プレゼントにおすすめなガジェットを1分で診断

【Epomaker TH80-X レビュー】LEDスクリーン搭載!専用ソフトでキーマップやバックライト、マクロを調整できる拡張性の高いゲーミングメカニカルキーボード

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは、拡張性の高いキーボードが大好きなイツキ(@saigalog)です。

自分の好みにカスタマイズできるキーボードは数多くありますが、その多くが専用ソフトを必要とします。

中にはかなり複雑な仕様だったりと、初めての人にはなかなかとっつきにくい印象があるのもまた事実。

今回レビューするEpomakerの「TH80-X」は、キーボードのみで各種調整がしやすいメカニカルキーボードです。

特徴はなんといってもLEDスクリーンが搭載されていること。

これにより電池残量接続状態、メニュー表示でバックライトの色や輝度、パターンなどを確認・調整できます。

もちろん専用ソフトも用意されているので、キーマップ変更などさらに細かいカスタマイズが可能に。

本記事ではそんなデザイン性と機能性に優れたメカニカルキーボード「Epomaker TH80-X」について、実際の打鍵音やバックライトパターンもあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • パターンを変えられるバックライト搭載
  • 豊富な種類のスイッチから選べる
  • 心地よく軽快な独特な打鍵感
  • 便利なLEDスクリーン搭載
  • 無線接続が国内でできない(技適未取得)
【2024年】自作キーキャップの作り方を徹底解説!ツールと材料をそろえて手順を覚えれば誰でもかんたんに作れます【UVレジン】
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Epomaker TH80-Xの同梱物

Epomaker TH80-X」の外箱は、ネイビーを基調としたシンプルなデザインです。

Epomaker TH80-X 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Epomaker TH80-X 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Epomaker TH80-X 同梱物
Epomaker TH80-Xの同梱物
  • キーボード本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • キースイッチ
  • キーキャップ&キースイッチプラー
  • クイックスタートガイド

USB Type-A to Cケーブルの長さは約150 cmです。

Epomaker TH80-X USBケーブル

ツールは片方がキーキャッププラー、もう片方がキースイッチプラーになっています。

交換用のWisteria軸のキースイッチが3つ付属しています。

Epomaker TH80-X キースイッチ

Epomaker TH80-Xのスペック

Epomakerの「TH80-X」はコンパクトで心地よい打鍵感が特徴的で、イルミネーションパターンが豊富なゲーミングメカニカルキーボードです。

Epomaker TH80-X

カラーバリエーションは今回レビューしている「Mint Green」をあわせて全2色

Epomaker TH80-X カラーバリエーション
Epomaker TH80-Xのカラバリ

スイッチはのGateron Pro Black軸Gateron Yellow Pro軸Flamingo軸Wisteria軸の4種類から選べます。

Epomaker TH80-X キースイッチ
イツキ
イツキ

本記事でレビューしているのはWisteria軸です。

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Epomaker TH80-X
本体サイズ137 × 341 × 42 (mm)
重さ1034 g
キー数79 Keys
スクリーンLED
構造ガスケット設計
スタビライザーの種類プレートマウント式
PCB TYPE3/5ピンホットスワップPCB
バッテリー容量4000mAh
接続方法Type-Cケーブル
2.4GHz&Bluetooth ※日本国内不可
アンチゴーストキー全モードでNKRO
ポーリングレート1000hz(Type-C有線&2.4Gモード)
互換性Windows/Mac

外観

Epomaker TH80-X」の外観は、ミントグリーンを基調とした可愛らしいデザインです。

Epomaker TH80-X 外観

キーボードの左側と右側をそれぞれ寄りで撮るとこんな感じ。

右上のノブ音量調整が割り当てられています。

ノブの下にはLEDスクリーンがあります。

イツキ
イツキ

Fnキーと組み合わせることでメニューを呼び出し、パターンやカラーなどを変更できます。

Fnキーと組み合わせることで様々な機能を使えます。

Epomaker TH80-X FNキー

Fnキーとの組み合わせ一覧表は以下をご参考ください。

Epomaker TH80-X FNキー組み合わせ

キーキャップにはABS素材が採用されています。

Cherry MX軸と互換性があるので、オリジナルのキーキャップに交換して違った雰囲気を楽しむこともできます。

手前側から見た側面はこんな感じ。

Epomaker TH80-X 手前側面

側面は手前側から奥に向かって傾斜がついています。

背面左側にはUSB Type-Cポート電源スイッチがあります。

底面中央には製品の型番などが記載されたラベルがあります。

イツキ
イツキ

おわかりのとおり日本の技適マークの記載はないため、国内で無線接続して使うことはできません

左右上部には角度調整用のスタンドとゴム脚、手前左右にもゴム脚が貼られています。

チルトを立てるとこのように角度が増して打ちやすさが向上します。

個性的なデザインで、普段の作業時のテンションを高めてくれます。

Epomaker TH80-X デザイン

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Epomaker TH80-X」のサイズは137 × 341 mmです。

Epomaker TH80-X サイズ

高さは42 mm

Epomaker TH80-X 高さ

スマホ(iPhone 15 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Epomaker TH80-X スマホと比較

コンパクトなので場所を取らず、デスクを広く使えます。

Epomaker TH80-X コンパクト

重さは1034 gでした。

Epomaker TH80-X 重さ

機能

USB Type-CケーブルでPCなどと接続します。

Epomaker TH80-X 有線接続

専用のソフト「EPOMAKER Driver」を使えば、さらに拡張性が高くなります。

公式サイト

「EPOMAKER Driver」ではキーマップ変更やマクロ登録スクリーンのカスタマイズやバックライトの調整ができます。

その場で書いた絵(文字)や画像ファイルをアップロードすることで、LEDスクリーンに表示させることができます。

イツキ
イツキ

他のキーボードにはないユニークな機能で、遊び心がありますね!

Epomaker TH80-X」は美しく光るバックライトが特徴です。

打鍵音バックライトの光り方パターンを動画にまとめてみました。

イツキ
イツキ

カタカタと高い音が響く打鍵音が心地よく、バックライトの光るパターンの多さもずば抜けています!

Epomaker TH80-Xのレビューまとめ

本記事では「【Epomaker TH80-X レビュー】LEDスクリーン搭載!専用ソフトでキーマップやバックライト、マクロを調整できる拡張性の高いゲーミングメカニカルキーボード」について書きました。

価格は1万円台と、メカニカルキーボードとしてはかなりお手頃な本製品。

拡張性が高く、バックライトパターンを自在に変更できるメカニカルキーボードをお探しの方はぜひ「Epomaker TH80-X」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • コンパクトなのでデスクを広く使える
  • パターンを変えられるバックライト搭載
  • 豊富な種類のスイッチから選べる
  • 心地よく軽快な独特な打鍵感
  • 便利なLEDスクリーン搭載
  • 無線接続が国内でできない(技適未取得)
【Epomaker Tide75 レビュー】パッと見無刻印!?サイドプリントキーキャップでRGBライトが映えてカスタマイズ性が高いメカニカルキーボード 【Epomaker EK68 レビュー】コンパクトで心地よい打鍵感!イルミネーションパターンが豊富なゲーミングメカニカルキーボード