本日のAmazonタイムセールはこちら

【フォルテック 缶クールキーパー レビュー】酒好き必携!缶をそのまま保冷&保温できる真空断熱タンブラー

こんにちは、毎日のように晩酌しているイツキ(@saigalog)です。

私は酒の種類には特にこだわらない、いわゆる“何でもいける口”というやつなのですが、日常的にはビールやチューハイを飲むことが多いです。

特に缶は、冷蔵庫から取り出してプルタブを開けるだけで飲める手頃さが最高ですよね。

一応こだわった酒器も持ってはいるのですが、気合を入れて「今日は飲むぞ!」という日以外はあまり使わないのが実情です。

今回レビューする和平わへいフレイズの「フォルテック 缶クールキーパー」は、そんな私のような缶ドリンカーにうってつけの製品です。

耐食性に優れたステンレス鋼が素材の本体に、いつも飲んでいるビールやチューハイの缶をそのまま入れるだけ

真空断熱の技術で空気の熱をシャットアウトし、いつまでも飲み頃の温度を保ってくれます

もちろん普通のタンブラーのように直接飲料を注いで使うこともできますが、タンブラーを汚さなければ洗い物も増えずエコロジーなのも大きな利点です。

本記事では日常の晩酌に欠かせない存在になること間違いなしの「フォルテック 缶クールキーパー」について、実際の使用例も交えて詳しくレビューしていきます!

フォルテック 缶クールキーパーの同梱物

フォルテック 缶クールキーパー」の外箱は白を基調としたシンプルなデザインで、製品の写真がプリントされてわかりやすくなっています。

フォルテック 缶クールキーパー 外箱

側面には製品の仕様や特徴が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

フォルテック 缶クールキーパー 同梱物
フォルテック 缶クールキーパーの同梱物
  • フォルテック 缶クールキーパー本体
  • 取扱説明書
  • 品質表示

フォルテック 缶クールキーパーのスペック

和平フレイズの「フォルテック 缶クールキーパー」は、缶をそのまま入れて真空断熱で保冷・保温できるタンブラーです。

フォルテック 缶クールキーパー

バリエーションは今回レビューしている「フォレストグリーン 350 ml」の他に以下のものがあります。

フォルテック 缶クールキーパー バリエーション

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名フォルテック 缶クールキーパー
本体サイズ直径71 mm、高さ109 mm
重さ139 g
容量350 ml
素材ステンレス鋼

外観

フォルテック 缶クールキーパー」は素材にステンレス鋼が採用され、飲み口のシルバーと胴部のグリーンのツートーンカラーです。

フォルテック 缶クールキーパー 外観

真上から見た内容器はこんな感じ。

フォルテック 缶クールキーパー 内容器

内側の飲み口より少し下の部分に出っ張りがあり、缶を入れたときのストッパーとして機能します。

横から見るとこんな感じ。

フォルテック 缶クールキーパー 胴部

底面には品番が記載された保護シートが貼られています。

フォルテック 缶クールキーパー 底面
注意

つけ置き洗いや煮沸、食器洗浄機や食器乾燥機の使用はできませんのでご注意ください。

サイズ・重量

フォルテック 缶クールキーパー」の直径は71 mmです。

フォルテック 缶クールキーパー 直径

高さは109 mm

フォルテック 缶クールキーパー 高さ

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

350 ml缶ピッタリのちょうど良い手頃なサイズです。

フォルテック 缶クールキーパー 手に持ったところ

重さは139 gでした。

フォルテック 缶クールキーパー 重さ

機能

フォルテック 缶クールキーパー」に350 ml缶を入れて使います。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

少し回しながらねじるように入れるのがコツです。

ストッパーのおかげでひっくり返しても缶は落ちてきません

フォルテック 缶クールキーパー 落ちない

断熱層で空気の熱を遮断することで、長時間の保冷・保温を実現しています。

フォルテック 缶クールキーパー 性能

出典:フォルテック 缶クールキーパー(缶クーラー) | 和平フレイズ株式会社

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

30℃の部屋に1時間置いても6℃しかぬるくならないなんて…スゴすぎ!

缶によっては入らないものもあるとのことなので、可能な範囲で形状の違うものを集めてみましたがどれも問題なく使うことができました

フォルテック 缶クールキーパー 缶のレパートリー
入るのを確認できた缶
  • サントリー 金麦
  • サントリー こだわり酒場のレモンサワー
  • サントリー プレミアムモルツ
  • 銀河高原ビール
  • タカラ 焼酎ハイボール
  • サントリー -196℃ ストロングゼロ
  • キリン 氷結
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

よっぽど変わった形状の缶でない限り、基本的に使えるはずです!

当然ですが、普通の真空断熱タンブラーとして使うこともできます。

フォルテック 缶クールキーパー 注ぐ

容量は350 mlピッタリで、全部入れると写真のとおり表面張力スレスレ、といった感じでした。

説明書にも記載があるとおり、飲み口より約1 cm下くらいまでが目安となります。

フォルテック 缶クールキーパー 氷
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

飲み口がとてもなめらかに加工されているので、口当たりが優しくて飲み心地が良いです!

私はソファーに座りながら缶を飲むことが多く、アームに置いたときに結露で濡れてしまうのが嫌だったのですが「フォルテック 缶クールキーパー」でその問題が解決して本当に満足しています。

フォルテック 缶クールキーパー 濡れない

フォルテック 缶クールキーパーのレビューまとめ

本記事では「【フォルテック 缶クールキーパー レビュー】酒好き必携!缶をそのまま保冷&保温できる真空断熱タンブラー」について書きました。

価格も1,000円強と手頃なので、1つだけでなく家族みんなの分を用意するのも難しくはありません。

この製品を知ってから私は「もっと早く知りたかった!(気づくべきだった)」と後悔しているくらい気に入っていますし、毎日ヘビーユーズしています。

強いて気になった点をあげるなら、持った感覚でお酒の残量がわかりにくくなること。

今までは飲まずとも重さで残りがわかりましたが「フォルテック 缶クールキーパー」は139 gあるので、まだあると思って口をつけてみるともう空だった、という経験を何度もしています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

これについてはデメリットというよりは、慣れの問題になるかと思います笑。

私と同じように晩酌が好きでビールやチューハイを缶でよく飲んでいるという方は、ぜひ「フォルテック 缶クールキーパー」をチェックしてみてはいかがでしょうか。