プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Logicool MX Keys S レビュー】メンブレンの理想形!スムーズな打鍵感と高機能カスタマイズが特徴的なワイヤレスキーボード

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、実はテンキー好きなイツキ(@saigalog)です。

プログラマーとして働いていたときは、ずっとテンキーのあるフルサイズキーボードを使っていた私。

最近ではプログラムを書く頻度が減り、仕事場が自宅になってデスクのスペースが限られるということもありコンパクトなキーボードを主に使うようになりました。

しかし長年のクセから、数字を入力するときはどうしてもテンキーを叩きたくなる感覚が今でもあります。

今回レビューするLogicoolロジクールの「MX Keys S」は、そんなフルサイズキーボード使いの人に特におすすめしたいワイヤレスキーボードです。

見た目はロジクール製品らしいモダンでクールなデザイン

丸くくぼんだキートップを採用し手触りがよく、静音性の高い打鍵感は高クオリティに仕上がっています。

専用ソフト「Logi Options+」の導入でカスタマイズ性が格段にUPし、中でもマクロ機能「Smart Actions」の便利さは一度使うと病みつきになるレベルです。

本記事では最高クラスのメンブレンキーボードと言える「Logicool MX Keys S」について、実際の打鍵音もあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • モダンでクールなデザイン
  • メンブレンキーボードでも心地いい打鍵感を実現
  • 専用ソフトLogi Options+で様々なカスタマイズが可能
  • Smart Actionsで自由自在なマクロ実行が登録できる
  • 価格が少しお高め
  • 特選タイムセール開催中!
19,69017,700(10%OFF)
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Logicool MX Keys Sの同梱物

Logicool MX Keys S」の外箱は、黒を基調としたシンプルなデザインです。

Logicool MX Keys S 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Logicool MX Keys S 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Logicool MX Keys S 同梱物
MX Keys Sの同梱物
  • キーボード本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • Logi Boltレシーバー
  • 保証書

USB Type-A to Cケーブルの長さは約100 cmです。

Logicool MX Keys S USBケーブル

Logi BoltはPCのUSB Type-Aポートに差し込んで使い、Bluetoothがなくても無線接続できるようになります。

Logicool MX Keys S Logi Bolt
  • 特選タイムセール開催中!
19,69017,700(10%OFF)

Logicool MX Keys Sのスペック

Logicoolの「MX Keys S」は、スムーズな打鍵感と高機能カスタマイズが特徴的なワイヤレスキーボードです。

Logicool MX Keys S

カラーバリエーションは今回レビューしている「グラファイト」をあわせて全2色

Logicool MX Keys S カラーバリエーション
Logicool MX Keys Sのカラバリ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Logicool MX Keys S
本体サイズ130 × 430 × 20 (mm)
重さ799 g
キー数フルサイズ
Easy-switch最大3台のデバイスを接続してデバイス間を切り替え
バックライト手が近づくとセンサーで起動
周辺光を自動調節するセンサー
バッテリー充電式リチウムポリマー電池(1500mAh)
バッテリー寿命最長10日、またはバックライトがオフの状態で最長10ヵ月

外観

Logicool MX Keys S」の外観は、ブラックとシルバーのツートーンカラーでモダンなデザインです。

Logicool MX Keys S 外観

キーボードの左右と中央をそれぞれ寄りで撮るとこんな感じ。

Fnキーと組み合わせることで様々な機能を使えます。

Logicool MX Keys S Fnキー

スマートイルミネーション搭載で、周囲の明るさにあわせてバックライトの光量を自動調整してくれます。

Logicool MX Keys S バックライト

右上にあるインジケーターが点灯・点滅し、状態を表します。

手前側から見た側面はこんな感じ。

Logicool MX Keys S 手前側面

側面は手前側から奥に向かって傾斜がついています。

イツキ
イツキ

薄くても剛性が高いので、打っているときのたわみなどは一切感じません!

背面左側にはUSB Type-Cポート電源スイッチがあります。

USB Type-Cケーブルを電源に接続して充電します。

Logicool MX Keys S USB接続

充電中はインジケーターが緑色に点滅します。

底面には製品の型番などが記載されています。

Logicool MX Keys S 底面

左右中央の上下にはゴム脚が貼られています。

角度調整を行うことはできません。

Logicool MX Keys S 傾斜角度

シンプルでクセのない見た目なので、インテリアやシーンに左右されずどこでも使えます。

サイズ・重量

Logicool MX Keys S」のサイズは130 × 430 mmです。

Logicool MX Keys S サイズ

高さは20 mm

Logicool MX Keys S 高さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Logicool MX Keys S スマホと比較

フルサイズキーボードですが、スマートに設置できるもの特徴の1つです。

Logicool MX Keys S 薄型

重さは799 gでした。

Logicool MX Keys S 重さ

機能

イツキ
イツキ

WindowsPCにBluetooth接続する方法を例に説明します。

Logicool MX Keys S」の接続方法はカンタンです。

電源を入れるとインジケーターが点滅します
Logicool MX Keys S ペアリング
「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックします
Logicool MX Keys S Bluetoothとその他のデバイス追加
「デバイスを追加する」画面で「Bluetooth」を選びます
Logicool MX Keys S デバイスを追加する
「MX KEYS S」を選びます
Logicool MX Keys S 選択
表示されたPINをキーボードで入力し、Enterキーを押します
Logicool MX Keys S PIN
この画面が表示されたら接続完了です!
Logicool MX Keys S ペアリング成功

Logicool MX Keys S」をPCに接続したら、専用のソフトウェア「Logi Options+」を公式サイトからダウンロードしてインストールしましょう。

Logicool MX Keys S Logi Options+

インストールが完了したら接続しているLogicoolの製品が表示されます。

Logicool MX Keys S Logi Options+

キーではキー配置を変更できます。

バックライト効果もソフト上から変更できます。

イツキ
イツキ

ちなみにバックライトは手を近づけるとセンサーで自動点灯します。

Easy-Switchでは最大3台まで接続しているデバイスを切り替えられます。

Logicool MX Keys S Logi Options+

設定ではファームウェアバージョンの確認や更新、シリアル番号などを確認できます。

Logicool MX Keys S Logi Options+

マクロ機能「Smart Actions」を使えばキーを押したときにアプリケーションの実行やキーストロークなどのアクションを登録でき、ワンタッチで複数のことが同時にできるようになります。

1回のフル充電で最大10日間、バックライトがオフの状態なら最長5ヶ月の長寿命バッテリーを搭載しています。

Logicool MX Keys S クイック充電

打鍵音を動画にまとめてみました。

イツキ
イツキ

メンブレンキーボードらしいペチペチとした打鍵音ですが、キートップが丸くくぼんでおり快適な打鍵感です!

  • 特選タイムセール開催中!
19,69017,700(10%OFF)

Logicool MX Keys Sのレビューまとめ

本記事では「【Logicool MX Keys S レビュー】メンブレンの理想形!スムーズな打鍵感と高機能カスタマイズが特徴的なワイヤレスキーボード」について書きました。

価格は2万円前後と少々値が張る印象ですが、製品のビルドクオリティとカスタマイズ性を考えると十分満足できる本製品。

仕事やプライベートなどマルチに使えて、打鍵感とカスタマイズ性に優れたワイヤレスキーボードをお探しの方はぜひ「Logicool MX Keys S」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • モダンでクールなデザイン
  • メンブレンキーボードでも心地いい打鍵感を実現
  • 専用ソフトLogi Options+で様々なカスタマイズが可能
  • Smart Actionsで自由自在なマクロ実行が登録できる
  • 価格が少しお高め
  • 特選タイムセール開催中!
19,69017,700(10%OFF)
【Logicool MX Anywhere 3S レビュー】“ちょうどいい”の究極系!Logi Options+であらゆるカスタマイズができるワイヤレスマウス 【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】 【Logicool MX Mechanical Mini レビュー】シンプルでわかりやすい!専用ソフトでカスタマイズできるエントリーモデルに最適なロープロファイルメカニカルキーボード 【Logicool M240 レビュー】サイレント&コンパクト!すぐに繋がってすぐに使えるリーズナブルなワイヤレスマウス 【Logicool H390 レビュー】嬉しいカラバリ3色展開!コントローラーが便利でエントリーモデルに最適な有線ヘッドセット 【Logicool BRIO 300 レビュー】シンプル&高クオリティ!再生プラスチックのデザインが特徴的で専用ソフトでカスタマイズできるWEBカメラ 【Logicool MK470 レビュー】スリム&ミニマリスト!サクッとワイヤレス接続できるエントリーモデルに最適なキーボード&マウスセット 【Logicool POP MOUSE M370 レビュー】おっ!?と目を引く鮮やかさ!クリック音がほとんどしないコンパクトなワイヤレスマウス 【Logicool MX Master 3 レビュー】高い質感と操作性、機能性を兼ね備えた高級ワイヤレスマウス