本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Archer AX80 レビュー】Archerシリーズ最高クラスの薄さ!豊富なポート数と高速Wi-Fiで快適な8ストリームWi-Fi 6ルーター

こんにちは、できるだけWi-Fiルーターは隠しておきたいイツキ(@saigalog)です。

最近のルーターはデザインが良いものも多くありますが、他のガジェットや家電と比べるとうっすらと“機械感”がにじみ出てしまいがち。

また日本の住宅事情としても、設置スペースはあまり広く取れないのが本音です。

今回レビューするTP-Linkティーピーリンクの「Archerアーチャー AX80」はシリーズ最高クラスの薄さながら、強力なWi-Fiと豊富なポート数を搭載したWi-Fi 6ルーターです。

最大6 Gbpsの十分すぎる速度を提供し、遠くまで届くデュアルバンドハイゲインアンテナを4本内蔵することで繋がりやすさを実現しています。

管理や操作も専用のスマホアプリで直感的に誰でもできます。

本記事ではスリムながらパワフルなWi-Fi 6ルーター「Archer AX80」について、実際の速度検証もあわせて詳しくレビューしていきます!

  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Archer AX80の同梱物

Archer AX80」の外箱は、青基調でシンプルなデザインです。

Archer AX80 外箱

裏面には機能説明の記載があり、とてもわかりやすくなっています。

Archer AX80 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Archer AX80 同梱物
Archer AX80の同梱物
  • ルーター本体
  • スタンド
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • かんたん設定ガイド
  • Wi-Fi情報カード

付属のLANケーブルの長さは約120 cm

Archer AX80 LANケーブル

電源アダプターの長さは約150 cm

Archer AX80 電源アダプター

電源アダプターには仕様が記載されています。

Archer AX80 電源アダプター仕様

スタンドは「Archer AX80」の底面に取り付けて使います。

  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)

Archer AX80のスペック

TP-Linkの「Archer AX80」はArcherシリーズ最高クラスの薄さで、豊富なポート数を搭載した8ストリームWi-Fi 6ルーターです。

Archer AX80

主な特徴は以下の8つ。

Archer AX80 特徴
  • AX6000 Wi-fi 6
    すべてをハイスピードで
  • 2.5GbEポート
    超高速有線接続
  • 選べる置き方
    縦置き・横置き・壁掛け
  • 広範囲をカバー
    ハイゲインアンテナ+ビームフォーミング
  • OneMesh
  • HomeShield
  • VPNサーバー&クライアント
  • USB 3.0ポート

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Archer AX80
本体サイズ59 × 189 × 210 (mm)
※高さはスタンド込
重さ573 g
規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度AX6000
5GHz:4804Mbps(802.11ax, HE160)
2.4 GHz:1148Mbps(802.11ax)
Wi-Fi範囲デュアルバンド高性能アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーします

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます

OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信します

エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます

DFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます

8ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)
有線ポート2.5ギガビットWAN/LANポート×1
ギガビットWAN/LANポート×1
ギガビットLANポート×3
USB対応USB 3.0ポート×1
USB共有:
FTPサーバー
メディアサーバー
Samba サーバー
ボタンLEDオン/オフボタン
WPSボタン
Wi-Fiオン/オフボタン
電源オン/オフボタン
Reset(初期化)ボタン
電源12 V/2 A
Wi-Fi暗号化WPA3
WPA2
WPA
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ネットワークセキュリティSPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACバインディング
アプリケーション層ゲートウェイ

HomeShield セキュリティ
リアルタイムIoT保護
悪意のあるサイトのブロック
侵入防止システム
DDoS攻撃の防止
ホームネットワークスキャナー
ゲストネットワーク5GHzゲストネットワーク×1
2.4GHzゲストネットワーク×1
VPNサーバーOpenVPN
PPTP
L2TP
VPNクライアントOpenVPN
PPTP
L2TP
サービスキットHomeShield
OneMeshOneMesh 対応
保護者による制限HomeShield 保護者による制限
プロファイル作成
プロフェッショナルコンテンツフィルターライブラリ
家族時間
就寝時間
オフ時間
利用時間割り当て
家族のオンライン時間ランキング
インターネット一時停止
週次・月次レポート
WANタイプ動的IP
静的IP
PPPoE
PPTP
L2TP
v6プラス
DS-Lite
MAP-E(OCN)
QoS端末ごとのQoS
クラウドサービス自動ファームウェアアップグレード
OTAファームウェアアップグレード
TP-Link ID
DDNS
NAT転送ポート転送
ポートトリガー
DMZ
UPnP
IPTVIGMPプロキシ
IGMPスヌーピング
ブリッジ
タグVLAN
DHCPアドレス予約
DHCPクライアントリスト
サーバー
DDNSTP-Link
NO-IP
DynDNS
管理Tetherアプリ
Web管理画面(GUI)

外観

Archer AX80」の外観は黒一色、薄型コンパクトでスタイリッシュなデザインです。

Archer AX80 外観
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

これまでのArcherシリーズは平たくて複数本の外部アンテナが特徴的だったので、この見た目に驚く人も多いハズ!

真上から見るとこんな感じ。

Archer AX80 上から見たところ

正面の右上には「TP-Link」のロゴがプリントされています。

左上にはLEDランプがあります。

各種LEDランプ

上から順に…

  • 電源ランプ:電源が入ると点灯(点滅は処理中、点灯は正常に起動中)
  • 2.4GHz Wi-Fiランプ:2.4GHz Wi-Fi機能が動作中に点灯
  • 5GHz Wi-Fiランプ:5GHz Wi-Fi機能が動作中に点灯
  • インターネットランプ:インターネットポート状態を示す
  • LANランプ:LANポートに機器が接続されると点灯
  • USBランプ:USBポートに機器が接続されると点灯
  • WPSランプ:WPS機能が作動中に点滅

LEDランプが見えるほうの側面はこんな感じ。

Archer AX80 側面

上部にはLEDランプの説明があり、下部には「TP-Link」のロゴがプリントされています。

背面の中央には横置きや壁掛け用のくぼみがあり、下部にはSSIDなどが記載されたラベルが貼られています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

初期セットアップ時にはここに書いてある情報を確認しましょう。

注意

初期設定状態で他の人にこれらの情報が知られると、ルーターに接続されてしまう恐れがあるので取り扱いには注意が必要です。

ちなみに横置き用にスタンドを装着するとこんな感じ。

LEDランプの反対側面には各種ポートボタンが並びます。

Archer AX80 側面

左から順にLED/Wi-Fiボタン1 GbpsLANポート × 31 GbpsWAN/LANポート2.5 GbpsWAN/LANポートが並びます。

Archer AX80 ポート
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

モデムから接続したLANケーブルはWANポートに挿しましょう。

さらに右側にはUSBポート電源ポート電源ボタンが並びます。

Archer AX80 ボタン

本体の底面スタンド装着時の底面はそれぞれ以下のようになっています。

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

Archer AX80」のサイズは59 × 189 mmです。

Archer AX80 サイズ

本体の高さ(スタンド込)は210 mmです。

Archer AX80 高さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Archer AX80 スマホと比較

薄型なので場所を選ばず設置しやすいのが特徴です。

Archer AX80 薄型

重さは573 gでした。

Archer AX80 重さ

機能

Archer AX80」はデュアルバンド、8ストリームに対応したWi-Fi 6無線ルーターです。

Archer AX80 機能

Wi-Fi 5よりも2.3倍高速で、最大6Gbpsの高速接続と効率的で混雑のない通信を実現しています。

Archer AX80 高速

2.5Gbpsポート1Gbpsポートを搭載し、インターネット回線の速度を最大限に活かせます。

Archer AX80 有線接続

省スペースな縦置き対応で、壁掛け横置きも可能です。

Archer AX80 省スペース

4本の内蔵型デュアルバンドハイゲインアンテナがWi-Fiの信号を遠くまで飛ばします。

Archer AX80 アンテナ

従来の4倍の容量を持つ「Archer AX80」には数多くのデバイスを接続できます。

Archer AX80 接続

Archer AX80」はOneMesh対応中継機と組み合わせることで、シームレスなメッシュWi-Fiネットワークを構築できます。

Archer AX80 OneMesh

TP-Link HomeShieldの高度なセキュリティ機能が、ネットワークのデータやプライバシーを守ります。

Archer AX80 TP-Link HomeShield

ネットワーク内のデバイスはVPNソフトなしでVPN接続できるようになります。

Archer AX80 VPNクライアント

USB 3.0ポートに外付けドライブを繋げば、ネットワーク内のデバイス間でファイル共有ができます。

Archer AX80 USBポート

専用のスマホアプリ「Tether」を使えば、セットアップや各種設定をカンタンに管理できます。

  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)

Archer AX80の専用アプリ「Tether」

Archer AX80」を使う上で便利なアプリ「Tether」が用意されています。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

ルーターである「Archer AX80」はマイデバイスとして表示されます。

Archer AX80 マイデバイス

Archer AX80」の名前やファームウェアといった情報を確認できます。

Archer AX80 ホーム
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ここで名前を変更することもできます。

インターネット接続状態や接続しているクライアント(端末)数を確認できます。

Archer AX80 接続状態

2.4GHz、5GHzそれぞれにどんな端末が接続しているか詳しく見ることができます。

Archer AX80 クライアント
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

もし知らない端末が接続しているなんてことがあったら、怪しい!とすぐにわかりますね。

2.4GHz、5GHzのそれぞれのネットワーク名やパスワードを変更できます。

Archer AX80 スマートコネクト
MEMO

スマートコネクト」とは2.4GHzと5GHzのネットワーク名を1つにして、接続時に自動的に最適な帯域を割り当てる機能のことです。

インターネットに正常に接続されているかを確認できます。

Archer AX80 インターネット接続

ツール」では、その他各種設定やツールを使うことできます。

Archer AX80 ツール
ツールの項目
  • クイック セットアップ
  • ワイヤレス
  • インターネット接続
  • IPTV/VLAN
  • OneMesh
  • ネットワーク診断
  • ゲストネットワーク
  • Wi-Fi情報の共有
  • TP-Link ID
  • LEDコントロール
  • IPv6
  • 動作モード
  • 再起動スケジュール
  • システム
  • 詳細設定
  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)

Archer AX80の速度検証

ルーターを選ぶ上で一番気になるのが通信速度ですよね。

実際に「Archer AX80」でどのくらいの速度が出るのか計測してみました。

Archer AX80 家の間取り
2階建て 木造家屋 4LDK

上記図は借り物のイラストなのでわが家の間取りとは違うのですが、イメージとして使っています。

まず「ルーター(Archer AX80)」はダイニングとリビングのちょうど中間あたりに設置。

そして計測したポイントは2つ

ルーターから近い「1階 ダイニング」と、私が主に仕事部屋として使っている「2階 仕事部屋」。

2階建て木造家屋、4LDKという間取りになっています。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ちなみに回線は「楽天ひかり ファミリープラン」になります。

注意

一般の個人宅で行った1つの検証結果ですので、環境やその他条件によって結果が大きく変わる可能性があることを予めご了承ください。

今回計測するにあたり、「Archer AX80」の前モデルにあたるArcher AX73」を比較対象としています。

1階 ダイニングでPCによる測定

結果…

  • Archer AX73270 Mbps
  • Archer AX80:250 Mbps

1階 ダイニングでスマホ(iPhone 13 Pro)による測定

結果…

  • Archer AX73133 Mbps
  • Archer AX80:133 Mbps

2階 仕事部屋でPCによる測定

結果…

  • Archer AX73280 Mbps
  • Archer AX80:250 Mbps

2階 仕事部屋でスマホ(iPhone 13 Pro)による測定

結果…

  • Archer AX73152 Mbps
  • Archer AX80:139 Mbps

各条件での測定結果のまとめ

というわけで各条件での測定結果が出そろいました。

Archer AX80 速度測定結果
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

以下、PCとスマホそれぞれの速度を速い順に並べていますが、個人的にはかなり興味深い結果となっています。

PCでの測定結果のまとめ

PCで速度が速かった順

  • 2階 仕事部屋 Archer AX73:280 Mbps
  • 1階 ダイニング Archer AX73:270 Mbps
  • 1階 ダイニング Archer AX80:250 Mbps
  • 2階 仕事部屋 Archer AX80:250 Mbps
スマホでの測定結果のまとめ

スマホ(iPhone 13 Pro)で速度が速かった順

  • 2階 仕事部屋 Archer AX73:152 Mbps
  • 2階 仕事部屋 Archer AX80:139 Mbps
  • 1階 ダイニング Archer AX80:133 Mbps
  • 1階 ダイニング Archer AX73:133 Mbps
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

Archer AX80」なら、1台設置でもどこでも安定して高速なWi-Fiが使えることがよくわかる検証になりました。

Archer AX73レビューはこちら 【Archer AX73 レビュー】デュアルバンドとIPv6 IPoEに対応し6本のハイゲインアンテナが特徴的なWi-Fi 6ルーター
  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)

Archer AX80のレビューまとめ

本記事では「【Archer AX80 レビュー】Archerシリーズ最高クラスの薄さ!豊富なポート数と高速Wi-Fiで快適な8ストリームWi-Fi 6ルーター」について書きました。

価格は17,000円前後と多少値は張りますが、それに見合う十分な性能と利便性を提供してくれる本製品。

スリム&コンパクトで設置場所を自由に選べて、繋がりやすいWi-Fi 6ルーターをお探しの方はぜひ「Archer AX80」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 特選タイムセール開催中!
16,800円 → 14,784円(12%OFF)
【Deco X95 レビュー】Decoシリーズがさらに進化!AIメッシュとトライバンドに対応したWi-Fi 6ルーターのハイエンドモデル【TP-Link Deco S7 レビュー】ハイエンドモデルに負けず劣らず!3×3MU-MIMO対応でスタイリッシュなメッシュWi-Fiルーター【Deco X50 レビュー】ちょうどいいとこ突いてきた!X20とX60の中間スペックでLANポートが3つになったメッシュWi-Fi対応Wi-Fi 6ルーター【Deco X90 レビュー】メッシュWi-Fiの最上級!AIメッシュとトライバンドに対応したWi-Fi 6ルーターのハイエンドモデル【Archer AX73 レビュー】デュアルバンドとIPv6 IPoEに対応し6本のハイゲインアンテナが特徴的なWi-Fi 6ルーター【Deco X60 レビュー】正当進化!便利さはそのままにスペックアップしてより快適なメッシュWi-Fi環境構築ができるWi-Fi 6ルーター【Archer AX90 レビュー】トライバンド対応で8つのアンテナが特徴的なハイエンドWi-Fi 6無線ルーター【TP-Link TL-SG1005LP レビュー】合計最大40WのPoEパワーバジェットに対応したコンパクトな5ポートギガビットデスクトップスイッチ【TP-Link Archer T4U Plus レビュー】AC1300デュアルハイゲインアンテナを搭載し2.4GHzと5GHzの2バンドに対応したUSB3.0 Wi-Fi子機【TP-Link RE605X レビュー】最新規格Wi-Fi 6対応でOneMesh対応ルーターと接続すればメッシュWi-Fiネットワークを構築できる中継器【TP-Link UE305 レビュー】USB3.0&ギガビット対応で最高1000Mbps高速伝送できるNintendo Switch対応の有線LANアダプター【Deco M9 Plus レビュー】トライバンドに対応しメッシュWi-Fiシステムを搭載したスタイリッシュな無線ルーター【Deco X20 レビュー】Wi-Fi 6対応でメッシュWi-Fiシステムを搭載した次世代無線ルーター【Archer C80 レビュー】MU-MIMOデュアルバンド対応、簡単設定で快適速度なWi-Fiルーターのエントリーモデル【Archer AX10 レビュー】デュアルバンド対応で4つのアンテナが特徴的なWi-Fi 6無線ルーター