本日のAmazonタイムセールはこちら

【Dragon Touch MAX10 PLUS レビュー】バッテリーが増えて画面が格段に美しくなった1万円台で買えるAndroid10タブレット

こんにちは、毎日タブレットで動画を見たり買い物しているイツキ(@saigalog)です。

スマホとPCのちょうど中間くらいに位置するタブレットですが、一度その便利さを知ると手放せなくなりますよね。

今回レビューする「Dragon Touch MAX10 PLUSドラゴンタッチ マックス10 プラス」は、前モデル「Dragon Touch MAX10」からパワーアップしたAndroidタブレットです。

サイズは10.1インチで解像度は1920 × 1200と大画面。

QLED技術を採用しているので、従来の液晶よりも鮮明に映像を楽しむことができます。

CPUは8コア、メモリは3GB搭載しているのでアプリの動作や切替などもスムーズです。

バッテリー容量は6000mAhと、最新のスマホの倍以上となり長時間の連続使用も問題ありません。

本記事ではそんなリーズナブルでも高性能な「Dragon Touch MAX10 PLUS」について、他モデルとの比較も含めて詳しくレビューしていきます!

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

Dragon Touch MAX10 PLUSの同梱物

Dragon Touch MAX10 PLUS」の外箱は、白基調でシンプルなデザインです。

Dragon Touch MAX10 PLUS 外箱

同梱物として以下のものが入っています。

Dragon Touch MAX10 PLUS 同梱物
Dragon Touch MAX10 PLUSの同梱物
  • タブレット本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • ACアダプター
  • ユーザーマニュアル

充電用のUSB Type-C to Aケーブルの長さは約100 cm

Dragon Touch MAX10 PLUS USBケーブル

ACアダプターはUSB Type-Aに対応しています。

Dragon Touch MAX10 PLUS ACアダプター

ACアダプターには仕様が記載されていました。

Dragon Touch MAX10 PLUS ACアダプター仕様
記載の仕様

POWER ADAPTER

品番:GA-0502000J

入力:100-240V ~ 50/60Hz 0.6A

出力:5V 2000mA

PSEマークも刻印されているので安心して使えますね。

PSEマークとは

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています。

Dragon Touch MAX10 PLUSのスペック

Dragon Touch MAX10 PLUS」はCPU8コア搭載でメモリ3GB、解像度は1920 × 1200の10.1インチAndroidタブレットです。

Dragon Touch MAX10 PLUS

このタブレットは主に5つの特徴があります。

Dragon Touch MAX10 PLUS 特徴
MAX PLUS10の特徴
  • 10.1 2.5D曲面ガラス
  • 1080pフルHD
  • 広色域
  • IPSタッチスクリーン
  • 目の保護

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名Dragon Touch MAX10 PLUS
サイズ167 × 240 × 9
重さ575 g
電池1 リチウムイオン 電池
画面サイズ10.1 インチ
解像度1920 × 1200
CPUブランドOcta-core
CPUタイプ68000
CPU速度1.6 GHz
プロセッサ数8
RAM容量3 GB
メモリタイプDDR3 SDRAM
HDD容量32 GB
ハードディスク種類SSD
HDDインターフェイスUSB 2.0/3.0
グラフィックアクセラレータLCD
通信形式GPS
電源USB Type-C
ハードウェアプラットフォームPC
OSAndroid 10.0
リチウム電池3.7 ワット時
バッテリー容量6000mAh

外観

Dragon Touch MAX10 PLUS」は開封時、画面部分に説明書きがあるフィルムが貼られています。

Dragon Touch MAX10 PLUS 画面
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

当然ですが、剥がしてから使いましょう笑。

手に持つとこんな感じ、基本的に画面側は真っ黒でグレア(光沢)仕様なので反射します。

Dragon Touch MAX10 PLUS グレア

タブレットを横持ちしたときの上部中央にはフロントカメラがあります。

Dragon Touch MAX10 PLUS フロントカメラ

裏面は黒くマットな質感で、中央に「DRAGON TOUCH」のロゴ。

Dragon Touch MAX10 PLUS 背面
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

裏面にもシートが貼ってありますが、キズから保護してくれそうなので私は剥がさず使っています笑。

背面の中央にはバックカメラフラッシュ

Dragon Touch MAX10 PLUS バックカメラ

横持ちしたときの右側面には、左から「リセットボタン」「音量-ボタン」「音量+ボタン」「電源ボタン」「イヤホンジャック」が並びます。

Dragon Touch MAX10 PLUS 各種ボタン
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

特に表記はないですが、数も少ないので直感的にわかると思います。

上側面にはUSB Type-Cポートスロットカバーがあります。

Dragon Touch MAX10 PLUS USB-Cポート

USB Type-Cポートに付属のACアダプターとUSBケーブルを接続すれば、タブレットを充電することができます。

Dragon Touch MAX10 PLUS 充電

また上側面にあるカバーを外してmicroSDカードを入れましょう。

Dragon Touch MAX10 PLUS カバー
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

最大128GBのmicroSDカードで容量を拡張できます。

下部側面にはスピーカーが2箇所あります。

Dragon Touch MAX10 PLUS スピーカー

サイズ・重量

Dragon Touch MAX10 PLUS」のサイズは167 × 240 mmです。

Dragon Touch MAX10 PLUS サイズ

厚さは9 mm

Dragon Touch MAX10 PLUS 厚さ

ベゼル(枠)の幅は13 mm9 mmです。

Dragon Touch MAX10 PLUS ベゼル

スマホ(iPhone 12 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

Dragon Touch MAX10 PLUS スマホと比較

10.1インチは片手で持てるギリギリのサイズです。

Dragon Touch MAX10 PLUS 手で持ったところ

重さは575 gでした。

Dragon Touch MAX10 PLUS 重さ

機能

Dragon Touch MAX10 PLUS」は量子ドットディスプレイを採用し、1920 × 1200の高解像度で鮮やかで大きな10.1インチのAndroidタブレットです。

Dragon Touch MAX10 PLUS 機能

CPUは8コアの「SC9863A(Octa-core CortexTM A55 )1.6GHz」、メモリは3GB搭載しているので素早いアプリの起動、ゲームプレイや動画再生などがスムーズに行えます。

Dragon Touch MAX10 PLUS CPU

QLED(量子ドット)技術を採用しているため、従来よりも鮮明な映像を見ることができます。

Dragon Touch MAX10 PLUS QLED

内蔵ストレージは32GBで、micro SDを使うことでさらに128GBまで拡張できます。

Dragon Touch MAX10 PLUS ストレージ
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

Androidのバージョンは「10.0」です!

GPSセンサーを搭載しているので、「Google Maps」のような地図アプリや「Pokemon GO」のような位置情報が必要なゲームでも遊ぶことができます。

Dragon Touch MAX10 PLUS GPS

フロントカメラの性能は5.0MP、バックカメラの性能は8.0MP

Dragon Touch MAX10 PLUS カメラ

試しにバックカメラで外箱の写真を撮ってみました。

Dragon Touch MAX10 PLUS カメラで撮った写真
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

メモやちょっとした写真を撮るなら必要十分という印象です。

Dragon Touchシリーズとの比較

Dragon Touchシリーズの他のタブレットとも比較してみました。

Dragon Touch MAX10 PLUS 比較
左から「MAX10」「MAX10 PLUS」「NotePad 102」

いずれも10.1インチですが、並べてみると微妙に差があることがわかります。

Dragon Touch MAX10 PLUS 並べてみた
左から「MAX10」「MAX10 PLUS」「NotePad 102」

当ブログでもレビューしている3モデルについて、スペックに差がある部分を表にまとめてみました。

モバイルは左スライドで全表示
MAX10 PLUSMAX10NotePad 102
サイズ167 × 240 × 9 (mm)167 × 241 × 9 (mm)162 × 243 × 8 (mm)
重さ575 g560 g540 g
解像度1920 × 12001920 × 12001280 × 800
Android Ver.10.09.010.1
バッテリー容量6000mAh5000mAh6000mAh
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_egao_icon_new.jpgイツキ

まとめると「NotePad 102」が一番コンパクトで、「MAX10 PLUS」は「MAX10」からAndroidバージョンとバッテリー容量がアップしています!

Dragon Touch MAX10 PLUSのレビューまとめ

本記事では「【Dragon Touch MAX10 PLUS レビュー】バッテリーが増えて画面が格段に美しくなった1万円台で買えるAndroid10タブレット」について書きました。

2万円を切る価格設定なのも嬉しいところ。

大画面で高性能なAndroidタブレットをお探しの方は、ぜひリーズナブルな「Dragon Touch MAX10 PLUS」をチェックしてみてはいかがでしょうか。