本日限定!Amazonタイムセール開催中

【ASUS Vivobook Pro 16X OLED レビュー】激強&超コスパ!1ヶ月間仕事と遊びにガッツリ使った率直な感想は“神機”です

こんにちは、毎日ノートPCで10時間以上作業しているイツキ(@saigalog)です。

PC作業といってもその内容は様々ですが、私の主な作業はブログ記事執筆画像加工動画作成の3つ。

加えて最近ではPCゲーム(Minecraft)を子どもと一緒にプレイしています。

これまで3年ほどHUAWEIの「Matebook X Pro」を使ってきたのですが、頻繁にブルースクリーンの症状が出るようになり買い替えを検討。

数ある選択肢から悩みに悩んだ挙げ句、選んだのが今回レビューするASUSエイスースの「Vivobook Proビボブック プロ 16X OLED」です。

2022年12月に手にしてから1ヶ月ほど上で述べた作業やゲームなどでガッツリと使い倒してきましたが、結論は現時点における“神機”確定なのは間違いないということ。

本記事ではそんなかゆいところに手が届く超コスパなノートPC「ASUS Vivobook Pro 16X OLED」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • クールでスタイリッシュな外観
  • 重量2 kg以下でギリギリ持ち運びの許容範囲
  • 16インチQUXGA Wide(3840 × 2400)の超美麗有機EL
  • GeForce RTX 3050 Laptop GPUでゲームも快適プレイ
  • Thunderbolt 4対応
  • 専用ソフトで有機ELの弱点「焼き付き」を手厚く防止
  • USB Type-Cポートが1つのみ

ASUS Vivobook Pro 16X OLEDの同梱物

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」の外箱は、ダンボール素材に「WOW THE WORLD」の文字がプリントされたシンプルなデザインです。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 同梱物
Vivobook Pro 16X OLEDの同梱物
  • ノートPC本体
  • 電源アダプター
  • 電源ケーブル
  • 取扱説明書

120W出力対応の電源アダプターのケーブルの長さは約180 cmです。

裏面には電源アダプターの仕様が記載されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 電源アダプター仕様

電源ケーブルの長さは約80 cmでした。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 電源ケーブル

電源アダプターに接続して使います。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 電源アダプター接続

ASUS Vivobook Pro 16X OLEDのスペック

ASUSの「Vivobook Pro 16X OLED」は、16インチ4K有機ELディスプレイを搭載したクリエイター向けのノートPCです。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED

バリエーションは今回レビューしている「N7600PC(Core i7-11370H)」をあわせて2種類

ASUS Vivobook Pro 16X OLED バリエーション
Vivobook Pro 16X OLEDのバリエーション
イツキ
イツキ

Vivobook Proシリーズには他にもサイズやCPUの異なる数多くのモデルが展開されています。

N7600PCとM7600QCの具体的な違いは以下になります。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 違い

出典:ASUS Vivobook Pro 16X OLEDの実機レビュー – the比較

イツキ
イツキ

CPUの違いはもちろんですが、外部ディスプレイ出力の最大解像度Thunderbolt 4対応など優れた点が多かった「N7600PC」を私は選びました!

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名ASUS Vivobook Pro 16X OLED
本体サイズ259 × 360 × 12 (mm)
重さ1949 g
CPUインテル® Core™ i7-11370H プロセッサー
3.3GHz/4.8GHz
インテル® スマート・キャッシュ 12MB
グラフィックス機能インテル® Iris® Xe グラフィックス (CPU内蔵)
NVIDIA® GeForce RTX™ 3050 Laptop GPU (NVIDIA® Optimus™ Technology対応)
ディスプレイ16.0型 OLED (有機EL)
メインメモリ16GB DDR4-3200
記憶装置SSD 512GB (PCI Express 3.0 x4接続)
インターフェースUSB3.2 (Type-A/Gen1) ×1
USB2.0 ×2
Thunderbolt 4 (Type-C) ×1
HDMI ×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
microSDXCメモリーカード
microSDHCメモリーカード
microSDメモリーカード
入力機能89キー日本語キーボード (イルミネートキーボード)
Webカメラ92万画素Webカメラ内蔵
サウンド機能ステレオスピーカー内蔵 (2W×2)
アレイマイク内蔵
通信機能IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth® 5.1
電源ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (6セル/96Wh)
消費電力最大約120W

外観

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」の外装は、アルミニウム合金を素材としスエードのように滑らかで手触りの良いハイテクコーティングが施され、指紋や汚れがつきにくくなっています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 外観

表面端には「ASUS Vivobook」のロゴが刻印されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED ロゴ

手前側側面はこんな感じで、PCを開くための溝があります。

裏面には通気口と各種マークの印字やラベル、手前側と奥の3箇所に滑り止め用のゴム脚が貼られています。

開いたときの見た目はこんな感じで、ごく一般的なノートPCと変わりません。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 見た目

サイズ・重量

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」のサイズは259 × 360 mmです。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED サイズ

厚さは21 mm

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED スマホと比較

重さは1949 g

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 重さ

電源アダプター(ケーブル込)の重さは424 gでした。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 電源アダプターの重さ

ディスプレイ・スピーカー

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」の一番の特徴であるディスプレイは16インチOLED(有機EL)で、解像度は3840 × 2400です。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED ディスプレイ

画面の美しさはやはり液晶ディスプレイとは一線を画し、高精細、そして鮮やかに映像が映し出されます。

イツキ
イツキ

色域はsRGB 133%、最大120Hzのリフレッシュレート、応答速度0.2ms、最高輝度600ニットとまさに至れり尽くせりな高スペックディスプレイを搭載しています!

斜めから見てもこのとおり、暗くなって見えにくくなることはありません

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 視野角

ディスプレイの中央上部にはカメラがついています。

イツキ
イツキ

カメラ左側にあるスイッチを左右に動かすことで物理的にシャットアウトできるので、セキュリティ面も安心できる設計になっています。

ディスプレイの下部には「ASUS Vivobook」のロゴがあります。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED ロゴ

ベゼル幅は縦が11 mm、横が7.5 mm、画面下部が19 mmと非常に狭いのが特徴です。

アメリカのオーディオブランド「harman kardon」のスピーカーが搭載されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED harman kardon

底面手前側の左右に2W出力のスピーカーがあります。

イツキ
イツキ

この配置により音が聞こえやすく、質の高い音声出力を実現しています。

キーボード

89キー日本語キーボードを採用し、ESCキーがオレンジ色、その他のキーはグレーとダークグレーの2色でデザインに遊び心を感じます。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED キーボード

バックライトを搭載しているので、暗い場所でも使いやすくなっています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED キーボードバックライト

キーピッチは19 mm

ASUS Vivobook Pro 16X OLED キーピッチ
MEMO

キーピッチとはキートップの中央から中央までの距離のこと。

18.5 ~ 19 mm幅が標準とされています。

キーストロークは1.35 mmでした。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED キーストローク
MEMO

キーストロークとはキーを押し下げたときの深さのこと。

ノートPC用の一般的な深さは2 ~ 3 mmです。

実際にタイピングしているときの音(打鍵音)を含めた動画を撮ってみました。

イツキ
イツキ

スコスコッといった感じの音で、ノートPCにありがちなカチャカチャ鳴るタイプとは違う印象です。

タッチパッドのサイズは84 × 129 mmとなり、広く扱いやすい大きさです。

イツキ
イツキ

ASUS DialPad」という技術が特にAdobeなどのソフトを使う人には便利なようですが、私は今のところ恩恵を被ることができていません…。

Windows Hello対応の指紋認証が使えるので、ワンタッチで瞬時にログインできます。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 指紋認証
イツキ
イツキ

この便利さに慣れるとパスワード入力には戻れなくなります!

インターフェース

左側面にはUSB Type-Aポートが配置されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 左側ポート
左側面ポート
  • USB2.0 × 2

右側面にも各種ポートが配置されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 右側ポート
左側面ポート
  • マイクロホン・ヘッドホンコンボジャック
  • microSDカードスロット
  • Thunderbolt 4(USB Type-C)
  • HDMI
  • USB3.2 Type-A Gen 1
  • 電源ポート
イツキ
イツキ

USB Type-Cポートは1つしかないので、USBハブをつなげるなどしての増設はほぼ必須となるでしょう。

Belkin Connect USB-C マルチメディアハブレビューはこちら 【Belkin Connect USB-C マルチメディアハブ レビュー】コンパクトでも7-in-1!USB-C&A・SD&microSDカードスロット・HDMI・LANポート搭載の多機能ハブ

電源ポートに付属の電源アダプターを接続して使います。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 電源接続
イツキ
イツキ

電源ポート(電源アダプター)以外に、USB Type-Cポートから給電することも可能です。

電源に接続しているときはインジケーターが点灯します。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED インジケーター

専用ソフト「MyASUS」

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」には「MyASUS」という専用のソフトウェアがプリインストールされています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED MyASUS

バッテリー関連やオーディオ、画面など細かな項目を設定できます。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED MyASUSカスタマイズ

中でも「ASUS OLED Care」が特徴的で、名前のとおり焼き付きやすい有機ELディスプレイを保護する設定ができます。

イツキ
イツキ

ピクセルリフレッシュ”は専用のスクリーンセーバーで、PCが30分アイドル状態になるとこのようにカラフルなグラフィック映像が映し出されます。

1つ注意したいのが「AIノイズキャンセリングマイク」の機能。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED AIノイズキャンセリングマイク
イツキ
イツキ

これをONにすると、使用するマイクによっては声の出だしの音が乱れることがあったので同じような症状が発生したらこの機能を疑ってみてください。

ASUS Vivobook Pro 16X OLEDのCPU・GPU・SSD性能

ASUS Vivobook Pro 16X OLED」は、PCI Express 3.0 x4接続のSSDを搭載しています。

ベンチマークソフト「CrystalDiskMark」でSSDの読み書きの速度を測定してみました。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED CrystalDiskMark

CPUはCore i7-11370H プロセッサー3.3GHz/4.8GHzが搭載されています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED CPU

CPU性能を測る「CINEBENCH R23」では4,100以上の数値を確認できました。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED CINEBENCH

グラフィックボード(GPU)は「NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU」を内蔵し、GPU性能を測る「3DMARK」ではノートPCとしては高水準な数値を確認できる結果となっています。

ASUS Vivobook Pro 16X OLED 3DMARK
イツキ
イツキ

GPU性能が高いことも私がこのノートPCを選んだ理由の1つです。

比較的軽めの「ドラゴンクエストX」のベンチマークでは、以下のような結果となりました。

ドラクエXベンチマーク
  • グラフィック設定「最高品質」:18379(すごく快適)
  • グラフィック設定「標準品質」:18384(すごく快適)

少し重めの「FINAL FANTASY 14」のベンチマークでも計測してみました。

FF14ベンチマーク
  • 高品質(デスクトップPC):3719(設定変更を推奨)
  • 高品質(ノートPC):4667(普通)
イツキ
イツキ

さすがにデスクトップPCほどの性能はないものの、ドラクエXはもちろん重めのFF14も問題なくプレイできるほどのスペックでした!

「Minecraft」であればバニラ(MODなし)であればとても快適にプレイできますが、影MODを導入するとカクつくためまともにプレイすることはできません。

イツキ
イツキ

私はこの「Minecraft」がゲーミングでないノートPCで通常プレイできただけで大満足です♪

ASUS Vivobook Pro 16X OLEDのレビューまとめ

本記事では「【ASUS Vivobook Pro 16X OLED レビュー】激強&超コスパ!1ヶ月間仕事と遊びにガッツリ使った率直な感想は“神機”です」について書きました。

20万円以下で買える価格設定は、このスペックから考えて驚愕でしかありません。

マルチに使えてコスパの高い大画面ノートPCをお探しの方は、ぜひ「ASUS Vivobook Pro 16X OLED」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • クールでスタイリッシュな外観
  • 重量2 kg以下でギリギリ持ち運びの許容範囲
  • 16インチQUXGA Wide(3840 × 2400)の超美麗有機EL
  • GeForce RTX 3050 Laptop GPUでゲームも快適プレイ
  • Thunderbolt 4対応
  • 専用ソフトで有機ELの弱点「焼き付き」を手厚く防止
  • USB Type-Cポートが1つのみ