プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Lofree Misty レビュー】これはもはや芸術品!“霧”のようにバックライトがほのかに光るメカニカルキーボードは最高の打鍵感でした【1%】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、オシャレなキーボードが大好物なイツキ(@saigalog)です。

豊富なデザイン性や機能性を備えたキーボードの代表格と言えば「メカニカルキーボード」ですよね。

Cherry MX互換軸がもっとも主流で汎用性が高く、私もオリジナルのハンドメイドキーキャップを作ってカスタマイズを楽しんでいます。

しかし、そんな私が「このキーキャップは交換してしまうとむしろ魅力が減ってしまう!」と即座に感じたキーボードに出会いました。

それが今回レビューするLofreeローフリーの「Mistyミスティ」というメカニカルキーボード。

何より目を引くのがその見た目。

キーキャップを始めとし、フレームやスイッチまでも半透明でその名のとおり”を彷彿とさせるデザインは唯一無二。

白く光るバックライトはパターンが豊富で、タイピング時はもちろん置いているだけでオシャレなガジェットとして楽しませてくれます。

Kailh MX Jellyfish軸とPCキーキャップから生まれる打鍵感はまさに至高

「コトコトコト」と響く音に病みつきになってしまいます。

本記事ではそんなデザイン性と打鍵感に優れたメカニカルキーボード「Lofree Misty」について、実際の打鍵音やバックライトの点灯パターンもあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • “霧”をイメージした半透明で美しいデザイン
  • Kailh MX Jellyfish軸の心地よい打鍵感(ホットスワップ対応)
  • Cherry MX互換軸でキートップのカスタマイズ性が高い
  • 無線接続に非対応(技適未取得)
  • キーマップ変更に非対応

公式サイトで使える当ブログ専用10%割引クーポン!

クーポンコード:gadgerba

【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Lofree Mistyの同梱物

Lofree Misty」の外箱はグレーを基調とし、半透明で中のプリントが透けて見えています。

Lofree Misty 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

Lofree Misty 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Lofree Misty 同梱物
Lofree Mistyの同梱物
  • キーボード本体
  • USB Type-C to Aケーブル
  • 取扱説明書

USB Type-C to Aケーブルの長さは約145 cmで、USB Type-C端子側はL字になっています。

公式サイトで使える当ブログ専用10%割引クーポン!

クーポンコード:gadgerba

Lofree Mistyのスペック

Lofree Misty」は“霧”のようにバックライトがほのかに光り、優れた打鍵感を体感できるメカニカルキーボードです。

Lofree Misty

主な特徴は以下の8つ。

Lofree Misty 特徴
Lofree Mistyの特徴
  • ホットスワップ対応
  • Kailh MX Jellyfish軸
  • Poron Silencing
  • つや消しデザイン
  • 7LEDエフェクト
  • デュアルモード
  • マルチシステム
  • Bluetooth 5.1

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Lofree Misty
本体サイズ119 × 320 × 39 (mm)
重さ855 g
キー数68(ホットスワップ対応)
マルチファンクションキー数12
素材ABS/PCボディ、PCキーキャップ
入力5V 1A
バッテリーリチウムポリマーバッテリー3.7V 2000mAh
充電時間約3時間
インターフェイスUSB Type-C
接続モード有線/Bluetooth

外観

Lofree Misty」の外観はフレーム・キーキャップ・スイッチのすべてが半透明で、名前のとおり“”を彷彿とさせるデザインです。

Lofree Misty 外観

キーボードの左側と右側をそれぞれ寄りで撮るとこんな感じ。

Fnキーと組み合わせることで様々な機能を使えます。

Lofree Misty Fnキー

Fnキーとの組み合わせ一覧表は以下をご参考ください。

モバイルは左スライドで全表示
MacWIndows
FN+Backspace照明効果モード変更照明効果モード変更
FN+↑バックライト明るさ増加バックライト明るさ増加
FN+↓バックライト明るさ低下バックライト明るさ低下
FN+←バックライト点滅速度低下バックライト点滅速度低下
FN+→バックライト点滅速度増加バックライト点滅速度増加
FN+1画面の明るさ低下画面の明るさ低下
FN+2画面の明るさ増加画面の明るさ増加
FN+3マルチディスプレイマルチディスプレイ
FN+4検索検索
FN+5Siri呼び出しCortana ON
FN+6DNDモードON/OFFスリープモードON/OFF
FN+7前のトラック前のトラック
FN+8再生/一時停止再生/一時停止
FN+9次のトラック次のトラック
FN+10ミュートミュート
FN+-_音量ダウン音量ダウン
FN+=+音量アップ音量アップ
FN+Opt/Ctrlメニューメニュー

右上には各種インジケーターがあります。

バックライトは白く光ります。

Lofree Misty バックライト

PC素材のキーキャップはつや消しで半透明、独自の形状をしており指ざわりがとてもよく仕上がっています。

Cherry MX軸と互換性があるので、オリジナルのキーキャップに交換して違った雰囲気を楽しむこともできます。

イツキ
イツキ

ただし「Lofree Misty」のキーキャップ自体がアルチザンキーキャップのような美しさとオリジナリティにあふれているので、私はそのまま使いたいと思います。

手前側から見た側面はこんな感じで、中央に「TRANSLUCENT LOST IN DESIRE」と書かれた金属製のプレートが貼られています。

側面は手前側から奥に向かって傾斜がついています。

イツキ
イツキ

右側面には「1%」シリーズのロゴがプリントされています。

背面左側にはUSB Type-Cポートがあります。

底面も半透明で、中の基盤が透けて見えています。

Lofree Misty 底面

左右上部にはゴムが貼られた脚があり、手前側左右にもゴムが貼られています。

左上の脚の横にBT・OFF・ONボタンWin/And・Mac/iOSボタンがあります。

Lofree Misty スイッチ

中央にはアイコンのステッカーが貼られ、下部には製品の仕様や各種マークがプリントされています。

イツキ
イツキ

おわかりのとおり日本の技適マークの記載はないため、国内で無線接続(Bluetooth)して使うことはできません

チルトを立てて傾斜角度を調整できます。

個性的ながら派手すぎず、プライベートはもちろんビジネスシーンでも活躍してくれます。

Lofree Misty インテリア

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Lofree Misty」のサイズは119 × 320 mmです。

Lofree Misty サイズ

高さは39 mm

Lofree Misty 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Lofree Misty スマホと比較

コンパクトなので場所を取らず、デスクを広く使えます。

Lofree Misty 手に持ったところ

重さは855 gでした。

Lofree Misty 重さ

機能

USB Type-CケーブルでPCなどと接続します。

Lofree Misty 有線接続

打鍵音やバックライトのパターンを動画にまとめてみました。

イツキ
イツキ

打鍵音からわかるとおりとにかく心地よい打ち心地バックライトもクールに光るのでタイピングするだけで気分が高揚してくる感覚を味わえます!

公式サイトで使える当ブログ専用10%割引クーポン!

クーポンコード:gadgerba

Lofree Mistyのレビューまとめ

本記事では「【Lofree Misty レビュー】これはもはや芸術品!“霧”のようにバックライトがほのかに光るメカニカルキーボードは最高の打鍵感でした【1%】」について書きました。

価格は3万円台と少々値は張りますが、優れたデザイン性と打鍵感を知ればその価値に納得できる本製品。

オシャレで心地よい打ち心地で作業できるメカニカルキーボードをお探しの方は、ぜひ「Lofree Misty」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • “霧”をイメージした半透明で美しいデザイン
  • Kailh MX Jellyfish軸の心地よい打鍵感(ホットスワップ対応)
  • Cherry MX互換軸でキートップのカスタマイズ性が高い
  • 無線接続に非対応(技適未取得)
  • キーマップ変更に非対応

公式サイトで使える当ブログ専用10%割引クーポン!

クーポンコード:gadgerba

【Lofree TOUCH “Fading Summer” レビュー】Gateron G Red Pro軸の心地よい打鍵感と“消えゆく夏”をイメージした美しいデザイン性を兼ね備えたメカニカルキーボード 【Lofree 1% レビュー】世界一美しい!?見た目と打鍵感を極めたメカニカルキーボード 【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】 【Lofree Flow レビュー】薄くて静かの究極系!アルミニウム合金とPBTキーキャップの高い質感が魅力的なロープロファイルメカニカルキーボード