プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Epomaker Tide75 レビュー】パッと見無刻印!?サイドプリントキーキャップでRGBライトが映えてカスタマイズ性が高いメカニカルキーボード

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、無刻印キーボードになかなか挑戦できないイツキ(@saigalog)です。

私はキーボードを数多く所有していますが、その中でもメインで使っているのが「HHKB Professional HYBRID Type-S」です。

HHKBと言えば無刻印キーキャップが有名で優れたデザイン性に憧れますが、タッチタイピングができるとは言えなかなか手を出しづらい…。

そんな私と同じような方におすすめのキーボードが、今回レビューするEpomakerエポメーカーの「Tideタイド75」です。

質感の高いPBTダブルショットキーキャップは一見無刻印ですが、実は手前側に刻印のあるサイドプリントという特殊なキーキャップを採用。

文字が透過するため、各色に光るRGBライトが美しく見えます。

打鍵感も小気味よく、VIAでカスタマイズ性が高いのも嬉しい点です。

本記事ではデザイン性と打鍵感に優れたメカニカルキーボード「Epomaker Tide75」について、実際の打鍵音もあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • 一見無刻印に見えるサイドプリントキーキャップ搭載
  • パターンを変えられるバックライト搭載
  • 豊富な種類のスイッチから選べる
  • 心地よく軽快な独特な打鍵感
  • 無線接続が国内でできない(技適未取得)
【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Epomaker Tide75の同梱物

Epomaker Tide75」の外箱は、青を基調としたシンプルなデザインです。

Epomaker Tide75 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Epomaker Tide75 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Epomaker Tide75 同梱物
Epomaker Tide75の同梱物
  • キーボード本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • キーキャップ&キースイッチプラー
  • ドライバー
  • 取扱説明書

USB Type-A to Cケーブルの長さは約170 cmです。

Epomaker Tide75 USBケーブル

ツールは片方がキーキャッププラー、もう片方がキースイッチプラーになっています。

ドライバーはキーボードのネジを開けるときに使います。

Epomaker Tide75 ドライバー

Epomaker Tide75のスペック

Epomakerの「Tide75」はコンパクトで心地よい打鍵感が特徴的で、イルミネーションパターンが豊富なゲーミングメカニカルキーボードです。

Epomaker Tide75

主な特徴は以下の8つ。

Epomaker Tide75 特徴
  • 75%レイアウト
  • 6063アルミニウムケース
  • QMK/VIA互換性
  • PCBホットスワップ対応
  • サイドプリントキーキャップ
  • 3つの接続方法
  • 下向きRGB LED
  • 4000mAhバッテリー

カラーバリエーションは今回レビューしている「ブルー」をあわせて全4色

Epomaker Tide75 カラーバリエーション
Epomaker Tide75のカラバリ

独自のキースイッチ「EPOMAKER Lemon Switch」を採用しています。

Epomaker Tide75 キースイッチ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Epomaker Tide75
本体サイズ146 × 333 × 42 (mm)
重さ1725 g
キー数82キー + 1ノブ
アンチゴーストNKRO
ケースの材質6063アルミニウム
アルミケース仕上げ電気泳動(ブルー)、陽極酸化処理(ブラック、パープル、ピンク)
接続方法Bluetooth、2.4GHzワイヤレス、Type-C有線
RGB南向きRGB LED
ホットスワップ対応
プレート材質FR4
スタビライザータイププレートマウント
ソフトウェアの互換性VIA、QMK
バッテリー4000mAh
キーキャップOEMプロファイルダブルショットPBTキ​​ーキャップ

外観

Epomaker Tide75」の外観は、パステルブルーを基調とした可愛らしいデザインです。

Epomaker Tide75 外観

キーボードの左側と右側をそれぞれ寄りで撮るとこんな感じ。

美しく光るRGBライトが特徴です。

Epomaker Tide75 RGBライト
イツキ
イツキ

発光パターンは記事の後半にある動画内で紹介しています。

右上のノブ音量調整が割り当てられています。

サイドプリントキーキャップが採用されているため、斜め手前側から刻印を確認できます。

イツキ
イツキ

刻印部分はRGBライトの光を透過します。

Fnキーと組み合わせることで様々な機能を使えます。

Epomaker Tide75 Fnキー

Fnキーとの組み合わせ一覧表は以下をご参考ください。

Epomaker Tide75 ショートカットキー

キーキャップにはダブルショットPBTキーキャップが採用され、質感が良く耐久力に優れています。

Cherry MX軸と互換性があるので、オリジナルのキーキャップに交換して違った雰囲気を楽しむこともできます。

手前側から見た側面はこんな感じ。

Epomaker Tide75 手前

側面は手前側から奥に向かって傾斜がついています。

背面右側にはUSB Type-Cポート電源スイッチがあります。

左側にはUSBレシーバーが収納されています。

底面はこんな感じ。

Epomaker Tide75 底面

中央には鏡面仕上げの金属板が貼られており、Epomakerのロゴが刻印されています。

四隅には滑り止めが貼られています。

スタンドはないので角度を調整することはできません。

Epomaker Tide75 角度

シンプルかつ可愛らしいデザインで、プライベートはもちろんオフィスでも使えるキーボードです。

Epomaker Tide75 デザイン

サイズ・重量

Epomaker Tide75」のサイズは146 × 333 mmです。

Epomaker Tide75 サイズ

高さは42 mm

Epomaker Tide75 高さ

スマホ(iPhone 15 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Epomaker Tide75 スマホと比較

コンパクトなので場所を取らず、デスクを広く使えます。

Epomaker Tide75 コンパクト

重さは1725 gでした。

Epomaker Tide75 重さ

機能

USB Type-CケーブルでPCなどと接続します。

Epomaker Tide75 接続

VIAに対応しているので専用のJSONファイルを公式サイトからダウンロードします。

Epomaker Tide75 JSON

公式サイト

VIAではキーマップ変更などのカスタマイズができます。

VIA

打鍵音バックライトの光り方パターンを動画にまとめてみました。

イツキ
イツキ

カタカタと高い音が響く打鍵音が心地よく、バックライトの光るパターンの多さもずば抜けています!

Epomaker Tide75のレビューまとめ

本記事では「【Epomaker Tide75 レビュー】パッと見無刻印!?サイドプリントキーキャップでRGBライトが映えてカスタマイズ性が高いメカニカルキーボード」について書きました。

価格は2万円台で、オリジナリティ高いメカニカルキーボードを使えると考えるとコスパに優れた本製品。

無刻印に挑戦したいけどなかなか勇気が出ない方、優れたデザイン&打鍵感とカスタマイズ性の高いキーボードをお探しの方はぜひ「Epomaker Tide75」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • 一見無刻印に見えるサイドプリントキーキャップ搭載
  • パターンを変えられるバックライト搭載
  • 豊富な種類のスイッチから選べる
  • 心地よく軽快な独特な打鍵感
  • 無線接続が国内でできない(技適未取得)
【Epomaker TH80-X レビュー】LEDスクリーン搭載!専用ソフトでキーマップやバックライト、マクロを調整できる拡張性の高いゲーミングメカニカルキーボード 【Epomaker EK68 レビュー】コンパクトで心地よい打鍵感!イルミネーションパターンが豊富なゲーミングメカニカルキーボード