プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Lofree TOUCH “Fading Summer” レビュー】Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感と“消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン性を兼ね備えたメカニカルキーボード

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、キーボードにはデザイン性も求めたいイツキ(@saigalog)です。

メカニカルキーボードは製品ごとに様々な特徴がありますが、自由度の高いデザイン性も大事な要素の1つです。

今回レビューするLofreeローフリーの「TOUCHタッチFading Summerフェーディング サマー」は、心地よい打鍵感とデザイン性を両立したメカニカルキーボードです。

ダークグリーンのフレームに映える夕暮れを思わせるようなグラデーションの美しいキーキャップは、5面昇華型PBT素材で耐久性にも優れています。

軸にはGateron G Red Proを採用し、静音性の高い打鍵音と実現。

本記事ではそんな美しさと打鍵感にこだわったメカニカルキーボード「Lofree TOUCH “Fading Summer”」について、実際の打鍵音もあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • “消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン
  • Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感(ホットスワップ対応)
  • Cherry MX互換軸でキートップのカスタマイズ性が高い
  • 無線接続に非対応(技適未取得)
  • キーマップ変更に非対応
【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Lofree TOUCH “Fading Summer”の同梱物

Lofree TOUCH “Fading Summer”」の外箱は、夕暮れを思わせるようなグラデーションの美しいデザインです。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 同梱物
Lofree TOUCH “Fading Summer”の同梱物
  • キーボード本体
  • USB Type-C to Aケーブル
  • ホルダープレート
  • 単4形電池 × 3
  • 取扱説明書

USB Type-C to Aケーブルの長さは約150 cmで、USB Type-C端子側はL字になっています。

ホルダープレートはキーボード上部の溝に引っ掛けるようにして使います。

単4形電池はキーボード底面のフタを開けて入れて使います。

イツキ
イツキ

付属の電池はちゃんとLofree仕様になっており、こういった細かいところにこだわりを感じます。

Lofree TOUCH “Fading Summer”のスペック

Lofree TOUCH “Fading Summer”」は、Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感と“消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン性を兼ね備えたメカニカルキーボードです。

Lofree TOUCH "Fading Summer"

主な特徴は以下の4つ。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 特徴
Lofree TOUCH “Fading Summer”の特徴
  • ホットスワップ対応
    すべてのキースイッチを自由に変更できます
  • 9°の傾斜角度
    指の痛みを軽減します
  • 優れた耐久性
    30 日間の入力時間
  • ロータリースイッチ
    無線でも有線でもかんたんに使えます

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Lofree TOUCH “Fading Summer”
本体サイズ110 × 311 × 51 (mm)
重さ740 g
キー数68(ホットスワップ対応)
スイッチGateron G Red Pro
Operating force: 45±15 gf
Pre-travel: 2±6 mm
Travel distance: 4±0.4 mm
Pre-lubed: Yes
Behavior: Linear
Usa scenario: Office/gaming
キーキャップFading Summer Special Edition
85% of PBT
Five-Sided Dye-Sublimation
SA like
連続使用時間約30日間
接続モードBluetooth V5.0/2.4GHz/Type-C
対応OSWin/Mac/iOS/Android

外観

Lofree TOUCH “Fading Summer”」の外観はダークグリーンのフレームに、暖色を中心としたグラデーションになったキーキャップが特徴的なデザインです。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 外観
イツキ
イツキ

Fading Summer“を直訳すると「消えゆく夏」、残る暑さと物悲しさを表すような秀逸なデザインです。

キーボードの左側と右側をそれぞれ寄りで撮るとこんな感じ。

Fnキーと組み合わせることで様々な機能を使えます。

Fnキーとの組み合わせ一覧表は以下をご参考ください。

モバイルは左スライドで全表示
MacWIndows
FN+1画面の明るさ低下画面の明るさ低下
FN+2画面の明るさ増加画面の明るさ増加
FN+3マルチディスプレイマルチディスプレイ
FN+4検索検索
FN+5/Cortana ON
FN+6/スリープモードON/OFF
FN+7前のトラック前のトラック
FN+8再生/一時停止再生/一時停止
FN+9次のトラック次のトラック
FN+10ミュートミュート
FN+-_音量ダウン音量ダウン
FN+=+音量アップ音量アップ
FN+Opt/Ctrlメニューメニュー

5面昇華型PBT素材のキーキャップは質が高く、耐久性に優れています。

Cherry MX軸と互換性があるので、オリジナルのキーキャップに交換して違った雰囲気を楽しむこともできます。

イツキ
イツキ

ただし「Lofree TOUCH “Fading Summer”」のキーキャップ自体がアルチザンキーキャップのような美しさとオリジナリティにあふれているので、私はそのまま使いたいと思います。

手前側から見た側面はこんな感じで、右側にLofreeのロゴが刻印されています。

側面は手前側から奥に向かって傾斜がついています。

イツキ
イツキ

右側下部にはバッテリーインジケーターを兼ねたステータススイッチがあります。

背面左側にはUSB Type-Cポートステータススイッチの機能がプリントされています。

底面はまっさらで特に装飾などはありません。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 底面

左右上部、手前側左右には滑り止め用のゴムが貼られています。

中央には仕様が記載されたステッカーが貼られています。

Lofree TOUCH "Fading Summer" ラベル
イツキ
イツキ

おわかりのとおり日本の技適マークの記載はないため、国内で無線接続(Bluetooth、2.4GHz)して使うことはできません

底面上部にあるフタを外して単4形電池を入れられます。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 電池
イツキ
イツキ

有線接続時は電池は必要ありません。

また電池フタを外した右側にはドングルが収納されており、PCに接続することで2.4GHz無線接続できます。

イツキ
イツキ

くり返しにはなりますが、日本国内ではこの方法で接続することはできませんのでご注意を…。

美しく個性的、かつどこかノスタルジーを感じさせるようなデザインのキーボードを使えば作業効率が上がるかも?しれません笑。

Lofree TOUCH "Fading Summer" インテリア

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Lofree TOUCH “Fading Summer”」のサイズは110 × 311 mmです。

Lofree TOUCH "Fading Summer" サイズ

高さは51 mm

Lofree TOUCH "Fading Summer" 高さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Lofree TOUCH "Fading Summer" スマホと比較

コンパクトなので場所を取らず、デスクを広く使えます。

Lofree TOUCH "Fading Summer" コンパクト

重さは740 gでした。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 重さ

機能

USB Type-CケーブルでPCなどと接続します。

Lofree TOUCH "Fading Summer" 有線接続

以下の動画で打鍵音を確認できます。

イツキ
イツキ

“ポコポコ”、“コトコト”と形容できるような静かで心地よい打鍵感で、思わずタイピングの手が止まらなくなります笑。

Lofree TOUCH “Fading Summer”のレビューまとめ

本記事では「【Lofree TOUCH “Fading Summer” レビュー】Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感と“消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン性を兼ね備えたメカニカルキーボード」について書きました。

価格は2万円前後と、キーボードとしてはややお高めではありますがその価格に見合う十分な所有欲を見やしてくれる本製品。

人とは違ったデザインで、打鍵感にもこだわったメカニカルキーボードをお探しの方はぜひ「Lofree TOUCH “Fading Summer”」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • “消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン
  • Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感(ホットスワップ対応)
  • Cherry MX互換軸でキートップのカスタマイズ性が高い
  • 無線接続に非対応(技適未取得)
  • キーマップ変更に非対応
【Lofree 1% レビュー】世界一美しい!?見た目と打鍵感を極めたメカニカルキーボード 【Lofree Misty レビュー】これはもはや芸術品!“霧”のようにバックライトがほのかに光るメカニカルキーボードは最高の打鍵感でした【1%】 【Lofree Flow レビュー】薄くて静かの究極系!アルミニウム合金とPBTキーキャップの高い質感が魅力的なロープロファイルメカニカルキーボード 【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】