本日限定!Amazonタイムセール開催中

【Catalyst 完全防水ケース レビュー】iPhoneを鉄壁ガード!軍事規格に準拠した堅牢性と防水・防塵性能IP68を誇る完全防水&耐衝撃性に特化したスマホケース

こんにちは、実は意外とアウトドア派なイツキ(@saigalog)です。

iPhone 13 Pro」と言えばIP68の高水準の防水・防塵性能を備えたスマホですが、精密機械ということで長時間にわたる水中での使用は推奨されていません

先日家族で遊びに行った貸し切りプールで「iPhone 13 Pro」を使ったのですが、やはりできるだけ水の中には入れないように気をつけていました。

今回レビューする「Catalystカタリスト 完全防水ケース」は、大事なiPhoneをあらゆる環境からガードしてくれるスマホケースです。

防水・防塵性能はIP68と最高水準で、水はもちろんアウトドアでの粉塵や汚れなどから守ってくれます。

またアメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」準拠した堅牢性で、高さ2 mから落としたときの衝撃にも耐えられる強さ。

画面側にも硬度の高いフィルムで守られ、タッチスクリーンに対応しているので操作性が損なわれる心配はありません。

本記事ではそんなiPhoneを鉄壁ガードしたい方に特におすすめな「Catalyst 完全防水ケース」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • iPhoneのテクスチャードマットガラスのデザインを損なわない背面プレート
  • 最高水準の防水・防塵性能IP68
  • 米軍事規格に準拠した高い堅牢性
  • 飛び出たカメラ部をハードコートされたオプティカルレンズで全面ガード
  • 特許取得されたマナーモード切替ダイヤル
  • ワイヤレス充電対応
  • 価格が少し高め
  • ケース装着時のスマホが大きくなりがち
お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

※本記事では「iPhone 13 Pro」用ケースのレビューをしています。

Catalyst 完全防水ケースの同梱物

Catalyst 完全防水ケース」の外箱は白とアクセントカラーに青が使われたシンプルなデザインで、透けて中のケースが見えるようになっています。

Catalyst 完全防水ケース 外箱

裏面には製品の特徴が記載されています。

Catalyst 完全防水ケース 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

Catalyst 完全防水ケース 同梱物
Catalyst 完全防水ケースの同梱物
  • スマホケース本体
  • 端子カバー(予備)
  • ストラップ

Lightning端子をふさぐカバーの予備が1つ付属しています。

ストラップはケースの下側角にある2箇所のストラップホールにつけて使いましょう。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

ストラップに腕を通してスマホを持てば、思わぬ落下も防げて安心です!

Catalyst 完全防水ケースのスペック

Catalyst 完全防水ケース」は、完全防水でアメリカ国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠した高い堅牢性をもつワイヤレス充電対応のスマホケースです。

Catalyst 完全防水ケース

カラーバリエーションは全2色

Catalyst 完全防水ケース カラーバリエーション
Catalyst 完全防水ケースのカラバリ

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Catalyst 完全防水ケース
本体サイズ161 × 83 × 13 (mm)
重さ53 g

外観

Catalyst 完全防水ケース」はクリアな前面フィルムと柔軟性のあるフレーム、すりガラス調の背面プレートが美しいデザインです。

ケースは以下のような3層構造になっており、この中にスマホを挟むようにして装着します。

Catalyst 完全防水ケース 構造

iPhone 13 Pro」の出っぱったカメラ部を、ハードコートされたオプティカルレンズが全面をカバーして保護してくれます。

テーブルなどに置くとカメラ部が少し浮いたような見た目になります。

Catalyst 完全防水ケース テーブルに置いた見た目
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_manuke_icon_new.jpgイツキ

iPhone 13 Pro」がもともとこういう仕様なので…仕方ないところですね。

こちらはマナーモード切替ダイヤル音量ボタン

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

特許取得のマナーモード切替ダイヤルは、その名のとおり回すだけでマナーモードのON/OFFを切り替えられる画期的なスイッチです。

電源ボタンはこんな感じ。

下側面にはスピーカー部があり、その横のLightning端子はシリコン製のカバーでガッチリとふさがれています。

Lightning端子カバーはこのように指でつまんで開けます。

ポート部分は11.5 mm幅、6 mm径までの充電ケーブルに対応しています。

Catalyst 完全防水ケース ポートの大きさ

またケース下側の両角にはストラップホールがあり、ストラップをつけることができます。

スマホに装着するときは、このように背面プレートをフレームから取り外します

Catalyst 完全防水ケース 背面プレート取り外し

背面プレートの側面にはこのようにシリコン製の色のついたラインが入っています。

Catalyst 完全防水ケース ライン
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_hirameki_icon_new.jpgイツキ

マリンブルーではこのラインが蛍光イエローでパンチが効いていて気に入っています。

装着手順はシンプルで、背面プレートを外したフレームを画面側を下にして置き、その中にスマホ、そしてその上に背面プレートを被せれば完了です。

実際に手持ちの「iPhone 13 Pro」につけてみるとこんな感じに。

ケースのフチが画面より高くなっているので、下向きに置いても画面が接地しません

Catalyst 完全防水ケース ケースのふち

背面はすりガラス調の素材でできているので、iPhone本来の美しいテクスチャードマットガラスのデザインを活かせます。

手に持ってみるとこんな感じ。

画面側のフィルムはタッチスクリーンに対応しているので、操作感が損なわれることなくこのようにスムーズに動作します。

Catalyst 完全防水ケース 画面の反応

ケースをつけたまま、ワイヤレス充電も問題なくできました。

Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)レビューはこちら 【Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo) レビュー】角度調整で動画視聴も快適!2台同時充電可能でカラバリ豊富なワイヤレス充電器
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

MagSafeの充電自体はできるものの、磁力はだいぶ落ちるので関連アクセサリーを使う場合は注意が必要です。

サイズ・重量

Catalyst 完全防水ケース」のサイズは161 × 83 mmです。

Catalyst 完全防水ケース サイズ

厚さは13 mm

Catalyst 完全防水ケース 厚さ

重さは53 gでした。

Catalyst 完全防水ケース 重さ

機能

Catalyst 完全防水ケース」はアメリカ軍MIL規格準拠の耐衝撃性能で、2 mの高さからの落下にも耐えられます

Catalyst 完全防水ケース 耐衝撃性能

Qiワイヤレス充電MagSafe充電にも対応しています。

Catalyst 完全防水ケース ワイヤレス充電対応

カメラ部はハードコートされたオプティカルレンズで全面をカバーするので安心です。

Catalyst 完全防水ケース ハードコートされたオプティカルレンズ

防水・防塵性能は最高の特有を表す「IP68」で、最大10 mまで水中での使用が可能です。

Catalyst 完全防水ケース 防水・防塵性能
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

iPhone 13 Pro」自体の防水・防塵性能もIP68なので「Catalyst 完全防水ケース」を組み合わせることでほぼ無敵になっちゃいます!

Catalyst 完全防水ケースのレビューまとめ

本記事では「【Catalyst 完全防水ケース レビュー】iPhoneを鉄壁ガード!軍事規格に準拠した堅牢性と防水・防塵性能IP68を誇る完全防水&耐衝撃性に特化したスマホケース」について書きました。

価格は13,000円台とスマホケースとしては少し高めではありますが、iPhoneを完璧にガードできる高水準の堅牢性は他のものとは比較できないほどの強力なメリットになっています。

プールや海など水辺でiPhoneを使いたい方、アウトドアで誤ってiPhoneが傷つくことをできるだけ避けたいという方はぜひ「Catalyst 完全防水ケース」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • iPhoneのテクスチャードマットガラスのデザインを損なわない背面プレート
  • 最高水準の防水・防塵性能IP68
  • 米軍事規格に準拠した高い堅牢性
  • 飛び出たカメラ部をハードコートされたオプティカルレンズで全面ガード
  • 特許取得されたマナーモード切替ダイヤル
  • ワイヤレス充電対応
  • 価格が少し高め
  • ケース装着時のスマホが大きくなりがち