MENU

カテゴリーから探す

イツキ

イツキです。最新ガジェットや家電を使って、家族みんなが効率的で快適な暮らしができることを目指しています。

年間150を超える製品を現役のWebエンジニアが1つ1つ丁寧にレビューしています。

モットーは「生活レベルを上げずQOLを上げる」こと。

ご感想やご意見はお気軽にお問い合わせフォームまで。

製品レビューやお仕事のご依頼は製品レビュー依頼専用フォームよりお願い致します。

本日限定!Amazonタイムセール開催中

【CheerTok レビュー】近未来デバイス到来!スマホ&タブレット&PCを遠隔操作できる4-in-1超小型スマートリモコン

こんにちは、毎日いくつものデバイスを使いまくってるイツキ(@saigalog)です。

スマホはもちろん、タブレットやPCなど複数のデバイスを使って生活するのが日常になった昨今。

気にならないようで意外と困るのが、どれも手元にないと操作できないということ。

今回レビューするCheerDotsチアドッツの「CheerTokチアトック」は、各デバイスに無線接続して操作できる4-in-1の超小型スマートリモコンです。

セットアップはカンタン、イヤホンなどと同じようにBluetoothで接続するだけ。

離れた場所でも遠隔でマウスやタッチパッドの操作が可能になります。

また視認性の高いレーザーポインターも搭載しているので、PCのスライドをめくりながらプレゼンテーションする会議などにもうってつけの本製品。

本記事ではそんな便利で近未来を感じさせるガジェット「CheerTok」について詳しくレビューしていきます!

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 超軽量&コンパクトで持ち運びしやすい
  • Bluetoothによる簡単接続&セットアップ
  • 遠隔でマウスやタッチパッド操作ができる
  • 視認性の高いレーザーポインター搭載
  • 拡張性の高いショートカット作成&再生機能
  • 特になし
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2022年7月30日まで)。

お知らせ

※この記事はメーカー様より製品をご提供いただき、作成しております。

CheerTokの同梱物

CheerTok」の外箱は白を基調としたシンプルなデザインです。

CheerTok 外箱

裏面には製品の仕様が記載されています。

CheerTok 外箱裏面

同梱物として以下のものが入っています。

CheerTok 同梱物
CheerTokの同梱物
  • CheerTok本体
  • USB Type-A to Cケーブル
  • ユーザーマニュアル
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

提供いただいたサンプルは英語版ですが、販売される製品はすべて日本語版になりますのでご安心ください。

充電用のUSB Type-A to Cケーブルの長さは約16 cmでした。

CheerTok USBケーブル

CheerTokのスペック

CheerDotsの「CheerTok」はスマホやタブレット、PCなどのデバイスを遠隔操作できる4-in-1超小型スマートリモコンです。

CheerTok

主な特徴は以下の6つ。

CheerTok 特徴
  • ショートカット作成&連続自動再生
  • 超幅広互換性
    対応デバイス豊富
  • レーザーポインター
    プレゼンにも活躍
  • 40g超軽量&持ち運びやすい
  • 20日連続駆動
    長寿命バッテリー
  • 人間工学に基づくユニバーサルデザイン

本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示
製品名CheerTok
本体サイズ76 × 38 × 10 (mm)
重さ35 g
材質アルミニウム合金
フル充電時間1.5時間
バッテリー駆動時間約20日
バッテリー容量200mAh
入力電圧4.2V
遠隔操作範囲10 m
Bluetoothバージョン5.0
互換性Mac(2013以降)
Windows 8/10
iPadOS 13以降
Android 5以上

外観

CheerTok」は、アルミニウム合金を素材とした金属感のあるクールな外観です。

CheerTok 外観

カラーバリエーションは今回レビューしているシャイニングシルバーをあわせて全2色

CheerTok カラーバリエーション
  • シャイニングシルバー
  • スペースグレー

本体上部には色や点滅で状態を示すLEDインジケーターがあります。

中央は指でなぞって接続したデバイスを操作するためのトラックパッドになっています。

CheerTok トラックパッド

本体下部にはメインボタンがあります。

CheerTok メインボタン

上側面にはレーザーポインターがあります。

https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_icon_new.jpgイツキ

メインボタンを長押しすると赤く点灯します。

光量があり、白い壁に当てるとハッキリと見ることができます。

CheerTok レーザーポインター

右側面には左から順にボリューム-ボタンボリューム+ボタンファンクションボタンが並んでいます。

電源ON/OFF
  • 電源ON:LEDインジケーターが青く点滅するまでファンクションボタンを長押し
  • 電源OFF:LEDインジケーターが緑色に点灯、消灯するまでファンクションボタンを長押し
  • クイックシャットダウン:メインボタンとファンクションボタンを同時に押す

下側面には充電用のUSB Type-Cポートがあります。

CheerTok USB Type-Cポート

付属のUSBケーブルを電源に接続して充電します。

CheerTok 充電

背面には特に装飾などなくまっさらです。

CheerTok 背面

360度回転画像

下の360度回転画像は、左右にスワイプ(ドラッグ)することで製品を回転させて見られます。

  

サイズ・重量

CheerTok」のサイズは76 × 38 mmです。

CheerTok サイズ

厚さは10 mm

CheerTok 厚さ

スマホ(iPhone 13 Pro)と比較するとこんな感じのサイズ感。

CheerTok スマホと比較

コンパクト&超軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。

CheerTok コンパクト

重さは35 gでした。

CheerTok 重さ

機能

CheerTok」はCheerDots社が開発する前モデル「CheerPod」に続く第2世代のデバイスです。

CheerTok 機能

エアマウスやタッチパッド、レーザーポインター、ショートカット作成を組み合わせた4-in-1の超小型スマートリモコンです。

CheerTok 4-in-1

MacやWindows、iOSやAndroidといった幅広いOSに対応し、スマホ・タブレット・PC・TVなどのデバイスをこれ1台でコントロールできます。

CheerTok 互換性

やり方はシンプルでカンタン、各デバイスにBluetooth接続するだけ。

シャッターを切るときや、広範囲で動きながら行う動画撮影など無線接続で遠隔から操作できます。

CheerTok 遠隔操作

ショートカットを作成すれば連写やフィルター変更など、ワンクリックでスマートにできます。

CheerTok ショートカット

例えばTikTokで「スクロール+いいね!」といったよくする動作をショートカットに登録すれば、ハンズフリーでほったらかし自動連続再生が実現します。

CheerTok TikTok

PCやタブレットを操作できるので、オンライン会議などのビジネスシーンでも活躍します。

CheerTok オンライン会議

レーザーポインターが搭載されているので、スライドを操作しながらのプレゼンテーションにもうってつけ。

CheerTok プレゼンテーション

リラックスタイムやワークアウト、映画鑑賞などプライベートのあらゆるシーンでも便利に活躍します。

CheerTok プライベート

スマホやPCだけではなく、Bluetooth接続ができればTVなども遠隔操作が可能になります。

CheerTok TV

わずか40 gと超軽量で、ポケットに収まるコンパクトサイズです。

CheerTok 軽量
https://gadgerba.com/wp-content/uploads/2020/06/itsuki_odoroki_icon_new.jpgイツキ

実計測ではさらに軽い35 gという結果でした。

7msの短いレイテンシ(遅延)なので、スムーズな遠隔操作が可能です。

CheerTok 低遅延

1時間のフル充電で20日以上の連続稼働が可能です。

CheerTok バッテリー持ち

各種デバイスで使えるハンドジェスチャーは以下の表にまとまっています。

CheerTok ハンドジェスチャー

CheerPodとの違い

CheerTok」と並ぶ同社のシリーズに「CheerPod」があります。

CheerTok CheerPodとの違い

それぞれを並べてみるとこんな感じです。

CheerPod」は机上マウスとしても使えるのが特徴です。

CheerPod 机上マウス

主に5つの観点で「CheerTok」と「CheerPod」の違いについて説明しています。

  1. 設計の違い
    CheerTokの新たな設計であるメインボタンにより「ホームに戻る」「マルチタスク画面に切り替え」「レーザーポインター」の操作が可能になりました。
  2. モードの違い
    CheerPodは20種類のハンドジェスチャーと2つのモードの切り替えがありますが、CheerTokは2つのモードを1にあわせてハンドジェスチャーを10種類にまとめました。
  3. 機能性の違い
    CheerTokには新たにショートカット作成の機能が追加され、自動で連続再生が可能になりました。
  4. サイズの違い
    CheerTok:76 × 38 × 10 mm
    CheerPod:76 × 36 × 10.8 mm
  5. 利用シーンの違い
    CheerTok:主に小型のタッチパッド&エアマウス
    CheerPod:上に加えて机上マウス&タッチパッド
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2022年7月30日まで)。

CheerTokのレビューまとめ

本記事では「【CheerTok レビュー】近未来デバイス到来!スマホ&タブレット&PCを遠隔操作できる4-in-1超小型スマートリモコン」について書きました。

価格は1万円以下と手頃でお求めやすいのも嬉しい点です。

スマホやタブレット、PCなどのデバイスを遠隔操作できる軽量でコンパクトなガジェットをお探しの方はぜひ「CheerTok」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 超軽量&コンパクトで持ち運びしやすい
  • Bluetoothによる簡単接続&セットアップ
  • 遠隔でマウスやタッチパッド操作ができる
  • 視認性の高いレーザーポインター搭載
  • 拡張性の高いショートカット作成&再生機能
  • 特になし
Makuake

本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます(2022年7月30日まで)。

Instagram
YouTube
Twitter
Feedly
SHARE