本日限定!Amazonタイムセール開催中

【COOLPO AI HUDDLE MINI レビュー】圧巻の110°広角レンズで映せる範囲が超広い!4K高画質で人物をAIで追尾するハイスペックウェブカメラ

こんにちは、月に50回以上のオンライン会議に参加するイツキ(@saigalog)です。

オンライン会議で大事なことと言えばなんとと言っても音質、そして画質ですよね。

今回レビューするCOOLPOの「AI HUDDLE MINIエーアイ ハドル ミニ」はレベルの高い音質と画質、そして機能を兼ね備えたウェブカメラです。

設置はPCと電源に接続し、ソフトウェアをインストールするだけで超簡単。

解像度は4Kで超美麗、最大110°までの広角レンズを搭載し、カメラをひくことなく広い範囲を映し出してくれます。

またAIで人物を自動認識し、常に全員がフレーム内に収まるように調整してくれます。

本記事ではそんなハイスペックなウェブカメラ「COOLPO AI HUDDLE MINI」について、実際に撮影した様子などもあわせて詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 誰でもカンタンにセットアップできる
  • 4K解像度でクリアな映像
  • 最大110°の広角レンズで広い範囲を映せる
  • AIで人物を常にフレーム内に自動的に収めてくれる
  • 少しサイズが大きめ
  • 価格が高め
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

COOLPO AI HUDDLE MINIの同梱物

COOLPO AI HUDDLE MINI」の外箱は、白を基調としたシンプルなデザインです。

COOLPO AI HUDDLE MINI 外箱

側面には製品の特長などが記載されています。

COOLPO AI HUDDLE MINI 外箱側面

同梱物として以下のものが入っています。

COOLPO AI HUDDLE MINI 同梱物
COOLPO AI HUDDLE MINIの同梱物
  • カメラ本体
  • プライバシーカバー
  • USB Type-C to Aケーブル
  • 取扱説明書

USB Type-C to Aケーブルの長さは約300 cmです。

COOLPO AI HUDDLE MINI USB Type-C to Aケーブル

プライバシーカバーはカメラ本体の上部にかけるように装着します。

COOLPO AI HUDDLE MINIのスペック

COOLPOの「AI HUDDLE MINI」は110°広角レンズで映せる範囲が広く、4K高画質で人物をAIで追尾するハイスペックウェブカメラです。

COOLPO AI HUDDLE MINI

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名COOLPO AI HUDDLE MINI
本体サイズ64 × 250 × 72 (mm)
重さ308 g
デコード/エンコード(ビデオ)H264, MJPEG
入力解像度3840 × 2160 @ 30Hz
出力解像度H264:
3840 × 2160 @ 30Hz
1920 × 1080 @ 30Hz
1280 × 720 @ 30Hz
MJPEG:
3840 × 2160 @ 30Hz
1920 × 1080 @ 30Hz
1280 × 720 @ 30Hz
対角線118°
水平方向110°
垂直方向75°
デコード/エンコード(音声)PCM 32K
マイクロホン出力6マイクアレイラインアウト
音声出力スピーカー出力 3.5mm
インターフェースピックアップ範囲8mまたは約26フィート
対応OSWin10、MacOS10.15.4以降
対応ソフトウェアZoom、Microsoft Teams、BlueJeans、Webex、Google Meet、etc.
USBUSB 2.0
電力最大入力電流1.5A

外観

COOLPO AI HUDDLE MINI」の外観はブラックとシルバーのツートーンカラーで、シンプルなデザインです。

COOLPO AI HUDDLE MINI 外観

上から見るとこんな感じ。

COOLPO AI HUDDLE MINI 上から見たところ

レンズの部分が少し盛り上がっていることがわかります。

COOLPO AI HUDDLE MINI レンズ

正面から見るとこんな感じ。

COOLPO AI HUDDLE MINI 正面

中央には解像度4K、110°の広角に対応したレンズがあります。

COOLPO AI HUDDLE MINI レンズ

右側にはインジケーターがあり、色で状態を表します。

  • 赤く点灯:スタンバイ状態
  • 青く点灯:動作中

本体の下側には「Coolpo」のロゴがプリントされたスタンドがあります。

COOLPO AI HUDDLE MINI スタンド

レンズの部分に被せるようにプライバシーカバーを装着します。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

物理的にカメラの映像が遮断されるので、セキュリティ面も安心です。

背面はこんな感じ。

COOLPO AI HUDDLE MINI 背面

中央には製品の仕様が記載されたラベルが貼られています。

COOLPO AI HUDDLE MINI ラベル

左側にはモードボタンがあり、さらにその横にはヘッドホンジャックUSB Type-Cポートがあります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

モードボタンではオート機能の有効/無効を切り替えられます。

付属のUSB Type-C to Aケーブルを接続して使います。

COOLPO AI HUDDLE MINI USB接続

左右それぞれの側面はこんな感じ。

底面にはスタンドがあり、1/4インチのネジに対応した三脚用のネジ穴があります

手持ちの三脚をつけてみるとこんな感じになりました。

COOLPO AI HUDDLE MINI 三脚

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

COOLPO AI HUDDLE MINI」のサイズは64 × 250 mmです。

COOLPO AI HUDDLE MINI サイズ

奥行きは72 mm

COOLPO AI HUDDLE MINI 奥行き

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

COOLPO AI HUDDLE MINI スマホと比較

手に持つと実はそれなりの大きさがあることがわかります。

COOLPO AI HUDDLE MINI 手に持ったところ

重さは308 gでした。

COOLPO AI HUDDLE MINI 重さ

機能

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

COOLPO AI HUDDLE MINI」をPCに接続し、ソフトをインストールしてセットアップしましょう。

公式ページから「Coolpo Tools」をダウンロードします

※公式サイトへはこちらからアクセスできます。

COOLPO AI HUDDLE MINI 公式サイト
ダウンロードしたソフトウェアを実行します
COOLPO AI HUDDLE MINI ソフトウェア
「COOLPO AI HUDDLE MINI」をUSBケーブルでPCと電源に接続します
COOLPO AI HUDDLE MINI PC接続
ソフトウェアの画面が切り替わるので「Coolpo Mini Camera」をタップします
COOLPO AI HUDDLE MINI 選択
ソフト内にカメラの映像が表示されたらセットアップ完了です
COOLPO AI HUDDLE MINI 映像表示

デバイスの更新」では、ファームウェアのバージョン確認とアップデートができます。

COOLPO AI HUDDLE MINI デバイスの更新

モードスイッチ」ではジェスチャ認識のON/OFFやスマートフレーミング、画面分割などを切り替えられます。

COOLPO AI HUDDLE MINI モードスイッチ

画像調節」では輝度やシャープ、コントラストなど映像に関する細かい調整ができます。

COOLPO AI HUDDLE MINI 画像調節

フィードバック」では、フォームから質問などの問い合わせを送信できます。

COOLPO AI HUDDLE MINI フィードバック

言語選択」では、日本語を始めとした複数の言語を選べます。

COOLPO AI HUDDLE MINI 言語選択

COOLPO AI HUDDLE MINI」は4Kの超高精細映像を実現できます。

COOLPO AI HUDDLE MINI 4K

最大110°の広い視野ですべての参加者を映し出し、AIによるオートフレームで常に全員をフレーム内に収めてくれます。

COOLPO AI HUDDLE MINI 視野角

ジェスチャ認識機能で発表者を追跡し、焦点を自動的にあわせます。

COOLPO AI HUDDLE MINI ジェスチャ認識

実際に「COOLPO AI HUDDLE MINI」で撮影した様子はこんな感じです。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

やっぱり4K解像度のきめ細かさはすごい…!

ナメコ
ナメコ

顔を動かすと映像が自動的に追尾してきて面白い!笑

また同じく COOLPO の「AI HUDDLE PANA」と、Ankerのウェブカメラ「AnkerWork B600 Video Bar」で録音してそれぞれの音声を比較してみました。

COOLPO AI HUDDLE MINI
COOLPO AI HUDDLE PANA
AnkerWork B600 Video Bar

COOLPO AI HUDDLE MINIのレビューまとめ

本記事では「【COOLPO AI HUDDLE MINI レビュー】圧巻の110°広角レンズで映せる範囲が超広い!4K高画質で人物をAIで追尾するハイスペックウェブカメラ」について書きました。

価格は6万円台と他の製品と比べてもかなり高額である本製品。

高画質で広角、さらにAI自動フレームイン機能を備えたウェブカメラをお探しの方はぜひ「COOLPO AI HUDDLE MINI」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 誰でもカンタンにセットアップできる
  • 4K解像度でクリアな映像
  • 最大110°の広角レンズで広い範囲を映せる
  • AIで人物を常にフレーム内に自動的に収めてくれる
  • 少しサイズが大きめ
  • 価格が高め