無料会員登録」ボタンをタップします
TANITA RD-803L ログイン
利用規約を確認し「同意する」ボタンをタップします
TANITA RD-803L 利用規約
IDやパスワードなどの基本情報を入力し「次へ」ボタンをタップします
TANITA RD-803L 基本情報
入力した内容を確認し「登録」ボタンをタップします
TANITA RD-803L 登録内容
左上の「閉じる」をタップし画面を閉じ、登録したIDでログインします
TANITA RD-803L 登録完了
TANITA RD-803L ログイン
このようなポップアップが表示されたら少し待ち「OK」ボタンをタップします
TANITA RD-803L データの同期
ホーム画面の「データを入力」ボタンをタップします
TANITA RD-803L データを入力
「体組成計を登録する」ボタンをタップします
TANITA RD-803L 体組成計を登録
体組成計のグリップにある○または通信ボタンを3秒以上長押しします
TANITA RD-803L 接続
ニックネームや地域設定などを入力し「登録」ボタンをタップします
TANITA RD-803L 設定
スマホと連携した体組成計が起動します
TANITA RD-803L 起動
体組成計に乗り、腕を伸ばした状態でグリップを持ち上げます
TANITA RD-803L 乗る
TANITA RD-803L グリップを持ち上げる
しばらく待つと計測が完了し、各項目のデータが入力されます
TANITA RD-803L データ入力完了

ホーム画面には体重や今週の総消費カロリーなどが表示されます。

TANITA RD-803L ホーム画面
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

表示項目は自分でカスタマイズすることもできます!

部位別評価では筋質点数や筋肉スコア、脂肪スコアなどをレーダーチャートでわかりやすく確認できます。

グラフを見る」では各項目の数値の変化を折れ線グラフで確認できます。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

グラフで見ればダイエットの成果も一目瞭然です!

データを見る」ではこれまでに計測した履歴の一覧から、それぞれの各項目の数値を確認できます。

プロフィール」ではプロフィールの編集や目標値の設定、アプリケーション設定などが行なえます。

TANITA RD-803L プロフィール

TANITA RD-804Lとの違い

TANITAの体組成計には、型番の数字が1つ違う「RD-804L」というモデルがあります。

RD-803L」と「RD-804L」の違いはなにか。

結論から言うと性能や機能の差は特にありません

TANITA RD-803L RD-804L

出典:タニタ公式サイト RD-803LRD-804L

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

公式サイトに載っている製品画像にもまったく違いがありません。

RD-803LとRD-804Lの違い

販売店の違いでモデル名がわかれています。

  • RD-803L:インターネット通販(Amazonなど)やカメラ店での販売
  • RD-804L:家電量販店や日用品店での販売

取扱説明書にも同一の製品として2つの型番が並んで記載されています。

TANITA RD-803L 取扱説明書

また念の為、公式サイトにある仕様も各項目ごとにそれぞれ見比べてみましたが、やはり差はありませんでした。

唯一違ったのは「JANコード」のみでした。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Amazonや楽天といったネット通販で買う場合は「RD-803L」になる、と覚えておきましょう!

TANITA RD-803Lのレビューまとめ

本記事では「【TANITA RD-803L レビュー】ダイエットの強い味方!4C法を元にした独自技術で最大26項目の高精度測定が可能になったアスリート向けハイエンドモデル体組成計」について書きました。

価格は4万円台と、一般的な体組成計と比較するとかなり高額ではありますが自分の体の数値を高精度に細かく測定できるのでその価値の高さを十分に感じています。

これからダイエットを始めようという方、健康管理の一環で体組成計の購入を検討している方はぜひ「TANITA RD-803L」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

妻が運営するダイエットブログ「eスラット」でも、ダイエットに役立つ製品として紹介しています!

ハイテクダイエッターが厳選するダイエットに役立つ最新ガジェット・家電はこちら
メリット
デメリット
  • 高級感のあるクールなデザイン
  • 無駄がなくコンパクトなので広い設置スペースを必要としない
  • 最大26の項目を測定できる
  • 4C法を元にした独自技術で高精度の測定が可能
  • 専用アプリで測定結果の確認や管理がカンタン
  • 価格が高額
  • 人や用途によってはオーバースペックで使いこなせない
  • 専用アプリになぜか広告が表示される