本日限定!Amazonタイムセール開催中

【yeedi モップステーション レビュー】モップを途中で何度も洗う!全自動水拭き&ゴミ吸引ロボット掃除機

こんにちは、これまでに何台ものロボット掃除機を使ってきたイツキ(@saigalog)です。

ロボット掃除機と言えばゴミ吸引はもちろん、最近ではモップで床を水拭きしてくれる製品もたくさん出てきています。

それ自体はとても優れた機能ですが、1つ気になるのはモップ洗浄の頻度が少なめということ。

基本的には掃除がすべて終わった後、自動でステーションに戻りモップ洗浄しますが部屋が広いと最後の方は汚れたモップで拭き掃除し続けていることになります。

今回レビューする「yeedi モップステーション」は、掃除の途中でも定期的にステーションに戻りモップ洗浄することでその問題を解決しています。

外観は白基調でシンプルなデザインなので、インテリアにもマッチしやすく清潔感も◎。

ステーション内にある清水タンクに水を入れておき、ボタンを押すだけであとは自動でゴミ吸引と水拭き掃除をしてくれます。

スマホアプリと連携し、エリアマッピングやその他細かい設定も管理できて便利です。

本記事ではロボット掃除機のネックであるモップの清潔さを改善した「yeedi モップステーション」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • シンプルで清潔感のある外観
  • 2,500Paの強力な吸引力
  • スマホアプリ完備で管理がしやすい
  • 頻繁なモップ洗浄で清潔
  • 日々の運用は水換えのみ
  • セルフクリーニングステーションが大きい&重い
  • ロボット掃除機の水タンクに自分で水を入れる必要がある
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

yeedi モップステーションの同梱物

yeedi モップステーション」の外箱は、ダンボール素材のシンプルなデザインです。

yeedi モップステーション 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

yeedi モップステーションの同梱物
  • ロボット掃除機本体
  • セルフクリーニングステーション
  • 電源コード
  • クリーニングツール
  • 壁際用ブラシ
  • ウォッシャブルモップパッド
  • モップパッドプレート
  • 取扱説明書

電源コードの長さは約170 cmです。

yeedi モップステーション 電源コード

その他アタッチメントが多数付属しています。

ウォッシャブルモップパッドの毛束は柔らかく、細かい繊維で作られていることがわかります。

yeedi モップステーション ウォッシャブルモップパッド

yeedi モップステーションのスペック

yeedi モップステーション」はエリアマッピング・水拭き掃除・ゴミ収集のすべてを自動で行い、スマホアプリで管理できるAIロボット掃除機です。

yeedi モップステーション

主な特徴は次の9個です。

yeedi モップステーション 特徴
yeedi モップステーションの特徴
  • 2500Pa吸引力
  • 180min作動時間
  • 3500ml洗浄用貯水タンク
  • 200ml水タンク容量
  • 連続清掃
  • 音声レポート
  • 定期清掃
  • 自動充電
  • 落ち防止と衝突防止技術

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名yeedi モップステーション
ロボット掃除機サイズΦ332 mm、高さ84 mm
セルフクリーニングステーションサイズ294 × 380 × 429 (mm)
ロボット掃除機重さ約4.05 kg
セルフクリーニングステーション重さ約7.90 kg
(ロボット掃除機)定格入力20V 2A
バッテリーRC02-LI-1440-5200
公称電圧14.4V
ワット時69.12Wh
定格入力100-240V~ 50-60Hz 70W
定格出力20V 2A
周波数帯域2400-2483.5MHz

外観

yeedi モップステーション」は、白を基調とした清潔感のある外観です。

yeedi モップステーション 外観

真上から見るとこんな感じ。

yeedi モップステーション 上から見たところ

本体中央には自動モードボタン(Wi-Fiインジケーターランプ)マッピングセンサーがあります。

底面はこんな感じ。

yeedi モップステーション 底面

ウォッシャブルモップパッドを取り付けて、掃除機本体の底面に付けることで水拭き掃除ができるようになります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ウォッシャブルモップパッドはマグネットでカンタンに着脱できます。

底面の前方には回転ホイールがあります。

yeedi モップステーション 回転ホイール

中央には製品の仕様が記載されたラベルが貼られています。

yeedi モップステーション ラベル
記載の仕様

yeedi mop station

型番:DVX46

定格入力:20V 2A

充電ドック:CH2028

底面の前方に窓際用ブラシを取り付けます。

駆動ホイールは底面を下にして置くとロボット掃除機本体の中に沈みます。

メインブラシはカバーを取り外してメンテナンスできます。

側面には衝突防止バンパーがついています。

yeedi モップステーション 衝突防止バンパー

また側面後方には電源スイッチリセットボタンがあります。

yeedi モップステーション 電源スイッチ

側面後方にはダストボックス&水タンクが取り付けられています。

yeedi モップステーション ダストボックス&水タンク

リリースボタンを押しながらダストボックス&水タンクを引き出せます。

ダストボックスにはメンテナンスツールが取り付けられています。

yeedi モップステーション メンテナンスツール

水タンクの給水口を開けて水を入れます。

yeedi モップステーション 給水口

ダストボックスの取手を持ち上げると水タンクと分離できます。

yeedi モップステーション ダストボックス分離

ダストボックスは半透明で、中に溜まったゴミの量がわかりやすくなっています。

ダストボックスの側面にあるフタを開き、各種フィルターをメンテナンスできます。

yeedi モップステーション ダストボックスフィルター

セルフクリーニングステーションの外観も、白を基調とした清潔感のあるデザインです。

yeedi モップステーション セルフクリーニングステーション

上部前方には保管場所があり、カバーを取り外してウォッシャブルモップパッドなどを収納できます。

下部前方にはロボット掃除機が収納されます。

yeedi モップステーション セルフクリーニングステーション下部
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

このスペースでロボット掃除機が充電したり、モップパッドを洗浄したりします。

上から見るとこんな感じ。

yeedi モップステーション セルフクリーニングステーション上から見たところ

天面の手前側にはコントロールパネルがあり、左から順にセルフクリーニングボタン開始/一時停止ボタン呼び出し/終了ボタンが並んでいます。

トップカバーを開くとこんな感じ。

yeedi モップステーション トップカバー

中には排水タンク清水タンクがあります。

「DISPOSAL TANK」と「FRESH TANK」とわかりやすいラベルがあります。

yeedi モップステーション ラベル

背面はこんな感じ。

yeedi モップステーション 背面

背面のラベルにはセルフクリーニングステーションの仕様が記載されています。

yeedi モップステーション 背面ラベル
記載の仕様

Docking Station(Self-cleaning Station)/自動清掃ステーション

型番:CH2028

定格入力:100-240V~ 50-60Hz 70W

定格出力:20V 2A

背面の左側下部には電源ポートがあります。

付属の電源コードを取り付けます。

yeedi モップステーション 電源コード

側面はこんな感じ。

底面には滑り止めがついています。

yeedi モップステーション 底面滑り止め

セルフクリーニングステーションに格納されている各種タンクを取り出してみました。

yeedi モップステーション タンク

清水タンクは青みがかった透明です。

排水タンクは黒みがかった透明です。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

色別にわけられているのでは清水黒は排水と覚えておけば間違いありません!

サイズ・重量

yeedi モップステーション」のロボット掃除機の直径は332 mmです。

yeedi モップステーション サイズ

高さは84 mm

yeedi モップステーション 高さ

セルフクリーニングステーションのサイズは294 × 380 mm

yeedi モップステーション セルフクリーニングステーションサイズ

高さは429 mmでした。

yeedi モップステーション セルフクリーニングステーション高さ

ロボット掃除機をスマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

yeedi モップステーション スマホと比較

重さはそれぞれロボット掃除機が約4.05 kg、水拭きステーションが約7.90 kgでした。

機能

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

まずは「yeedi モップステーション」を設定して、掃除ができるように準備しましょう!

セルフクリーニングステーションに電源コードを接続します
yeedi モップステーション 電源コード接続
セルフクリーニングステーションにロボット掃除機を設置して充電します

設置場所は説明書に記載されているとおり、前面に1.5 m以上、両側に0.5 m以上のスペースを確保しましょう。

yeedi モップステーション 設置
スマホアプリ「yeedi」をインストールします
yeedi

yeedi

YEEDI TECHNOLOGY LIMITED無料posted withアプリーチ

アプリを起動して地域と言語を選び「次へ」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「登録」をタップします
yeedi モップステーション アプリ
メールアドレスとパスワードを入力して「登録」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「ロボットの追加」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「了解しました」をタップします
yeedi モップステーション アプリ
「次へ」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「次へ」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
Wi-Fi情報を入力し「次へ」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「ネットワーク…QRコードを生成」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「次へ」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
しばらく待ちます
yeedi モップステーション アプリ
ロボット掃除機の名前を入力して「完了」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
「スマート清掃に入る」ボタンをタップします
yeedi モップステーション アプリ
ロボット掃除機のホーム画面が表示されたらセットアップ完了です
yeedi モップステーション アプリ

清掃中は徐々にエリアマッピングが進んでいきます。

yeedi モップステーション エリアマッピング
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

わが家の場合、リビングダイニング約14畳が約20分で掃除完了しました。

yeedi モップステーション」が掃除している様子を動画にまとめてみました。

ちなみに掃除対象となる部屋の間取りはこんな感じ。

アプリ上で忠実にエリアマッピングされているのがわかります。

yeedi モップステーション エリアマッピング

掃除メニューの「自動」では吸引力や水量調節、清掃予約の設定を確認・変更できます。

yeedi モップステーション 自動

清掃予約では時刻と繰り返し曜日を設定し、掃除のスケジュールを管理できます。

また設定画面では、清掃ログやアクセサリーの使用状況などの確認や設定変更できます。

yeedi モップステーション 設定

清掃ログでは清掃した広さと回数、時間が確認できます。

yeedi モップステーション 清掃ログ

その他設定では細かい情報の確認や設定変更が可能です。

yeedi モップステーションのレビューまとめ

本記事では「【yeedi モップステーション レビュー】モップを途中で何度も洗う!全自動水拭き&ゴミ吸引ロボット掃除機」について書きました。

価格は10万円超えと少し値は張りますが、それに見合う十分な利便性を提供してくれる本製品。

ゴミ吸引&水拭きを自動で行い、モップの清潔さを優先してくれるロボット掃除機をお探しの方はぜひ「yeedi モップステーション」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • シンプルで清潔感のある外観
  • 2,500Paの強力な吸引力
  • スマホアプリ完備で管理がしやすい
  • 頻繁なモップ洗浄で清潔
  • 日々の運用は水換えのみ
  • セルフクリーニングステーションが大きい&重い
  • ロボット掃除機の水タンクに自分で水を入れる必要がある
お得なセール情報

約31%OFF!

128,000円 → 88,000円

Amazonでチェック!