本日限定!Amazonタイムセール開催中

【サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 レビュー】真空断熱でしっかり保冷!缶がそのまますっぽり入るカラバリ豊富な保冷缶ホルダー

こんにちは、10年以上サーモスの真空断熱タンブラーを使い続けているイツキ(@saigalog)です。

私が晩酌時によく飲むのは缶ビールや缶チューハイ。

プルタブを開ければそのまま飲めて本当に楽ですよね。

しかし、欠点といえば時間とともに温度がだんだんぬるくなってしまうこと。

缶で飲む楽さはそのままにしっかり保冷ができる製品といえば、今回レビューするサーモスの「保冷缶ホルダー JCB-352」です。

サーモスと言えば魔法瓶などの断熱技術で知られる超有名ブランドで、「保冷缶ホルダー JCB-352」も例に漏れず真空断熱で抜群の保冷力を発揮してくれます。

サイズは350 mlと500 ml用のものがあり、カラバリも全6色と豊富なラインナップ。

気になる価格も1,000円台とリーズナブルな「サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」について、本記事では実際の使用例もあわせて詳しくレビューしていきます!

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

記事の後半では、他社製品との比較保冷力検証もしていますのでお見逃しなく!

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352の同梱物

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」の外箱は白を基調としたシンプルなデザインで、製品の写真がプリントされてわかりやすくなっています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 外箱

側面には製品の仕様や特徴が記載されています。

同梱物として以下のものが入っています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 同梱物
サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352の同梱物
  • サーモス 保冷缶ホルダー本体
  • 取扱説明書

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352のスペック

サーモスの「保冷缶ホルダー JCB-352」は缶をそのまますっぽり入れられて、真空断熱でしっかり保冷できる保冷缶ホルダーです。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352

バリエーションは今回レビューしている「コーラルピンク 350 ml」の他に以下のものがあります。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 バリエーション

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352
本体サイズ直径69 mm、高さ111 mm
重さ136 g
容量350 ml
素材ステンレス鋼、シリコン

外観

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」は素材にステンレス鋼が採用され、上部にはラバーリングが装着されています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 外観

真上から見た内容器はこんな感じ。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 内容器

シリコン製のラバーリングがフチの部分でひっかかり、缶が滑って抜けにくくなっています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 フチ

ラバーリングは取り外して洗えます。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 ラバーリング

横から見るとこんな感じ。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 側面

側面下部にはおなじみの「THERMOS」のロゴが入っています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 ロゴ

底面には品番が記載された保護シートが貼られています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 底面
注意

煮沸、食器洗浄機や食器乾燥機の使用はできませんのでご注意ください。

サイズ・重量

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」の直径は69 mmです。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 直径

高さは111 mm

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 高さ

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

350 ml缶ピッタリのちょうど良い手頃なサイズです。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 手ごろなサイズ

重さは136 gでした。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 重さ

機能

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」に350 ml缶を入れて使います。

真空断熱構造で中の冷気を外に逃がしにくく、飲み頃の温度をキープします。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 真空断熱構造

缶のみの状態と比較して、その保冷力は一目瞭然です。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 保冷力
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

実際の検証結果はこのあとの「保冷力検証」の項に詳しく記載しています!

私はソファーに座りながら缶を飲むことが多く、アームに置いたときに結露で濡れてしまうのが嫌だったのですが「サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」でその問題が解決して本当に満足しています。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 濡れない

フォルテック 缶クールキーパーとの比較

当ブログでもレビューしている和平フレイズの「フォルテック 缶クールキーパー」と比較してみました。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 比較

サイズや重さなど、あらゆる面をわかりやすく比較した表を以下にまとめています。

モバイルは左スライドで全表示
サーモス 保冷缶ホルダーフォルテック 缶クールキーパー
直径69 mm71 mm
高さ111 mm109 mm
重さ136 g139 g
材質ステンレス鋼ステンレス鋼
ラバーリングありなし
サイズ350 ml、500 ml350 ml、500 ml
カラバリ全6色全3色
缶固定
タンブラーとして使用

フォルテック 缶クールキーパー」は逆さにしても缶が落ちないくらいしっかりと固定されます。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 固定
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

缶が固定されると、少し倒したときでも抜けて落ちてしまわない安心感があります。

また「フォルテック 缶クールキーパー」は、普通のタンブラーのように飲み物を直接入れて使えます。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 タンブラー
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

サーモス 保冷缶ホルダー」もできなくはないですが、メーカー公認の使い方ではないようです。

両製品のサイズ感にはほとんど違いがありません。

缶を入れたとき「フォルテック 缶クールキーパー」のほうが、出ている上部の面積が広くなります。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 上部
フォルテック 缶クールキーパーレビューはこちら 【フォルテック 缶クールキーパー レビュー】酒好き必携!缶をそのまま保冷&保温できる真空断熱タンブラー

保冷力検証

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」の保冷力を検証してみました。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 保冷力
室温25.0℃、湿度61%
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

上で比較した「フォルテック 缶クールキーパー」の保冷力もあわせて検証しています!

それぞれ缶の中身が9℃の状態から検証を開始しました。

開始時計測時の温度
  • そのまま:9℃
  • サーモス:9℃
  • フォルテック:9℃

検証開始から1時間後、それぞれの缶の中身の温度は以下のとおりです。

1時間後計測時の温度
  • そのまま:19℃
  • サーモス:14℃
  • フォルテック:15℃

検証開始から2時間後の結果は以下のとおりになりました。

2時間後計測時の温度
  • そのまま:22℃
  • サーモス:15℃
  • フォルテック:16℃

温度経過をまとめた折れ線グラフと表は以下になります。

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 折れ線グラフ
モバイルは左スライドで全表示
開始時1時間後2時間後
そのまま9℃19℃22℃
サーモス 保冷缶ホルダー JCB-3529℃14℃15℃
フォルテック 缶クールキーパー9℃15℃16℃

結果は一目瞭然!

缶そのままでは2時間後に13℃上昇しほぼ常温に近い温度になりましたが、サーモス、フォルテックは共に6~7℃程度の上昇にとどめています。

実際に飲んでみてもじゅうぶん冷たく、ぬるくなっているという感覚はありませんでした。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

環境や検証方法で多少結果は変わる部分もあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください!

サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352のレビューまとめ

本記事では「【サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352 レビュー】真空断熱でしっかり保冷!缶がそのまますっぽり入るカラバリ豊富な保冷缶ホルダー」について書きました。

デザイン良し、機能良し、価格良しと三拍子揃った本製品。

私のように缶でそのままお酒を飲んじゃう缶ドリンカーには、特に嬉しい必携アイテムとなっています。

洗い物をできるだけ増やしたくない方、手軽に缶のままお酒を楽しみたい方はぜひ「サーモス 保冷缶ホルダー JCB-352」をチェックしてみてはいかがでしょうか。