本日のAmazonタイムセールはこちら

【OBSBOT Tiny レビュー】AIでターゲットを自動追跡しジェスチャーで操作もできるコンパクトなWEBカメラ

こんにちは、近頃オンライン会議の頻度が高めのイツキ(@saigalog)です。

私と同じようにリモートでのオンライン会議や、カンファレンスに参加する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。

そんなオンライン会議に必要不可欠のデバイスと言えばカメラマイク

特にカメラは製品によって画質などにクオリティの差が如実に出るので、できるだけ性能がいいものを使いたいですよね。

今回レビューする「OBSBOT Tinyオブスボット タイニー」は、オンライン会議やプレゼンなどで大活躍するWEBカメラです。

解像度はフルHD(1080p)で輝度やコントラストなどの調整も可能で、もちろんマイクも完備しています。

そしてなんと言っても目玉なのが「AIによるターゲット自動追跡機能」。

カンタンなジェスチャーでターゲットを認識させれば、あとは左右上下に動こうがカメラが自動的に追跡して必ず画角に収めてくれます

本記事ではそんな画期的なWEBカメラである「OBSBOT Tiny」を詳しくレビューしていきます!

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年4月16日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

OBSBOT Tinyの同梱物

OBSBOT Tiny」の外箱は、白と赤のツートーンカラーでシンプルなデザインです。

OBSBOT Tiny 外箱

裏面には製品の特徴と仕様が記載されています。

OBSBOT Tiny 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

OBSBOT Tiny 同梱物
OBSBOT Tinyの同梱物
  • OBSBOT Tiny本体
  • マグネットスタンド
  • USB Type-A to Cケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書

付属のUSB Type-A to Cケーブルは約150 cmです。

OBSBOT Tiny USBケーブル

マグネットスタンドは「OBSBOT Tiny」の底面に取り付けて固定します。

OBSBOT Tinyのスペック

OBSBOT Tiny」はAIでターゲットを自動追跡し、ジェスチャーで操作もできるコンパクトなWEBカメラです。

OBSBOT Tiny

OBSBOT Tiny」の特徴がまとめられた動画も公式チャンネルにアップされていますので、こちらもぜひチェックしてみてください!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名OBSBOT Tiny
本体サイズ高さ89 mm、底面直径57 mm
重さ147 g
内蔵オーディオノイズキャンセリング機能付きマイク × 2
電源DC 5V1A
データ端子USB Type-C
その他の端子三脚用ねじ穴(UNC 1/4-20)
インジケーター4色
最大解像度1080p/30 fps、MJPEG、H264
動画解像度1920 × 1080、1280 × 720、960 × 540、640 × 360
フレームレート1920 × 1080:最大30 fps
1280 × 720以下:最大60 fps
デジタルズーム2x
視野角90°
使用時の可動範囲パン:±150°、チルト±45°
設計上の可動範囲パン:±160°、チルト±90°
最大速度120°/秒
WindowsOSWindows 10以降、8、7
MacOSMac OS X 10.7以降

外観

OBSBOT Tiny」の外観は、黒で統一されたシンプルなデザインです。

OBSBOT Tiny 外観

横から見るとこんな感じ。

カメラはフルHD(1080p)の解像度に対応しています。

OBSBOT Tiny カメラ

土台の上部にはカメラインジケーターがあります。

OBSBOT Tiny カメラインジケーター

インジケーターは色や点灯/点滅で本体のステータスを表します。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

土台にあるポチッと開いた2つの穴がマイクです。

すべてのインジケーターのパターンを以下にまとめています。

OBSBOT Tiny インジケーターパターン
インジケーターの意味
  • 1. 3つの赤色ライトがすべてゆっくり点滅:アップグレード失敗
  • 2. 3つの赤色ライトがすべて点灯:PTZ障害やAI自体のエラーなど
  • 3. 3つの黄色ライトがすべて点滅:ターゲットを見失ってる
  • 4. 中央の緑色ライトが点灯:追跡対象が指定されていない
  • 5. 3つの緑色ライトがすべて点灯:追跡対象が指定されている
  • 6. 3つの青色ライトが規則的に点滅:デバイスが初期化されている
  • 7. 3つの青色ライトが1つずつ点滅した後にすべて点滅:ジェスチャーが正常に認識
  • 8. 青色黄色ライトが交互に点滅:デバイスアップグレード中

カメラ部の背面はこんな感じ。

OBSBOT Tiny カメラ背面

土台の背面にはDC電源ポートUSB-Cポートがあります。

OBSBOT Tiny 各種ポート
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

PCからの給電(USB-C)だけでは足りないときに、DC電源ポートを使いましょう(電源アダプターは付属していません)。

底面にはスタンドに取り付けるマグネットと、中央には三脚用ねじ穴があります。

OBSBOT Tiny 底面
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

三脚用ねじ穴は標準的な「UNC 1/4ナットコネクタ」です。

付属のUSBケーブルでPCと接続して使います。

OBSBOT Tiny PC接続

マグネットスタンドを使えば、モニターのフレームにこのように挟んで取り付けられます。

左右にドラッグ(スワイプ)することで製品を回転させて見ることができます。

  

サイズ・重量

OBSBOT Tiny」の高さは89 mmです。

OBSBOT Tiny 高さ

底面の直径は57 mm

OBSBOT Tiny 直径

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

OBSBOT Tiny スマホと比較

手のひらに収まるくらいコンパクトな本体です。

OBSBOT Tiny 手のひらサイズ

重さは147 gでした。

OBSBOT Tiny 重さ

機能

OBSBOT Tiny」は、PCにUSB接続するだけで自動的にインストールされて使えるようになります。

OBSBOT Tiny PC接続
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

細かい設定を行う場合は、公式サイトで配布されている専用ソフト「OBSBOT TinyCam」をインストールします。

公式サイトでインストールプログラムをダウンロードします

※ここではWindows版を例に紹介します。

OBSBOT Tiny 公式サイト
「次へ」ボタンを押します
OBSBOT Tiny 設定ウィザード
インストール先のフォルダを選びます
OBSBOT Tiny インストール先フォルダ
インストールするコンポーネントを選択肢して「次へ」ボタンを押します
OBSBOT Tiny コンポーネント選択
使用許諾契約を読み「次へ」ボタンを押します
OBSBOT Tiny 使用許諾契約
スタートメニューのショートカットを入力し「次へ」ボタンを押します
OBSBOT Tiny ショートカット
「インストール」ボタンを押します
OBSBOT Tiny インストール準備
インストールが完了するのを待ちます
OBSBOT Tiny インストール中
この画面が表示されたらインストール完了です
OBSBOT Tiny インストール完了

「OBSBOT TinyCam」ではカメラの操作はもちろん、アンチフリッカー映像の輝度の設定・調整ができます。

OBSBOT TinyCamでできること
  • カメラ向きの調整
  • ズーム倍率の変更
  • AIトラッキングのON/OFF
  • ソフトウェアバージョンの確認
  • ファームウェアバージョンの確認
  • ジェスチャーコントロールのON/OFF
  • 画像の調整
  • カメラ制御
  • アンチフリッカー(OFF、50Hz、60Hz)
  • プリセットポジションの設定
  • 言語選択
  • ログ出力
  • マニュアル更新
  • ファームウェアアップグレード
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

言語についてレビュー時点では英語と中国語のみでしたが、Makuakeプロジェクト終了後に製品が届くタイミングでは日本語も追加されるようです。

ジェスチャーは2種類あり、画像のように顔の横に片手を挙げると「ターゲット選択/キャンセル」の意味になります。

OBSBOT Tiny ジェスチャーターゲット選択/キャンセル
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ターゲットが選択されるとカメラインジケーターが3つ緑色に点灯し、AIで自動的に追跡してくれるようになります。

自動追跡が始まると、下の動画のように土台とカメラアームがグリグリと回ってターゲットを追いかけます。

OBSBOT Tiny 動作

顔の横で人差し指と親指を立てると「2xズームイン/ズームアウト」の意味になります。

OBSBOT Tiny 2xズームイン/アウト

実際の動作イメージはこのような感じになります。

OBSBOT Tiny ジェスチャー操作
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年4月16日まで)。

OBSBOT Tinyのレビューまとめ

本記事では「【OBSBOT Tiny レビュー】AIでターゲットを自動追跡しジェスチャーで操作もできるコンパクトなWEBカメラ」について書きました。

私も実際に会議などで何度か使用してみましたが、画質も良く動きをちゃんと動きを追跡してくれるので大満足でした。

ただ子どもが遊んでいるところや、激しい動きなどにはついていけていないことが何度かあったのでその辺りは予め確認しておきたい点です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

やはり最適なシーンは激しい動きのない会議やカンファレンスである、というのが個人的な結論です。

オンライン会議やカンファレンス、または講義・授業などで使う配信用のWEBカメラをお探しの方はぜひ「OBSBOT Tiny」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2021年4月16日まで)。